AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


木次達代(映美くらら)がDV夫を作らせない方法があった?ドラマ『となりのチカラ 第6話』

f:id:akira2013web:20220122100217p:plain

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/tonarinotikara/

ドラマ『となりのチカラ 第6話』で、木次達代(映美くらら)が苦しんでいましたが、実はDV夫を作らせない方法があったので詳しく紹介します。

ドラマ『となりのチカラ 第6話』のキャスト

となりのチカラは、2022年1月20日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 中越チカラ(演:松本潤)優柔不断で近所づきあいが苦手な人物
  • 中越灯(演:上戸彩)夫の力の優柔不断さにイラつく女性
  • 中越愛理(演:鎌田英怜奈)チカラと灯の長女で、落ち着いた性格
  • 中越高太郎(演:大平洋介)愛理の弟で、明るい性格
  • 木次学(演:小澤征悦)隣の部屋に住むエリート社員
  • 木次達代(演:映美くらら)夫の学のために家事をがんばる主婦
  • 木次好美(演:古川凛)学と達代の娘
  • 道尾頼子(演:松嶋菜々子)隣の部屋に住む女性で占い好き
  • 柏木託也(演:長尾謙杜)中越愛理と仲の良い学生
  • 柏木清江(演:風吹ジュン)柏木託也の祖母

ドラマ『となりのチカラ 第6話』のストーリー

中越チカラは、カフェからマンションを眺めていたら、木次好美が父親から旗を取り上げられた所を目撃してしまいます。

『まさか、また虐待しているんじゃないか?』と心配になってしまい、思わず木次家を訪ねてしまいます。しかし、木次学は虐待していなくて、今度は妻にDVをふるっている可能性が出ていました。

住民たちは、なんとか木次達代や木次好美たちを助けようとしますが、結局は助ける事ができず、中越チカラは頭を悩ませてしまいます。

木次学は仕事中にも関わらず、昼間に帰ってきて、再び家族に暴力を振るおうとしてしまいました。

娘の木次達代は、母を守ろうとして、父親から暴力を振るわれてしまい、木次達代はもう絶望して、ベランダから一緒に娘と一緒に飛び降り自殺しようとしてしまいます。

中越チカラや管理人たちは、急いで駆けつけて、なんとか自殺しないように説得する事に成功しました。

しかし、木次学は全く反省しようとしないので、中越チカラが盾になって、親娘を守ろうおとしたら、木次学から何発も殴られてしまうのです!

このようなクズのDV夫をこらしめる事はできないのでしょうか?

『木次達代(映美くらら)がDV夫を作らせい方法があった』

木次学(演:小澤征悦)は家族に暴力を振るうクズのようなDV夫ですが、このような夫を作らせない方法で、最も有効なのは専業主婦にならない事です。

夫を支えたいとか、外で仕事したくないとか考えていたら、夫から理不尽な事されても、収入がないので我慢するしかないと思いがちです。

そのような事になったら、ますます夫を増長させて、クズのようなDV夫を誕生させてしまうので、最悪の結果を想定して専業主婦になるのは出来れば辞めたほうが良いでしょう(個人の自由なので無理強いはしている訳ではありません)。

参照元https://rikon.vbest.jp/columns/75/

では、専業主婦になった後にDVを振るわれた場合には、どうすれば良いのでしょうか?それは、DVされている証拠を残しておいて、裁判所に訴えて慰謝料をもらった上で離婚もしたほうが良いです。

参照元https://yamaguchi-rikonsoudan.com/isyaryo

DVによって慰謝料を取る場合には、相場として50〜250万円と言われています。そのような金額では少ないと思うかもしれませんが、可能であれば実家に帰る事を想定しておけば、離婚する事に躊躇(ちゅうちょ)しないで済むでしょう。

ドラマ『となりのチカラ 第6話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220122100217p:plain

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/tonarinotikara/

第6話を見ましたが、今年で見てきたドラマの中で、一番胸糞悪い内容でした。あんな夫がのさばるなんて、やっぱり日本は加害者に甘い国だなと痛感させられます。

ラストシーンでは、中越灯まで家を出ていこうとしますが、まぁ近所の事ばかりに首を突っ込む夫にくたびれるのは、分からなくもないですね。次回では、中越家がどうなるのか見守りたいと思います。