AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


ユウカ役の穂志もえかの学生時代の動画を紹介!ドラマ『ラジエーションハウス 第7話』

ドラマ『ラジエーションハウス 第7話』で、ユウカ役として出演していた穂志もえかさんの学生時代の動画を紹介するので、参考にしてみて下さい。

ドラマ『ラジエーションハウス 第7話』のキャスト

ラジエーションハウス  第1シリーズは、フジテレビ系列で、2019年4月8日〜6月17日の間に放送されました。

脚本&原作

登場人物&俳優

  • 五十嵐唯織(演:窪田正孝)好きな人のために放射線技師になった男性
  • 甘春杏(演:本田翼)幼馴染の五十嵐唯織を忘れてしまった女医
  • 広瀬裕乃(演:広瀬アリス)五十嵐唯織と同期の放射線技師
  • 小野寺俊夫(演:遠藤憲一放射線技師長
  • 黒羽たまき(演:山口紗弥加)技師長を何とも思わない部下
  • 軒下五郎(演:浜野謙太)女好きの放射線技師
  • 威能圭(演:丸山智己)口数が少なくて冷静な放射線技師
  • 悠木倫(演:矢野聖人)五十嵐唯織の動向に呆れてしまう放射線技師
  • 辻村駿太郎(演:鈴木伸之)技師を軽んじる医師
  • 鏑木安富(演:浅野和之放射線技師に注文ばかりする診療部長
  • 大森渚(演:和久井映見)甘春総合病院の病院長
  • 菊島亨(演:イッセー尾形)有名な写真家
  • 菊島由美(演:森矢カンナ)菊島亨の娘
  • 蛭田真貴(演:松本若菜)軒下五郎の元クラスメート
  • 蛭田志朗(演:篠原篤)蛭田真貴の夫
  • ユウカ(演:穂志もえか)軒下五郎が出会い系で知り合う女性
  • 救急患者(演:山崎画大)広瀬裕乃が夜勤をしている時に搬入される患者

ドラマ『ラジエーションハウス 第7話』のストーリー

軒下五郎は、元クラスメートの蛭田真貴と再会しますが、学生時代よりも、ずっと可愛くなり、ドキッとします。ところが、柔道部だった蛭田志朗と結婚している事が分かり『なんで、あんな奴なんか』と思ってしまい、イライラしてしまうのです。

蛭田真貴は、胸に悪性のものが見つかり、ガンの可能性があったので、超音波検査を受ける事になりますが、予約が埋まっていて2ヶ月も待たされる事になってしまいます。

蛭田志朗は「軒下くん、こんな事を頼むのはどうかと思うけど、真貴ちゃんを優先してくれないだろうか?」「悪いけど、他の患者も待っているので、そういう事はできないんだ」

困り果てた蛭田志朗は、五十嵐唯織に頼み込む事になり、放射線技師として、超音波検査以外で調べようとします。

広瀬裕乃は、初めて夜勤をする事になりますが、そんな時に外傷の患者が運び込まれてしまい、慌ててしまうのです。その頃、軒下五郎は、医者と偽って、出会い系で知り合ったユウカと食事をする事になりました。

そこに、辻村駿太郎と鉢合わせしますが、ユウカに「軒下五郎先生は、放射線科で働いているんですよ」と医師として紹介してあげます。ところが、広瀬裕乃から電話がかかってきて「軒下さん、外傷の患者が来ちゃったんです」と知らされます。

軒下五郎は、すぐに病院へ向かおうとしますが、辻村駿太郎は「あなた、お酒を……」「大丈夫ですよ」

そこに、軒下五郎のおかわりのワインが届くので、辻村駿太郎は試しに飲んでみたら「軒下先生はずっとこれを?」と聞いてみたら、ユウカは「はい、なんでボトルで飲まないんだろうって」と困惑していました。

辻村駿太郎は「これ、ぶどうジュースだよ?」「……え?」「軒下さん」と頬を緩ませてしまいます。

はたして、軒下五郎は外傷の患者を助ける事ができるのでしょうか?

『ユウカ役の穂志もえかの学生時代の動画』

ユウカ役を演じていた穂志もえかさんが、学生時代に自己紹介している動画があります。

この動画では『自分は、芸能界に片足を入れた状態だけど、他の女優さんは自分の理想を見ているようでした。周りからは、もっとできると言われてしまい、もう辛くて」と素直な気持ちを訴えていました。

もう芸能界を辞めようとしたようですが、それでも踏ん張って、今は多くのドラマで活躍していて、ラジエーションハウス では軒下五郎をメロメロにさせるほどの役を見事に演じていました。

そんな穂志もえかさんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:穂志もえか
  • 星座:おとめ座
  • 出身地:千葉県
  • 生年月日:1995年8月23日

ドラマ『ラジエーションハウス 第7話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220302234343p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/index.html

第7話では、ユウカ役の穂志もえかさんが可愛くて良かったのですが、辻村駿太郎が「軒下さん」というシーンは、なかなか良かったですね。

辻村駿太郎は、技師を見下す医者のように見えて、ただ単に恋敵の五十嵐唯織に対抗心を燃やしているだけで、良い医者なのかもしれません。

この後に、辻村駿太郎は心を入れ替える回がありますが、個人的には、穂志もえかさんの登場シーンをもっと増やして欲しかったです(苦笑)。