AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


バスター・ムーンがジミー・クリスタルの尻尾を踏む?映画『SING/シング: ネクストステージ』

映画『SING/シング: ネクストステージ』では、バスター・ムーンが業界のコワモテで知られるジミー・クリスタルの尻尾を踏んでしまったので詳しく紹介しましょう。

映画『SING/シング: ネクストステージ』のキャスト

アメリカ合衆国のアニメ映画『SING/シング: ネクストステージ』は、2022年3月18日に公開されました。

監督&脚本

  • 監督:ガース・ジェニングス
  • 脚本:ガース・ジェニングス
  • 原作:ガース・ジェニングス

登場人物&声優

  • バスター・ムーン-コアラ(声:内村光良)劇場の支配人
  • ロジータ-豚(声:坂本真綾)自分が主役になると聞いて喜ぶ
  • アッシュ-ヤマアラシ(声:長澤まさみ)気が強いロックシンガー
  • ジョニー-ゴリラ(声:大橋卓弥)父親から少し離れてプロの歌手を目指す
  • ミーナ-像(声:MISIA)美声の持ち主でも、あがり
  • グンター-豚(声:斎藤司ロジータとペアを組む
  • アルフォンゾ-像(声:ジェシー)アイスクリーム屋で働く
  • スーキー・レーン-犬(声:井上麻里奈)タレントスカウトで、素直な性格
  • ヌーシー-オオヤマネコ(声:akane)ジョニーを指導する振付師
  • ダリウス-ヤク(声:木村昴)ミーナの相手役
  • クラウス-テングザル(声:山寺宏一)厳しく指導するダンサー
  • ミス・クローリー-イグアナ(声:田中真弓)高齢な事務員
  • ビッグ・ダディ-ゴリラ(声:三宅健太)ジョニーの父親
  • ナナ・ヌードルマン-ヒツジ(声:大地真央)バスターを厳しく応援
  • リンダ・レ・ボン-ウマ(声:林原めぐみトークショーの司会者
  • クレイ・キャロウェイ-ライオン(声:稲葉浩志)伝説のロックスター
  • ジミー・クリスタル-狼(声:大塚明夫)業界の大物で冷酷な性格
  • ジェリー: スパイク-ネコ(声:山下大輝)ジミーの助手
  • ポーシャ・クリスタル-オオカミ(声:アイナ・ジ・エンド)ジミーの娘

映画『SING/シング: ネクストステージ』のストーリー

バスター・ムーンが、劇場支配人として成功を収めていたら、そこに業界で有名なスカウトがやってきました。

しかし、タレントスカウトのスーキーは、第2部を観ないで帰ろうとするので、バスター・ムーンから「良かったら、2部も見て下さいよぉ」と頼まれてしまいます。

「それは結構よ、あなたの劇場は良い所があるけど、メジャーでは通用しないわよ」と吐き捨てられてて、立ち去っていきました。バスター・ムーンは、しょんぼりとしてしまいますが、仲間たちに励まされて、密かにメジャーの会場に忍び込もうと企みます。

しかし、メジャーの会場で審査をしていたのは、業界でコワモテで知られるジミー・クリスタルであり、参加者たちはロクに歌や芝居も見てもらえず、次々に失格とされてしまいました。

いよいよ、バスター・ムーンたちの番ですが、同じように失格となりますが、仲間たちがクレイ・キャロウェイの話をしだして、ジミー・クリスタルも「俺もクレイ・キャロウェイの歌が大好きなんだ」と前のめりになります。

そこで、バスター・ムーンは「実は、彼とは知り合いなんです」と嘘をついて「それなら、クレイ・キャロウェイを呼ぶ事ができるなら、劇場を貸してやろう」という話になってしまいました。

クレイ・キャロウェイは、伝説のロックスターでしたが、妻に先立たれてからは、しばらく歌うのを辞めていたので、バスター・ムーンからの誘いを断り続けてしまいます。

その間に、ジミー・クリスタルが、嘘をつかれている事を見抜いて「俺の事をバカだと思っているのか?早く呼んでこい、さもなくば……」と睨みつけてしまい、結果次第ではバスター・ムーンの命さえ危うくなってきました。

はたして、バスター・ムーンたちは伝説のロックスターを説得できるのでしょうか?

『バスター・ムーンがジミー・クリスタルの尻尾を踏む?』

バスター・ムーンは、何とかしてメジャーで活躍したくて、ジミー・クリスタルの機嫌を取ろうとして、彼の好きだったロックスターと知り合いと嘘をついてしまいます。

それどころか、ジミー・クリスタルの娘を主役から違う役にしようとしてしまい、娘は父親に「バスター・ムーンにクビにされたぁ」と泣きついてしまったのです。

これは、マスコミにも報道されてしまい、ついにジミー・クリスタルはブチ切れてしまい『お前は俺をコケにしているのか!』とバスター・ムーンを部屋に監禁して、あとで始末しようと企みます。

虎の尾を踏むというコトワザがありますが、バスター・ムーンは完全に、ジミー・クリスタルの尻尾を踏んだと言えますね。

『SING/シング: ネクストステージ』と前作を比較

SING/シング: ネクストステージは、いきなりショーを見せようとするので、少し物語を理解しづらくなっていました。

それに引き換え、前作では、なぜバスター・ムーンたちがショーを見せようとしたのか?その経緯が丁寧に描かれているので、分かりやすいストーリーになっています。

もしも、今作を見るだけでは、分かりづらい場合には、前作も見ておく事をオススメします。

www.akira-movies-drama.com

映画『SING/シング: ネクストステージ』の感想

f:id:akira2013web:20220318172601p:plain

引用:https://sing-movie.jp/

SING/シング: ネクストステージを見た感想について、詳しく解説していきます。

映画『SING/シング: ネクストステージ』のオススメ層

アニメ映画のミュージカルなので、子供たち向けかと思いきや、動物たちが人間以上に努力をして、前向きに生きようとするので、大人たちが見ても感慨深くなる作品です。

しかし、バスター・ムーンは、いくら何でも良い加減すぎる性格ですね(苦笑)。

  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『SING/シング: ネクストステージ』の残念な所

バスター・ムーンが、ジミー・クリスタルの機嫌を取ろうとして、嘘を付いてしまったのは、少し気持ちは分かりますが、その娘を主役から降ろすのは余計な事でしたね。

あれが無ければ、もう少しジミー・クリスタルと上手くやれたようにも思えました。少なくとも、相手に嘘を付いてしまった訳ですから、多少はジミー・クリスタルの顔も立ててやらないとダメでしょう。

そして、前作に比べて、ストーリー性が乏しいのも引っかかる所でした。あまり丁寧に描かれていないので、前作を見ていない人は、あまり感動できないかもしれません(個人差はあります)。

映画『SING/シング: ネクストステージ』の見所

多くの動物たちが、ショーを成功させるという夢に向かって、努力をするシーンは感動的であり、良かったですね。

そして、多くの名曲や音楽が流れるので、ミュージカル映画が好きな方でも、楽しみながら見れる映画と言えるでしょう。全てのキャラクターが、動物なので、本格的なミュージカル映画を見たい方は物足りないかもしれませんが、オススメの映画ですね。

動物たちの中には、穏やかなキャラクターもいれば、ジミー・クリスタルやクレイ・キャロウェイのような迫力のあるキャラクターまでいるので、そのギャップも良かったです。