AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


正義(演:山本耕史)の技はハレンチなだけで役立たず?映画『KAPPEI カッペイ』

映画『KAPPEI カッペイ』では、正義(演:山本耕史)が特別な技を披露しますが、それはハレンチなだけで役立たずなモノだったので、その理由について解説します。

映画『KAPPEI カッペイ』のキャスト

日本のコメディ系のアクション映画『KAPPEI カッペイ』は、2022年3月18日に上映されました。

監督&脚本

  • 監督:平野隆
  • 脚本:徳永友一
  • 原作:若杉公徳

登場人物&俳優

  • 勝平-週末の戦士(演:伊藤英明)山瀬ハルに恋する
  • 山瀬ハル-大学生(演:上白石萌歌)先輩に恋する女性
  • 新井久美子-大学生(演:浅川梨奈)山瀬ハルの女友達
  • 守-週末の戦士(演:大貫勇輔)ダンサーの女性に片思い中
  • 正義-週末の戦士(演:山本耕史)支配からの卒業を目指す
  • 英雄-週末の戦士(演:小澤征悦)青春を取り戻そうとする人物
  • 入間啓太-大学生(演:西畑大吾)チンピラにからまれてしまう男性
  • 師範(演:古田新太)週末の戦士を育ててきた師範
  • 柳田(演:橋本じゅん)勝平たちを恐る警察官
  • テルオ(演:森永悠希)週末の戦士をバカ呼ばわりする警察官
  • 矢木徹(演:倉悠貴)入間啓太の友達だが、口が少し悪い
  • 和也(演:関口メンディー)プロレベルのダンサー
  • 武智(演:鈴木福)正義に従う不良
  • 美麗(演:かなで)和也に恋するダンサー
  • 堀田先輩(演:岡崎体育)山瀬ハルと仲の良い男性
  • しんちゃん(演:大トニー)入間啓太にからむチンピラ
  • リアム(演:アントニー)しんちゃんの仲間

映画『KAPPEI カッペイ』のストーリー

師範は「お前たちは、この島で鍛えてきたが、週末と言われる年は1999年。しかし、今は2022年。今まで粘ってきたが、だからな解散!」と一方的に言い放って、週末の戦士たちは『えぇぇ!』と打ちのめされてしまいます。

勝平は、様変わりな服装で街中を歩いてしまい、周りから「何アレ?超うける」とパシャパシャと写真を取られていました。そんな時に、チンピラたちが入間啓太に「お前がぶつかってきたから、骨折したじゃねぇか!10万円払えよ」

週末の戦士として、これは放っておけないと感じて、獅闘流で相手に凄まじい熱を与えて退散させます。入間啓太は「ありがとうございます」と感謝して、大学の仲間たちを紹介しますが、そこに現れた山瀬ハルの可愛さに一目惚れしてしまうのです!

勝平は『俺は終末に備えなくてはいけない』と思いながら、街を探索していたら、かつての仲間だった守と戦う事になります。

守は「俺はな、ダンサーの美麗の事が好きだったのに、彼女が和也と楽しそうにしているのを見て、辛くなった、それが……片思い!片思い!片思い」と、なぜか片思いを連呼されてしまいました。

『そういうものなのか』と思いながらも、週末の戦士の正義や英雄とも戦っていき、自分たちはどうするべきなのか?それを自問自答してしまいます。

ところが、英雄も山瀬ハルの事が好きで、勝平と一緒に、彼女に同時告白する事になってしまいました。

しかし、英雄は山瀬ハルのために、高級レストランの予約を取り、誕生日プレートを用意したり、特別にダンサーを呼び寄せたりして、彼女を祝福するために万全の準備を整えていました。

外では、勝平がそれを恨めしそうに眺めているしかなかったのですが、山瀬ハルの心を射止めるのは、誰なのでしょうか?

『正義(演:山本耕史)の技はハレンチなだけで役立たず』

f:id:akira2013web:20220319132301p:plain

引用:https://kappei-movie.jp/#cast

正義(演:山本耕史)は、勝平を倒すために「馬跳流ばちょうりゅう!」と叫び、ズボンのお尻の部分が『ビリビリ』と破れて、お尻がモロに出て、馬のように自分のお尻をペシペシと叩きながら、足を高くあげながら行進していきます。

ところが、そんな歩き方で向かっていくので、全く実戦向きではないので、簡単に技をよけられてしまうのです。しかも、避けられた場合には、自分に相当なダメージを受けてしまって、瀕死の状態に陥ってしまいます。

それでも、正義は「まだ半分の尻が残っている!」と諦めずに、まだ叩いていなかった、もう片方のお尻をペシペシと叩きながら、行進していきますが、勝平から「これは実戦向きではない」と言われて、顔を簡単に殴られて、倒れ込んでしまいました。

一体、正義は何がしたかったのだろうか?と映画館で見ていましたが、周りの観客も「クスクス」と笑っている始末でした(苦笑)。

きっと、奥さんの堀北真希さんも同じような思いで、見ていたのかなぁ?と思ってしまうシーンでした。

KAPPEI カッペイ』と他の映画を比較

カッペイは、あまりにもアホらしい感じがするコメディ映画でしたが斉木楠雄のΨ難』も、なかなかアホらしさを感じつつ、思わず笑ってしまう内容です。

斉木楠雄のΨ難では、斉木楠雄(声:山崎賢人)が相手の気持ちを読み取れる能力を持っていました。

そのため、自信過剰の照橋心美(声:橋本環奈)が『私って美少女な訳でしょ、それは自意識過剰じゃなくて、単なる事実。スカウトなんて来られたら面倒くせぇし』という心の声が聞こえてくる訳ですが、表向きは友達に謙遜していました。

その女性のギャップを見事に見られる映画であり、なかなか面白かったのですが、この映画は橋本環奈さんが良い味を出していましたね。

www.akira-movies-drama.com

映画『KAPPEI カッペイ』のまとめ

f:id:akira2013web:20220319135603p:plain

引用:https://kappei-movie.jp/#cast

KAPPEI カッペイを見た感想について、詳しく解説します。

映画『KAPPEI カッペイ』のオススメ層

コメディ漫画を実写かした作品なので、やはりキッズ寄りの映画だと思いますね。大人が見ても、面白く感じられますが、少し作品の上映時間が長く感じてしまう所がありました。

やはり、もう少しシリアスな部分もないと、退屈に感じてしまう所もあるのでしょう。

  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『KAPPEI カッペイ』の残念な所

今まで、カッコいい役をしてきた伊藤英明さんが、アホみたいな役を演じてしまうので、海猿世代の自分にしてみれば「あのカッコいい俳優さんが」と衝撃を受けてしまいました。

面白い部分があるのは良かったんですが、もう少しシリアスにぶつかりあうシーンがあれば良かったですね。少しバランスが悪くて、アホに感じてしまう部分が多いので、そこは好き嫌いが分かれる所かもしれません。

映画『KAPPEI カッペイ』の見所

山本耕史さんと大貫勇輔さんたち、息ピッタリに「イェーイ、勝平!」と言うあたりは『きっと、何回も撮影し直してしたんだろうなぁ』と思ってしまいました(苦笑)。

勝平が、デニムを破って「これで、涙をぬぐいな」と指田ますが、女性たちから「デニムで?……これじゃ全然水分を吸わないよ」と突っ込まれますが『それは、そうだろうなぁ』と思いましたが、映画館で何度も笑いそうになってしまいましたね。

あまりにも、アホらしい映画でしたが、そのアホらしさが面白くて、良かったです。