AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


工藤役の味方良介が神主となり小芝風花を救い出す?ドラマ『DCU 第9話』

ドラマ『DCU 第話 第9話』では、工藤役の味方良介さんは、他のドラマで神主となり小芝風花さんを救い出そうとするので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『DCU 第9話』のキャスト

DCU〜手錠を持ったダイバー〜Deep Crime Unitは、TBSで2022年1月16日から放送開始されました。

監修&プロデューサー

登場人物&役者

  • 新名正義(演:阿部寛)DCU第一部隊の隊長で、周りに気遣いしない
  • 黒江真子(演:市川実日子)新名正義の妻
  • 瀬能陽生(演:横浜流星)新名正義に救助された事がある隊員
  • 成合隆子(演:中村アン)DCUの美しき女性隊員
  • 大友裕也(演:有輝)DCUの男性隊員
  • 森田七雄(演:岡崎体育)DCUの男性隊員
  • 西野斗真(演:高橋光臣)DCUの福隊長
  • 清水健治(演:山崎育三郎)公安の刑事
  • 神田瑠璃(演:趣里)コンピュータの扱いに慣れている隊員
  • 北川皆平(演:高橋颯)神田瑠璃の部下
  • 佐久間雄二(演:佃典彦)警備救難部の部長で、新名正義の理解者
  • 成合(演:吉川晃司)DCUのアジトに乗り込む人物
  • 早川守(演:春風亭昇太)怪しい動きをする次長
  • 楢原(演:福澤朗)成合とつながりを持つ、東都重工の社長
  • 工藤(演:味方良介)

ドラマ『DCU 第9話』のストーリー

DCUのアジトに、数多くの爆弾がしかけられてしまい、新名正義は「絶対に成合の仕業だな」と睨みます。

なんとか、成合を逮捕しようとしますが、なぜか相手にはDCUの行動が読み取られているフシがありました。

近くには、早川守次長がいたので、むやみに新名正義が動けない状況だったので、佐久間雄二と瀬能陽生が成合よりも大事なフロッピーを確保しようとします。しかし、時すでに遅く、成合が先にフロッピーを奪い去っていました。

瀬能陽生たちは、部屋に閉じ込められて、近くには時限爆弾が作動して、絶体絶命のピンチに陥ります。しかし、佐久間雄二が部屋のロックを解除する番号を打って、なんとか脱出できます。

ところが、瀬能陽生が成合と密かに共謀している事が判明しますが、何も証拠がありませんでした。佐久間雄二と成合は、瀬能陽生の父親に罪をなすりつけて、事件をもみ消した事までわかります。

新名正義は、なんとか成合をおびき寄せるために、自分の妻を囮にする事にしました。しかし、成合を確保する事はできずに、八方塞がりになってしまうのです。

重要となるカギを見つけない限りは、事件を解決できないと考えていたら、新名正義は佐久間雄二の髪が濡れている事を思い出して、近くに水がある所を探し始めます。

そうしたら、水をたっぷりと入れてあった所を見つけて、そこに潜っていきますが、佐久間雄二と成合が共謀して、襲いかかってきたのです。はたして、新名正義は、この危機を脱する事ができるのでしょうか?

『工藤役の味方良介が神主となり小芝風花を救い出す』

f:id:akira2013web:20220320232933j:plain

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/08/22/gazo/20200821s00041000459000p.html

神田瑠璃の同期 工藤役を演じていた味方良介さんは、ドラマ『妖怪シェアハウス』で神主となり、目黒澪(演:小芝風花)を救い出そうとします。

実は、目黒澪は不幸続きの女で、妖怪たちにかくまってもらい、シェアハウスで一緒2住む事になりました。

しかし、妖怪たちと一緒に住むうちに、自分もだんだんと妖怪に近づいてくるので、味方良介さんは神主役として、目黒澪が妖怪にならないように救い出す必要が出てきた訳ですね。

妖怪シェアハウスは、続編のドラマや映画などが放送&上映される予定になっているので、恐らく味方良介さんも出演するのではないかと期待されています。

そして、味方良介さんのプロフィールは以下の通りです。

  • 名前:味方良介
  • 趣味:舞台鑑賞
  • 星座:さそり座
  • 血液型:A型
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1992年10月25日

ドラマ『DCU 第9話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220116211023p:plain

引用:https://www.tbs.co.jp/DCU_japan/

ついに、DCUも終わりましたが、最後の最後まで成合の存在が、スッキリとしませんでしたね。

工藤役の味方良介さんが登場しましたが、妖怪シェアハウス以来なので、少し懐かしく感じてしまいました(苦笑)。

www.akira-movies-drama.com

多くの方たちは海猿のようなドラマを期待していたかもしれませんが、やはり、あのドラマを超える作品は、そうそうないでしょう。

第9話では、思わぬ人物が裏切ってしまいますが、それほどの驚きは無かったですね。そして、中村アンさんがあまりにも早く登場してこなくなったのが、少し痛かったかなと思ってしまいました。

中村アンさんがいるといないでは、ドラマ全体に与える影響が違いますから、そこは残念でした。