AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


速川走太(長野蒼大)を苦しめる小児てんかんになる原因!ドラマ『ラジエーションハウス2 第2話』

ドラマ『ラジエーションハウス2 第2話』では、速川走太(長野蒼大)が小児てんかんになり苦しめられますが、その病気になる原因について紹介しましょう。

ドラマ『ラジエーションハウス2 第2話』のキャスト

ラジエーションハウス  第2シリーズは、フジテレビ系列で、2019年4月8日〜6月17日の間に放送されました。

脚本&原作

登場人物&俳優

  • 五十嵐唯織(演:窪田正孝)好きな人のために放射線技師になった男性
  • 甘春杏(演:本田翼)幼馴染の五十嵐唯織を忘れてしまった女医
  • 広瀬裕乃(演:広瀬アリス)五十嵐唯織と同期の放射線技師
  • 小野寺俊夫(演:遠藤憲一放射線技師長
  • 黒羽たまき(演:山口紗弥加)技師長を何とも思わない部下
  • 軒下五郎(演:浜野謙太)女好きの放射線技師
  • 威能圭(演:丸山智己)口数が少なくて冷静な放射線技師
  • 悠木倫(演:矢野聖人)五十嵐唯織を認める放射線技師
  • 田中福男(演:八嶋智人放射線技師としてわきまえようとする人物
  • 辻村駿太郎(演:鈴木伸之)技師に対しての対応を変えた医師
  • 鏑木安富(演:浅野和之放射線技師の再就職をサポートする医師
  • 大森渚(演:和久井映見)甘春総合病院の元院長
  • 灰島将人(演:髙嶋政宏)甘春総合病院の新院長
  • 速川走太(演:長野蒼大)てんかんを持つ少年
  • 速川花恋(演:白鳥玉季)速川走太の妹
  • 叶恵(演:入山法子)走太と花恋の母親
  • 一郎(演:眞島秀和)走太と花恋の父親

ドラマ『ラジエーションハウス2 第2話』のストーリー

甘春杏も、ついに甘春総合病院に戻ってきましたが、デリカシーのない五十嵐唯織をぶん殴ってしまいましたが『なんで、あんな事をしたんだろう』と悔やんでしまいました。

その頃、速川走太が、陸上のスペシャリストの家族に囲まれて、将来はオリンピックに出場する事を目指して走っていましたが、途中で意識を失い倒れてしまったのです!

速川走太は、てんかんを抱えていて、五十嵐唯織は患者の父親に「ぜひ、走太君に手術を受けさせて下さい」と頼み込みますが、その手術をしたら二度と走れなくなる可能性がありました。

一郎は「息子は、今までオリンピックに出るために、文句を言わずに走ってきたんです。走れなくなるぐらいなら、これからは薬を飲ませてやっていきます」と手術を拒絶されてしまいます。

広瀬裕乃は、自分と同じように夢が挫折しそうになった少年の事ばかりが気になって、目の前にいる患者の診察をおろそかにしてしまい、その患者は危うく命を落としかける所でした。

自分は何てバカな事をしたんだと落ち込みますが、そんな時に、五十嵐唯織は「速川走太くんに、違う治療法を示すべきだと思うんです」と主張していました。

他の技師や医師たちは「しかし、少年は12歳。親が反対しているしなぁ」と諦めムードが蔓延していました。

はたして、速川走太の運命はどうなってしまうのでしょうか?

『速川走太(長野蒼大)を苦しめる小児てんかんになる原因』

速川走太(長野蒼大)は12歳という若さでしたが、てんかんになってしまいました。成人てんかんの場合は、交通事故で発症するケースがありますが、小児てんかんになる方も多いのです。

参照元https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1033.html

小児てんかんになる原因は様々なケースがありますが、お母さんのお腹にいる時に何かの原因で脳にダメージを与えて、小児てんかんになる場合が多いと言われています。

生まれつきの脳の奇形や代謝の異常のケースなどもあり、多岐に渡るので、その原因を特定するのは、個人では困難でしょう。

さらに、感染症になるケースや、頭部の怪我などもあるので、小さなお子さんがいる親御さんは、普段から注意していると思いますが、お子さんが頭部にダメージを与えないように細心の注意を払ったほうが良いです。

参照元https://shizuokamind.hosp.go.jp/epilepsy-info/news/n16-1/

感染と言えば、多くの方はコロナウイルス を想像するかもしれませんが、今の所、てんかんの方がコロナウイルス に発症しやすいという情報は届いていないようです。しかし、それは今までという事なので、決して油断しないほうが良いでしょう。

ドラマ『ラジエーションハウス2 第2話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220322205125p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/index.html

第2話では、親が子供の将来の責任を負っているので、親を説得できなければ、医者は子供に他の治療法を提示できなくて、医療の難しさを痛感させられる内容でした。

てんかんというのは、名前は聞いた事があったのですが、調べてみたら、脳の電気信号を送る事が難しくなる病気のようですね。

子供を心配するのは良い事だと思いますが、医者の事を信頼して、しっかりと子供にも様々な治療法を伝える事も重要な時があるかもしれません。