AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


キャムは実は薄情な急救命士?映画『アンビュランス』

映画『アンビュランス』では、キャムが急救命士として、犯人に捕まりながらも、負傷した警官を治療しようとしますが、薄情な所があるので詳しく紹介します。

映画『アンビュランス』のキャスト

アメリカ合衆国のアクション映画『アンビュランス』は、日本では2022年3月25日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

映画『アンビュランス』のストーリー

ウィリアムは、妻の病気を治したいと思い、電話をかけて「自分は軍人として国のために尽くしたんだ、なんとか妻を救って欲しい」とお願いをしますが、受付の女性から素っ気ない態度を取られてしまい、絶望にうちひしがれてしまいます。

そこで、兄貴分のダニーからお金を借りようとしたら「実は、今な。大きな仕事をしようとしていて、銀行から3200万ドルを強奪しようとしているんだ。それに力を貸してくれたら、お前の問題も解決する」とそそのかされてしまうのです。

『そんな事はできない』と苦悩しますが、もう重病の妻を助けるには、これしかないと思って、銀行強盗しようとしたら、銀行の受付嬢をナンパしにやってきた警察に、強盗と見破られて銃撃戦に及んでしまいます。

警察はダニーを射殺しようとするので、ウィリアムは思わずピストルで警官を撃ってしまいました。

『これはマズイ』と思いますが、外では多くのパトカーが詰め掛けていて、近くまで来ていた救急車を強奪して、旧救命士のキャムに警官を治療するように迫って、逃走していきます。

しかし、警察やFBIは諦めず、多くのパトカーやヘリを総動員して、空前絶後のカーチェイスに発展していきました。ダニーは『このままでは捕まるな』と思い、知人のマフィアに「金を半分やるから、助けて欲しい」と頼み込みました。

ダニーは警察をまいて、マフィアと合流して、自分たちが運転していた救急車をペンキで塗って、白の救急車3台がオトリとなり、各方面に逃走していきます。

警察のボスは「しまった!軍のやり方だな」と舌打ちしたくなるほど、悔しがりますが、はたしてウィリアムたちは逃げ切る事ができるのでしょうか?

『キャムは実は薄情な急救命士』

キャムは、犯人に救急車内で監禁されながらも、負傷した警官を治療しようとするので、急救命士の鏡のようでした。

しかし、途中で負傷した警官をおきざりにして、ダニーたちに消化器を噴射して、自分だけ逃げようとするシーンがあったのです。『えぇ?あれだけ警官を心配していたのに、自分だけ逃げるの』とビックリとさせられましたね。

ダニーは、キャムや警官の命を軽く見ている所があり、ずっとウィリアムに説得されて守られてきました。ところが、キャムは間違えて、ピストルでウィリアムを撃ってしまいます。

その場にいなかったダニーが「誰が撃ったんだ?」と聞かれても「分からない」とすっとぼけてしまい『少し白状な感じがするなぁ』と思ってしまいました。

まぁ、誰もが同じ状況になったら、そういう事をするかもしれませんね。

『アンビュランス』と他の映画を比較

アンビュランスは、長くカーチェイスをする事になりますが、やはりカーチェイスの映画で外せないもので『アオラレ』をオススメしたいですね。

アオラレは、ある主婦 レイチェル・フリン(演:カレン・ピストリアス)がイライラして、前の車にパッシングした上に、運転手のトム・クーパー(演:ラッセル・クロウ)に中指を突き立ててしまいました。

トムは、これにブチ切れてしまい、しつこくレイチェルを追いかけていき、命がけのカーチェイスを行う事になります。この映画を見ていたら、車の運転中にイライラしないほうが良いと、見に染みて分かるでしょう。

www.akira-movies-drama.com

映画『アンビュランス』のまとめ

f:id:akira2013web:20220325224858j:plain

引用:https://eiga.com/movie/96624/gallery/6/

アンビュランスを見た感想について、詳しく解説します。

映画『アンビュランス』のオススメ層

ただの銀行強盗の映画のように見えて、ウィリアムが妻を思う家族愛や、ダニーの弟に対する兄弟愛などもあふれていて、ぜひとも家族で一緒に見て欲しい映画ですね。

残念な事に、家族愛や兄弟愛が犯罪のほうに力がそそがれる事になり、破滅していくので、やはりお金の魔力は恐ろしいなとも思うアクション映画でした。

  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『アンビュランス』の残念な所

激しいカーチェイスが行われるので、迫力はありましたが、あまりにも似たようなシーンが長く続いてしまうので、途中で飽きてしまいますね。

あれなら、もう少し時間を短くしたり、違ったシーンを多くしたりするなどの工夫をして欲しかったです。

映画『アンビュランス』の見所

カーチェイスだけの映画なら多くありますが、負傷した警官を治療しながら逃走していくのは、すごい映画だなと思ってしまいました。

警察やFBIが手こずっていたのは、この警官を人質にされたのが大きい訳ですが、美しいエイザ・ゴンザレスさんが、白状になったり優しくなったりするなど、様々な表情を見られて良かったです。