AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


ルーナがドビーにかけた言葉を聞いたら泣けてくる?映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』では、ルーナがドビーに優しい言葉をかけるシーンがあって、かなり泣けてくるので詳しく紹介しましょう。

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』のキャスト

アメリカ合衆国・イギリスの合作による映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』は、年に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』のストーリー

ハリー・ポッターたちは、仲間たちと一緒に分霊箱を破壊して、ヴォルデモートを倒そうとしますが、次々に仲間達は傷ついていき、前途多難でした。

それでも、1つの分霊箱を破壊して、アンブリッジが持っていた大事な物を奪って、ハリー・ロン・ハーマイオニーたちは旅を続けていきます。

しかし、ロンは大きく負傷してから、だんだんとイラつくようになり、ハリーに当たり散らしてしまって、大喧嘩をしてしまうのです。ハーマイオニーが仲裁しようとしますが、ロンはハリーたちと別れてしまい、立ち去っていきました。

ハーマイオニーは嘆き悲しみますが、ハリーは『もしかしたら、分霊箱は自分の両親が亡くなった所にあるのではないか?』と考えて、ハーマイオニーと一緒に両親の墓まで行く事になりました。

ハリーは、夜中に不思議な鹿を見て『なんだろう?』と思い、ある池までたどり着いたので、寒い冬の季節にも関わらず、池に飛び込んで調べる事にしました。

そこへロンがやってきて「君、気は確かか?」と心配しますが、ハリーは「その劔で分霊箱を壊すんだ」と言いますが「そんなの、ボクに出来る訳がない」と怖気付いてしまいます。

「君ならできる!」と励まされて、なんとかロンは分霊箱を破壊する事ができました。ハリーは、ハーマイオニーの所へ戻り、ロンが戻ってきた事を教えて、ロンが「やあ」と挨拶すると「何がやあよ!何日も戻ってこなかったクセに」

『ルーナ・ラブグッドがドビーにかけてあげた言葉』

ドビーは、絶体絶命の危機に陥ってしまったハリーたちを助けるために、重症を負ってしまいました。ハリーの腕の中で、ドビーは「私は幸せです、友達に囲まれて」と言い残して生き絶えてしまいました。

ハリーは、涙を流して「ドビー、ドビー」と言い続けますが、ルーナが「目を閉じてあげましょう?……ほら、眠っているみたい」と優しい言葉をかけてあげました。

それは、ハリーに語りかけた言葉ですが、自分たちを命がけで守ってくれたドビーに語りかけるような優しい言葉であり、見ているだけで、泣けてしまう名場面です。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』と他の映画を比較

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1では、ハリーが大事な仲間のロンと喧嘩別れしてしまいますが、映画『亜人』でも、同じ亜人同士が激しく戦いあいます。

亜人とは、不死身の体を持つ者であり、日本政府が不法にも人体実験を繰り返していた被験者でしたが、亜人の佐藤(演:綾野剛)たちは日本政府に復讐しようと反旗をひるがえしたのです。

永井圭(演:佐藤健)は実験中に助けられますが、佐藤たちがあまりにも簡単に人を殺害していくので、ついていけず実験をしていた人間を助けようとします。

不死身な者同士が戦いあうのは、壮絶な者であり、アクション映画が好きな方には、オススメの作品ですね。

www.akira-movies-drama.com

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』を無料で見る事ができるので、ドビーが生き絶えてしまう名画面を見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

下の広告をクリック(タップ)したら、U-NEXTに入会できるページにアクセスできます。↓↓↓↓

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』のまとめ

f:id:akira2013web:20220326161432j:plain

引用:https://www.amazon.co.jp/

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1を見た感想について、詳しく解説します。

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』のオススメ層

ドラコ・マルフォイは父に従って、悪の帝王側につきますが、ヴォルデモートの行動に怯えてしまい、苦悩していました。これは、ダンブルドアが命を落としてしまったのは、自分のせいだと思っていたのも大きかったのでしょう。

そういった事を考えたら、なんでも親の言う事を聞きがちで、なかなか親離れできない方に見て欲しい映画ですね。

  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』の残念な所

ロンは、今までハーマイオニーやハリーとよく喧嘩していたので、今作を見ても「ロンって相変わらずだなぁ』と思ってしまう内容でした。

しかし、喧嘩別れまでしたのは、初めての事なので、貴重なシーンです。ラストシーンでは、ドビーが助けに来てくれましたが、重症を負ってしまったのは残念でしたね。

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』の見所

ドビーは、見た目は少し容姿が変わっていますが、ハリーに抱かれながら死のうとする時に「何て美しい場所なのでしょう。友達に囲まれて、ドビーは幸せです、ハリーポッター」と言うシーンは、なかなか泣けてしまうシーンでした。

ドラコ・マルフォイは、ハリーに杖を奪われてしまいますが、あまりにも呆気なく奪われてしまうので、恐らく悪の帝王についてしまった事を後悔していたので、力が入らなかったのでしょう。