AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


小日向役の藤本隆宏がミュージカルに挑戦?ドラマ『となりのチカラ 第9話』

f:id:akira2013web:20220122100217p:plain

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/tonarinotikara/

ドラマ『となりのチカラ 第9話』で、小日向役として出演していた藤本隆宏さんがミュージカルに挑戦しているという噂があるので、それが本当か紹介します。

ドラマ『となりのチカラ』のキャスト

となりのチカラは、2022年1月20日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 中越チカラ(演:松本潤)優柔不断で近所づきあいが苦手な人物
  • 中越灯(演:上戸彩)夫の力の優柔不断さにイラつく女性
  • 中越愛理(演:鎌田英怜奈)チカラと灯の長女で、落ち着いた性格
  • 中越高太郎(演:大平洋介)愛理の弟で、明るい性格
  • 木次学(演:小澤征悦)隣の部屋に住むエリート社員
  • 木次達代(演:映美くらら)夫の学のために家事をがんばる主婦
  • 木次好美(演:古川凛)学と達代の娘
  • 道尾頼子(演:松嶋菜々子)隣の部屋に住む女性で占い好き
  • 柏木託也(演:長尾謙杜)中越愛理と仲の良い学生
  • 柏木清江(演:風吹ジュン)柏木託也の祖母
  • 小日向(演:藤本隆宏)住民から嫌われるトラブルメーカー
  • マリア(演:たソニンベトナムに帰ろうとする女性
  • 上条知樹(演:清水尋也)マリアに恋する青年

ドラマ『となりのチカラ 第9話』のストーリー

中越チカラたち住民は「なんで、火事が起きたんですか?」と管理人に聞いてみたら「それが、あの人(小日向)が自ら、火を付けたみたいなんですよ」

道尾頼子は「あなた、管理人なんだから、さっさと追い出してよ」と迫りますが「私には、そんな権限がないので、まずは管理会社と話をしてみます」

あまりにも頼りない発言に、道尾頼子は、ますます小日向を追い出そうと躍起になってしまうのです。

翌日、中越高太郎が小日向に話しかけてみたら「失せろ、ぶっ殺すぞ!」と怒鳴られてしまうので、中越チカラは『そこまで言わなくても』と思っていたら「何か文句があるのか?」と言われてしまう始末でした。

住民たちは「今度こそ、あの人を追い出しましょう」といきまきますが、中越チカラは『あの人をどこかで見た事がある』と思って、勇気を持って小日向の部屋を訪れて、ある手紙をドアの郵便口から入れてあげます。

そうしたら、ドアが開いて、小日向に招かれて「大事な妻が亡くなってから、自暴自棄になってしまった」と打ち明けられたのです。中越チカラは、住民たちに、その事情を説明してあげて、多くの人たちが小日向を許してあげる事にしました。

これで、一件落着かと思いましたが、マリアが「在留ビザも切れそうになるので、もうベトナムに帰ろうと思います」と言いだしてしまいます。上条知樹は、マリアに恋していたので、その想いを打ちあけようとしますが、どうなってしまうのでしょうか?

『小日向役の藤本隆宏がミュージカルに挑戦』

小日向役として出演していた藤本隆宏さんは、俳優だけではなく、ミュージカルにも挑戦しています。

その高らかな声は、多くのファンを魅了しているので、ドラマでしか知らない方は意外に思うかもしれません。

実は、競泳選手としてオーストラリに水泳留学をした時に、ミュージカル『レ・ミゼラブル』を初めて見た時に、おおいに感動して、舞台俳優を目指すようになりました。

参照元https://www.astage-ent.com/stage-musical/annie2017-3.html

ミュージカル俳優に憧れてからは、4年間もボイストレーニングに励んで、今の声量は過去の努力のたまものと言えます。

自分が、藤本隆宏さんを初めて知ったのは、大河ドラマ真田丸』でしたが、意外な過去が分かり、人には色々とあるものなんだなぁと考えさせられました。

そんな藤本隆宏さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:藤本隆宏
  • 趣味:史跡めぐり・NBA観戦
  • 星座:かに座
  • 血液型:A型
  • 出身地:福岡県
  • 生年月日:1970年7月21日

ドラマ『となりのチカラ 第9話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220122100217p:plain

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/tonarinotikara/

第9話で、ついに『となりのチカラ』が終わりましたが、新たに小日向(演:藤本隆宏)が登場してくるので『誰?この人』と思ってしまいました(苦笑)。

そんなハプニングもありましたが、今まで無表情だったと思われていた上条知樹が、マリアに懸命になってプロポーズする所は良かったですね。

マリアには幸せになって欲しいと思っていたので、最後の最後でひと安心しました。