大江広元(演:栗原英雄)が気になった事を考察!大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第12話』

f:id:akira2013web:20220115131322p:plain

引用:https://www.amazon.co.jp

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第12話』で、大江広元(演:栗原英雄)が気になった事があったので、詳しく紹介しましょう。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第12話』のキャスト

鎌倉殿の13人の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

北条家

源氏

その他

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第12話』のストーリー

源頼朝の異母弟 阿野全成と、北条義時の妹 実衣が夫婦(めおと)になる事が決まり、ますます源氏と北条家の絆が強く結ばれる事になりました。

源頼朝は「いつから、そのような関係になっておった?」と上機嫌になり、阿野全成は「生まれる前から惹かれておりました」と答えて、実衣は「このように分からない事を言う所が良いのです」

鎌倉には、新たに大江広元が側近として仕える事になりますが、上総広常や源義経たちが、少しふてぶてしい態度を取ってしまい、大江広元はそんな二人に目を光らせてしまいます。

北条政子は、ついに源頼朝との間に男子をもうけました。この赤子こそ、2代将軍頼家であり、源頼朝は「政子、ようやった」と手放しで喜びます。

その一方で、源頼朝は、愛妾の亀に館を与えていたので、北条義時は「まさか館まで与えられていたとは」と驚いてしまうのです。

北条一族は、懸命に亀の存在を隠そうとしていましたが、ついに北条政子の耳に届いてしまい「許せない」と怒りに震えてしまいます。

りくは、兄の牧宗親に「亀の屋敷をちょっとだけ壊してやって下さい」と頼み込み、不穏な動きが出始めていました。北条義時は『これはマズイ』と思って、源義経に警護をしてもらう事になります。

しかし、源義経は大の北条政子びいきだったので、守っている館が北条政子を苦しめる亀の館と知って、牧宗親が止めるのも聞かず、館を徹底的に破壊し尽くしてしまうのです。

源頼朝は焼け落ちた亀の館を見て「ここまで、するかぁ」と呆然と立ち尽くしますが、弟の義経に謹慎を言い渡して、牧宗親の髻(もとどり)を切ってしまうのです!

大江広元(演:栗原英雄)が気になった事』

大江広元(演:栗原英雄)が、源頼朝に「ご安心を、鎌倉は安泰でございます。ただ気になった事が」と言った所で、第12話は終わってしまいました。

そこで、大江広元が何を言おうとしたのかと言えば、やはり源義経の素行の悪さではないでしょうか?恐らく、源義経が反旗をひるがえさないように、今後は梶原景時源義経の監視役に勧めるのかもしれません。

『鎌倉殿の13人』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、無料で1200ポイント(1200円分)を貰えて、このポイントを使えば、実質0円で『鎌倉殿の13人 第1〜8話』を31日間は無料で見られます。

ただし、本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第12話』の見所とまとめ

ついに、亀の前事件が起きてしまいますが、北条政子が日本三代悪女の一人に数えられる決定的な出来事と言えますね(あとの二人は日野富子淀君)。

大江広元(演:栗原英雄)の迫力は、なかなかのものであり大きな見所でしたが、源頼朝がいかに御家人たちをもとめるために苦労していたか分かる内容でした。

だからこそ、御家人を束ねる事に支障をきたした源義経に厳しく接していく事になるのでしょう。

源頼朝が、牧宗親に「お前のせいで、可愛い弟を罰する事(謹慎)になってしまった。なぜ火を付けるのを止めなかった」と責めたら「ワシのせいやない」「いいや、お前が悪い、断じて許さん。梶原景時、この者の髻を切れ!」

このシーンはあまりにも迫力があって、なかなか良かったですね。大泉洋さんが源頼朝を演じると聞いた時はどうかなぁと思っていましたが、なかなかのハマリ役ですね。