AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


池田しずく役の伊藤歩と成宮寛貴の意外な関係!ドラマ『ラジエーションハウス2 第10話』

ドラマ『ラジエーションハウス2 第10話』で、池田しずく役として出演していた伊藤歩さんと、成宮寛貴さんの意外な関係について詳しく紹介します。

ドラマ『ラジエーションハウス2 第10話』のキャスト

ラジエーションハウス  第2シリーズは、フジテレビ系列で、2019年4月8日〜6月17日の間に放送されました。

脚本&原作

登場人物&俳優

  • 五十嵐唯織(演:窪田正孝)好きな人のために放射線技師になった男性
  • 甘春杏(演:本田翼)幼馴染の五十嵐唯織を忘れてしまった女医
  • 広瀬裕乃(演:広瀬アリス)五十嵐唯織と同期の放射線技師
  • 小野寺俊夫(演:遠藤憲一放射線技師長
  • 黒羽たまき(演:山口紗弥加)技師長を何とも思わない部下
  • 軒下五郎(演:浜野謙太)女好きの放射線技師
  • 威能圭(演:丸山智己)口数が少なくて冷静な放射線技師
  • 悠木倫(演:矢野聖人)五十嵐唯織を認める放射線技師
  • 田中福男(演:八嶋智人放射線技師としてわきまえようとする人物
  • 辻村駿太郎(演:鈴木伸之)技師に対しての対応を変えた医師
  • 鏑木安富(演:浅野和之放射線技師の再就職をサポートする医師
  • 大森渚(演:和久井映見)甘春総合病院の元院長
  • 灰島将人(演:髙嶋政宏)甘春総合病院の新院長
  • 郷田一平(演:工藤阿須加)甘春杏と五十嵐唯織の幼馴染
  • 池田しずく(演:伊藤歩)503号室の入院患者
  • 池田大地(演:森田甘路)池田しずくの夫
  • 都丸尚人(演:浜田学)小児心臓外科医
  • 鳥飼医師(演:須田邦裕産婦人科

ドラマ『ラジエーションハウス2 第10話』のストーリー

大森渚は、放射線技師たちに「池田しずくさんの胎児を救うために、心臓カテーテルの手術をしたいんです」と打ち明けますが、そこに灰島将人新院長が現れて「当院で、前例の手術を認める訳にはいきません」と大森渚を担当医師から外してしまいます。

大森渚は、数年前にも池田しずくさんの胎児を救えなくて、無念の思いを抱いた事がありました。そこで、渡米までして、心臓カテーテルの勉強をしてきて、今度こそ池田しずくの胎児を救おうとしていました。

しかし、胎児の心臓はかなり小さいのに、そこに心臓カテーテルを通すのは、かなり無理があります。灰島将人は「当院の方針は、成功率の高い手術をする事です」と、赤ちゃんに手術するように命じてしまいます。

五十嵐唯織は「エコーで心臓を撮りながら、カテーテルを行えば、成功率は高くなります」と力説しますが、灰島将人から「そんなの認められる訳がないだろう」

灰島将人は「当院の方針には従ってもらいます、ねぇ鏑木副院長」と迫り、鏑木安富は小さな命の赤ちゃんを寂しそうに見つめてしまいます。

鏑木安富は「分かりました、灰島院長」と答えてしまい、大森渚や甘春杏たちは顔をうつむいてしまいました。ところが、鏑木安富は「赤ちゃんには、心臓カテーテル治療を行っていただきます」

灰島将人は「あなたまで何を言っているのか?病院の方針に逆らうつもりなのか!」「いえ従っています。エコーを併用すれば、精度もスピードも格段に上がります。成功率が高い手術を行うのが当院の方針のハズです」

「それに、正しい診断を下して、治療方針を導くのが、放射線科の私の仕事です」と言い切ってしまいました。はたして、心臓カテーテルは上手くいくのでしょうか?

『池田しずく役の伊藤歩成宮寛貴の意外な関係』

池田しずく役の伊藤歩さんは、元俳優の成宮寛貴さんとツーショットで写真撮影するほど仲の良い二人です。

二人とも交際している訳ではありませんが、以前は共に俳優として頑張っていたので、俳優を辞めてしまった成宮寛貴と交友関係が続いていたのでしょう。

参照元https://hochi.news/articles/20211020-OHT1T51112.html?page=1

成宮寛貴さんは、伊藤歩さんの他にも、色々な人と写真撮影しているので、伊藤歩さんの男性ファンはひと安心といった所でしょう。

そんな伊藤歩さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:伊藤歩
  • 星座:おひつじ座
  • 血液型:A型
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1980年4月14日

ドラマ『ラジエーションハウス2 第10話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220322205125p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/index.html

第10話で、ようやく池田しずくと前院長との関係が分かりましたが、すっかりと鏑木安富が良いキャラクターになってしまいましたね(苦笑)。

まぁ、嫌われ役は現在の灰島将人院長だけで良いのかもしれません。ラストシーンでは、甘春杏が五十嵐唯織を思い出しそうになるので、どうなるのか?気になってしまう所です。