密の少女時代を演じた子役の長谷川晏について紹介!ドラマ『復讐の未亡人 episode5』

ドラマ『復讐の未亡人 episode5』で、密の少女時代を演じた子役の長谷川晏さんについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

ドラマ『復讐の未亡人 episode5』のキャスト

復讐の未亡人は、動画配信『Paravi』で先行配信されていて、テレビ東京では2022年7月から放送予定です。

監督&脚本

  • 監督:井樫彩&水田成英&長尾楽
  • 脚本:的場友見&阿久津朋子

登場人物&俳優

  • 鈴木美月-密(演:松本若菜)優秀な女性プログラマーだが、夫の復讐を画策
  • 鈴木美月-少女時代(演:長谷川晏)母親に利用される少女
  • 鈴木優吾(演:平岡祐太)密の夫
  • 鈴木陽史(演:淵上泰史)鈴木優吾の弟
  • 佐伯麻穂(演:足立梨花)社長秘書で、密に圧力を加える女性
  • 斎藤真言(演:桐山漣)ブラックな職場に疑問を抱く男性社員
  • 古武一也(演:森永悠希)オンラインゲームが好きな人物
  • 板橋ともみ(演:小西桜子)若手社員だが、怠け癖のある社員
  • 橋本雅也(演:松尾諭パワハラ気質のある課長
  • 若月勇(演:前川泰之)元スポーツ選手の社長
  • 凛(演:浅田芭路)復讐を狙う少女

ドラマ『復讐の未亡人 episode5』のストーリー

鈴木美月(密)は、少女だった時に、母親から「良い?これから、あなたのパパになる人と会うから、笑顔でいるのよ、もし相手が怒ったら、美月のせいだからね」と責任を押し付けられていました。

婚活する時には、母親の言いつけを守って、相手の男性は美月の可愛さに見とれて、母親の婚活のための道具として利用されてしまうのです。

その甲斐もあって、母親は結婚できますが、父親は美月に肉体関係を迫ろうとしてしまいます。母親にその事がバレてしまい、自分の夫を奪う憎い娘と思われて、首を絞められて、地獄の日々が続いていました。

従兄弟の鈴木陽史は、美月の腕にアザがある事を見抜いて虐待されていると思って、理科室から劇薬を盗み出して「これが、お前を守ってくれる」と渡してしまいます。

また夜になり、義父が体を求めてきたので、突き飛ばしたら義父は頭を打ち、死んでしまいました。そこに鈴木陽史がやってきますが、母親が現れて「あ〜ぁ」とバレてしまいました。

しかし、美月は「お母さん、バイバイ」と劇薬を母親の顔にかけてしまい「ギャアアア」と悲鳴をあげている間に、家に放たれた火によって悪魔のような両親から解放されました。

密は、そんな過去を振り返り「いつも陽ちゃんが、私を守ってくれた」と感謝します。

そして、会社へ出勤して、密は斎藤真言に「どうして鈴木優吾さんは自殺したんですか?」と聞いてみら「自殺じゃありません。僕が殺しました」と衝撃的な言葉をかけられてしまうのです!

『密の少女時代を演じた子役の長谷川晏について紹介』

密の少女時代を演じた子役の長谷川晏さんは『復讐の未亡人』だけではなく『逃亡医F』にも出演しています。

ホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属していて、このアカデミーは芸能事務所『ホリプロ』が開設した女優さんを育てる養成所です。

日本の芸能界で、絶大な影響力を誇るホリプロが展開している養成所なので、今後も長谷川晏さんが活躍していく可能性は極めて高いでしょう。

ドラマ『復讐の未亡人 episode5』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220408045440p:plain

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/fukusyunomiboujin/

凛という少女も可哀想でしたが、密の少女時代(演:長谷川晏)もなかなかシンドイ毎日だったようで、見ているほうもしんどくなりますね。

www.akira-movies-drama.com

それでも、凛は施設に入る事になるので、多少報われる展開でした。斎藤真言が「僕が殺したんです」と発言しましたが、これは自分で救えなかったという意味なのでしょう(多分)。