AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


峰岸雪が田中麻理鈴を認めたキッカケを紹介!ドラマ『悪女 第1話』

ドラマ『悪女 第1話』では、峰岸雪が少しウザい感じの田中麻理鈴を認めるキッッカケがあったので詳しく解説しましょう。

ドラマ『悪女 第1話』を無料で見る方法

動画配信『Hulu』に初めて入会した場合には、ビジネスドラマ『悪女』シリーズの第1〜話を見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年月4時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。
14日間を過ぎたら、月額1,026円(税込価格)かかるので、14日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

ドラマ『悪女 第1話』のキャスト

悪女は、日本テレビ系で2022年4月13日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物

  • 田中麻理鈴(演:今田美桜)株式会社オウミでやる気だけがあるドジな社員
  • 峰岸雪(演:江口のりこ)田中麻理鈴に仕事を教える先輩社員
  • 大井美加(演:志田未来)少し引っ込み思案だった営業社員
  • 小野忠(演:鈴木伸之)峰岸雪に敬意を表すエリート社員
  • 山瀬修(演:高橋文哉)オウミに詳しい清掃社員
  • T・O(演:向井理)田中麻理鈴に好意を抱かれている男性
  • 夏目聡子(演:石田ひかり)人事部の課長
  • 森岡巧(演:和田雅成)人事部で小野忠と親しい同期
  • 白田哲士(演:荒牧慶彦)営業で、小野忠と同期
  • 三瓶花子(演:渡辺江里子)カスタマーセンター部の社員
  • 梨田友子(演:石橋静河マーケティング部の社員
  • 川端光(演:近藤春菜)エンジニア部の社員
  • 竹内(演:佐戸井けん太)備品管理課の課長
  • 徳田社長(演:平泉成)取引先の社長

ドラマ『悪女 第1話』のストーリー

田中麻理鈴は、株式会社オウミに入社して、やる気マンマンでしたが、多くの女性社員たちは『一生懸命になって働くなんてカッコ悪い』と思っていました。

社長が長い話をしている最中に、田中麻理鈴は思わず寝ぼけて、大きな声を出してしまい、エリート社員の小野忠は「男女を平等に雇用する事になって、あんなバカ女が」と吐き捨ててしまいます。

田中麻理鈴は、配属先が『総務部・備品管理部』でした。ワクワクしながら、職場へ行くと、そこは狭くて薄暗い所だったのです。

先輩社員の峰岸雪から「何もしなくて良い。あなたは死んだも同然。ここはクビを切られるに切られない社員が行く、オウミの姥捨山のような所」と厳しい事を言われても、田中麻理鈴は全く気にしませんでした。

一刻も早く、仕事を覚えたくて、峰岸雪につきまとってしまい、備品を運ぶ事になります。

企画開発部に入ろうとしたら、小野忠が「あっ、バカ女」とつぶやき「何か言いました?」「いや、コピー機の部品交換しといて、ついでにシュレッダーのゴミ捨てといて」

しかし、シュレッダーのゴミを落としてしまい「仕事増やすなよ」と注意される始末でした。

田中麻理鈴は、営業課の大井美加と知り合って、一緒にお酒を飲む仲にまでなりますが、大井美加は大事な企画がダメになったので諦めてしまいます。

そんな態度に納得ができない田中麻理鈴は、しつこく「社長に聞く事はできないんでしょうか?」とくいさがってしまうので、思わず「そんな事やったことないから、できない」と水をぶっかけられてしまうのです!

『峰岸雪が田中麻理鈴を認めたキッカケ』

田中麻理鈴は、しつこく峰岸雪に仕事を教えてくれるようにせがんでいたので『仕方ないわね』という感じで、少しずつ仕事を教えてもらっていました。

峰岸雪は、最初はうるさいけど、少し変わった新人という感じで田中麻理鈴を見ていましたが、そんな新人を認めるキッカケは水をぶっかけられたシーンでしょう。

大井美加は、引っ込み思案の営業社員で、あまり率先的に意見を言えるタイプではありませんでした。そんな社員をぶちぎれさせて、水までかけさせてしまうので、峰岸雪は『あの新人は、人を動かす力を持っている』と思ったハズです。

ドラマ『悪女 第1話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220413232614p:plain

引用:https://www.ntv.co.jp/waru2022/

今田美桜さん主演のドラマという事で期待していましたが、田中麻理鈴の性格が凄くウザい感じだったので『こういう役の今田美桜さんはあまり見たくなかったなぁ』と思ってしまいましたね。

もう少し、カッコいい感じの役や可愛い感じの役を期待していましたが、あえてウザい感じのキャラクターを演じる事によって、色々な役を演じられたという評価を得られるのかもしれません。

そうすれば、女優として、今よりも羽ばたけると思えれば、今田美桜さんの活躍を応援したいですね。ただ、今田美桜さんも好な自分としては、少し複雑な感じで、このドラマを見ています(苦笑)。