アップグレードプログラムEXの罠が一部解消された?思わぬメリットが発生!

auの『アップグレードプログラムEX』には罠がありましたが、それが一部解除されて思わぬメリットが生まれたので、詳しく紹介しましょう。

アップグレードプログラムEXの罠が一部解消

アップグレードプログラムEXの料金表

引用:https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/07/10/2555.html

アップグレードプログラムEXは、携帯電話を4年ローンで組んで、2年までローンを支払ったら、auショップで機種変更して、今まで利用していた機種を返却したら、翌月利用分のローンから免除されるオプションサービスです。

(13ヶ月目以降に機種変更して利用している機種を返却した場合は、25ヶ月目まではローンを払う事になります)

auを解約した後でも権利が行使可能

アップグレードプログラムEXは毎月390円を2年まで払えば、2年分のローンを免除できるサービスですが、実はauを解約した後には権利を行使できませんでした。

そのため、auを解約した後に機種変更して携帯電話を返却しようとしたら「auを解約した後には、このオプションサービスは利用できません」と言われて、泣き寝入りするしかなかったのです。

ところが、KDDIは、この罠とも言える欠点を改善するために、auを解約した後でも、auショップで機種を購入して、今まで利用している機種を返却したら、翌月利用分からのローンを免除するようにしました。

これは他のキャリアに乗り換えを検討している方には、大変ありがたいサービスと言えますね。

払いすぎた料金はポイントで還元

アップグレードプログラムEXの料金は2年分で9360円になります。そのため、機種代金の残高が9360円以下になっている時に、機種変更して利用している機種を返却しても損をするシステムじゃないかと思ってしまう方はいるかもしれません。

ところが、KDDIでは、そのようなお客のために、払いすぎた分はポイントで還元するようになっています。

下に、例を書いてみたので参考にしてみて下さい。

機種代金の残高5000円ーサービス料9360円=4360ポイントを還元

このように、払いすぎた分は、ポイントがauIDに還元されるので、auPAYアプリがあれば、そこにポイントをチャージしておけば、お店のショッピングに利用する事が可能です。

実は、この罠とも言える過払金の対策は、以前から行われていたので、隠れた配慮と言えますね。

アップグレードプログラムEXで解消されていない罠

ショックを受ける女性

アップグレードプログラムEXの罠が解消されているものもあれば、解消されていない罠もあるので注意する必要があるので、詳しく解説していきます。

機種を返却する期限

アップグレードプログラムEXは、機種変更して、利用している機種を返却すれば良い訳ですが、実は機種を返却する期限があるので注意しなければいけません。

その期限は、機種変更した日から、翌月末までになっています(郵送の時は違います)。もしも、期限までに間に合わなければ、auショップのほうで権利を行使できなくなってしまうので、少しもめてしまうかもしれないので注意して下さい。

回収キットの郵送期限

機種を返却する方法は、auショップで直に返却する方法以外に、郵送で返却する方法があります。

郵送で返却するように申し込むと、のちほど、あなたの自宅に回収キットが送られるので、機種変更してから翌月25日までに返却する必要があります。

ただし、KDDIでは8日以内の返送を勧めているので、できるだけ早めに返却したほうが確実です。

なぜなら、翌月末までに携帯電話が無事に使える状態か?確認する必要があるからです。郵送期間を含めると、早めに返却しなくてはいけないので注意しなければいけません。

回収キットは受け取るのが困難

自宅に契約者がいないと、回収キットは自宅の郵便ポストには入れられないので、回収キットを受け取る事ができません。

そうなれば、期限以内に回収キットに携帯電話を入れて返却できない場合があるので、気を付けて下さい。

携帯電話の修理費

今まで利用している機種を期限以内に返却できたから、これで安心……と思っている方!まだまだ、アップグレードプログラムEXには罠とも言えるものがあるので、安心してはいけません。

もしも、返却する携帯電話が故障している場合には、あとで『故障時利用料』という修理費を請求される場合があって、何も保険に入って以内場合は2万円ほど請求される場合があります。

そのため、1万3000円ほどの残債だった場合には、7000円ほど損をした上に利用している機種も返却しなければいけなくなったという泣きっ面に蜂状態で、本当にひどい話です(苦笑)。

アップグレードプログラムEXの罠のまとめ

auのアップグレードプログラムEXには罠がいくつかありますが、権利を行使しなくて、今まで払っていたサービス料をポイントで貰うという方法もあります。

そして、権利を行使する場合には、返却しようとしている機種が故障していないか?それを確認した上で行使したほうがいいでしょう。

もしも、機種代金の残高が2万円以上残っている場合であれば、そのまま返却しても、特に問題はありません。

一部で、アップグレードプログラムEXの罠は解消されましたが、まだまだ罠とも言える欠点がいくつかあるので、アップグレードプログラムEXを利用している方で、これから機種変更を考えている方は注意して下さい。