AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


ディックがジョーと付き合えるようになった要因を解説!映画『パリの恋人』

引用:https://www.amazon.co.jp/

映画『パリの恋人』で、ディックがジョー(オードリー・ヘプバーン)と付き合えるようになった要因について、詳しく紹介します。

映画『パリの恋人』のキャスト

アメリカ合衆国ミュージカル映画『パリの恋人』は、日本では1957年9月28日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

映画『パリの恋人』のストーリー

マギー編集長は、これからのデザインは「ピンクよ」と言い出して、多くの者たちを動員して、何から何までピンクに染め上げていきます。

ここまでの事をしておきながら、まだまだ納得できなくて、今度は図書館に乗り込んで、いきなり撮影を始めてしまうので、そこで働いていたジョーから「ちょっと、何なの?早く出ていって」と言われても、全く意に介しません。

マギーは、ジョーの事を何とも思っていませんでしたが、ディックはカメラマンとして「ジョーは素晴らしい女性だ」と思い、彼女をモデルとして採用しようとします。

しかし、ジョーには、その気がなくて断り続けますが、パリで仕事をする事が分かると「パリに行く事ができれば、フロストル教授の話を聞く事ができる」と希望を抱き、モデルの仕事を引き受ける事にしました。

ジョーは、共感について抗議を受けたいと目を輝かせていたら、ディックから、いきなりキスをされて「どうして?」「共感だよ。君がキスして欲しそうだったから」

あまりの出来事に、あっけにとられますが、二人は次第に相手を意識をするようになってしまいます。

パリに着いたら、ジョーはモデルとして仕事をしていきますが、ようやくフロストル教授の話を聞く事ができます。ところが、そこにディックが現れて「コイツは、教授としてではなく、ジョーを女としてしか見ていないオスだな」と嫉妬を抱いてしまいます。

ディックは、ジョーを強引に連れ出してしまい「何するの?」「あいつはオスで、君を女としてしか見ていない」「私の知性は見ていないっていうの」と言い合いになってしまいます。

ジョーは頭に来て、再び教授のもとへ行きますが、ディックの言う通りで、教授はジョーに言いよってきて、知性の事など眼中にありませんでした。

はたして、ジョーの運命はどうなってしまうのでしょうか?

『ディックがジョーと付き合えるようになった要因』

ジョーは、フロストル教授に憧れていますが、なぜかジョーにキスをされたら、相手を嫌うどころか、意識するようになってしまいます。

なぜ、このような事になったのかと言えば、ジョーがキスした理由について「共感だよ」と言ったからでしょう。ジョーは、教授の共感について興味があったので、知的な女性である事から、共感という言葉に大きく突き動かされたのでしょう。

敬愛している教授が取り上げている共感という言葉を使われては、むやみに嫌う事もできずに、少しずつディックにのめりこんでいきました。

しまお、自分が敬愛していた教授は、実は自分の事を女としてか見ていない事を見抜けなかったのに、ディックはジョーの事を心配して「あいつはオスだ」と罵った事も大きな変化をもたらしました。

このような理由から、ディックはジョーの心を大きく掴んだと言えるでしょう。

『パリの恋人』と他の映画を比較

パリの恋人では、ジョーがパリで愛する人と恋人になろうとしますが、パリの戦争を描いた映画もあって、それが『パリは燃えているかでした。

第二次世界大戦末期、ヒトラーは『負けるぐらいなら、パリを燃やしてしまえ』と思い、部下にパリの破壊活動を命じてしまいます。

しかし、パリ防衛司令官ディートリヒ・フォン・コルティッツは負ける事が決まっている状況で、そのような事をするのは得策でないと考えて、命令を無視し続けて連合国に降伏しました。

ヒトラーは「パリは燃えているか?」と連絡しますが、その期待に応えられるドイツの将校は、もういなかったのです。この映画の人間の狂気の部分について、加古隆さんが作曲して、その曲はNHKの番組『映像の世紀』で取り上げられる事になります。

『パリの恋人』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、映画『パリの恋人』を無料で見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

映画『パリの恋人』のまとめ

パリの恋人を見た感想について、詳しく解説します。

映画『パリの恋人』のオススメ層

オードリー・ヘプバーンは綺麗なドレスをいくつも着て、踊っていくので、オシャレに興味がある女性には、オススメの映画ですね。

さらに、パリの観光名所が多く登場するので、フランスに興味がある方も、見ておいて損はしないでしょう。

  • オシャレに興味がある方:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • フランスが好きな方:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️⭐️

映画『パリの恋人』の残念な所

昔に作られた映画なので、車内からパリを見る映像は、思いっきり合成と分かる映像なので、この辺りは『やはり、昔の映画だなぁ』と思ってしまう所でした。

さらに、ジョーは気持ちが何回も変わってしまうので、あまり落ち着きのない女性だなぁと思ってしまう所、少し残念でしたね。

映画『パリの恋人』の見所

編集長が、ムチャクチャな事ばかりしますが、昔の映画にしてはオーバーリアクションが少ないので、自然に見られる内容でした。

例えば、昔、上映されたトップガンは、かなりカッコつけた発言が飛び出してしまうので『やはり、現代の映画と比べて、だいぶ違うなぁ』と思う所が少ない印象を受けました。

まぁ、合成の部分は、そこまで技術が進んでいなかったので、仕方のない所でしょう。