AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


マダムキリコ役の長谷川京子と土屋太鳳が熱烈なキス?ドラマ『やんごとなき一族 第4話』

ドラマ『やんごとなき一族 第4話』では、マダムキリコ役を演じていた長谷川京子さんが、土屋太鳳さんに熱烈なキスをしてしまうので詳しく紹介します。

ドラマ『やんごとなき一族 第4話』のキャスト

やんごとなき一族は、フジテレビ系で4月21日から放送開始されました。

脚本・演出・原作

登場人物&俳優

  • 篠原佐都(演:土屋太鳳)庶民暮らでしたが、御曹司の健太に嫁ぐ
  • 深山健太(演:松下洸平)やんごとなき一族『深山家』の次男
  • 深山明人(演:尾上松也)深山健太の兄で、おとなしい性格
  • 深山美保子(演:松本若菜)深山明人の妻
  • 深山大介(演:渡邊圭祐)深山家の三男で、美容クリニックのオーナー
  • 深山リツコ(演:松本妃代)深山大介の妻
  • 深山有沙(演:馬場ふみか)深山家の末っ子
  • 花泉(演:佐々木希)深山健太の美しき秘書
  • 篠原良恵(演:石野真子)篠原佐都の母親
  • 深山圭一(演:石橋凌)深山家の当主
  • 深山久美(演:木村多江)深山圭一の妻
  • 深山八寿子(演:倍賞美津子)深山圭一の母親
  • マダムキリコ(演:長谷川京子)美魔女で恐ろしい性格をした女性

ドラマ『やんごとなき一族 第4話』のストーリー

篠原佐都は、大きな失敗をしてしまって、当主の深山圭一から「二度と深山家に顔を出すな!」と罵られてしまい、深山健太と離婚させられそうになってしまいます。

深山健太は「もういい、佐都」と二人で家を出ようとする勢いでしたが、篠原佐都は「お願いします、もう一度だけチャンスを下さい」と頭を下げます。愛する人の姿を見ていたら、深山健太もプライドを捨てて、一緒に頭を下げてしまいました。

深山圭一は「そこまで言うなら、一流レストランのソリマチを招聘できたら、今回の件は不問に付す」と言うので、篠原佐都は夫と一緒に働きかけようとしますが、なかなか事は上手く運びません。

しかし、ソリマチのバックと言われるマダムキリコがいる事を知って、何とか説得しようとしますが、大の深山嫌いでした。

マダムキリコは、50代の女性なのに美しい容姿を保っていて、多くのイケメンから生き血を吸っていると恐れられる存在でした。

深山美保子は、夫の明人をたきつけて、弟の大介に500万円のお金を渡す代わりに、マダムキリコの生き贄に差し出すように要求してしまいます。

篠原佐都たちがマダムキリコを説得しようとしていたのに、明人たちが現れて、先にマダムキリコとの契約を有利に勧めてしまいました。この報告を聞いた深山圭一は「あの女郎蜘蛛を落としたのか?それでこそ上に立つ者だ!」と手放しで喜びます。

しかし、深山健太たちは弟をビジネスの道具に利用した事を知って「兄貴、最低だな」と罵りますが、深山美保子から「何か問題でもあって?」と開き直ってしまうのです。

はたして、このまま篠原佐都たちは兄たちに負けてしまうのでしょうか?

『マダムキリコ役の長谷川京子と土屋太鳳が熱烈なキス』

マダムキリコ(演:長谷川京子)は、ビジネスの話でくいさがる篠原佐都(演:土屋太鳳)に熱烈なキスを『ぶちゅう』としてしまいます。

あまりにも突然キスをされてしまったので、篠原佐都は目を見開いてしまって、唇を突き出すような形になり、そのインパクトは大きなものでした。

長谷川京子さんは美しい方とは言え、43歳の女性であり、相手の土屋太鳳さんは27歳であり、16歳年下の同性相手とキスをした訳ですから、これはなかなか実現しないシーンでした。

そんなインパクトのある演技を見せてくれtが二人のプロフィールは、以下の通りです。

長谷川京子土屋太鳳長谷川京子土屋太鳳長谷川京子土屋太鳳長谷川京子土屋太鳳長谷川京子土屋太鳳長谷川京子土屋太鳳

  長谷川京子 土屋太鳳
星座 かに座 みずがめ座
趣味 ピアノ 映画・音楽鑑賞
血液型 B型 O型
出身地 千葉県 東京都
生年月日 1978年7月22日 1995年2月3日

二人とも、関東出身ですが、やはり年の差は離れていますね。しかし、長谷川京子さんは40代なのに、あれだけ美しいとは、さすがハセキョーと言われただけの方ではありますね。

ドラマ『やんごとなき一族 第4話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/yangoto/

第4話では、長谷川京子さんと土屋太鳳さんの熱烈なキスシーンが出て、ビックリしましたね。

年の差キスではありますが、長谷川京子さんはいつまでも美しい方なので、お似合いのお二人という方という感じがします。

それにしても、今回も松本若菜さんが「ドブネズミはドブにおかえりなさい、チューチュー」と言ってしまって、その怖さは凄いと思いますが、あそこまでいくと、逆にすがすがしく感じてしまいます(苦笑)。

しかし、深山有沙のお見合いの話を勝手に勧めてしまって、またもや波風が立つ予感です。