星野(演:真木よう子)の無神経さが川口春奈を激怒?映画『聖地X』

映画『聖地X』では、星野(演:真木よう子)の無神経さが、川口春奈を怒らせてしまうので詳しく紹介します。

映画『聖地X』のキャスト

の映画『聖地X』は、年に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • 山田輝夫(演:岡田将生)韓国の別荘で住む男性
  • 東要(演:川口春奈)山田輝夫の妹
  • 忠(演:渋川清彦)二人の妻が出現して戸惑う男性
  • 京子(演:山田真歩)忠の妻
  • 滋(演:薬丸翔)東要の夫
  • 江口(演:緒形直人)呪われた店に頭を悩ます人物
  • 星野(演:真木よう子)滋の上司
  • スヨン(演:パク・イヒョン)山田輝夫の家で働く家政婦

映画『聖地X』のストーリー

山田輝夫は、父親が残してくれた遺産があったので、韓国で悠々自適の生活を送っていました。ところが、そこに妹の東要がやってきて「滋が、私たちの親の遺産を勝手に使い込んで、夜の店で使い込んでいたの!」とブチギレてしまいます。

それに唖然とする山田輝夫と、家政婦のスヨンたちでしたが、韓国ではある異変が起きていました。

忠が、京子と夫婦で仲良くお店を経営していたのに、妻の記憶が少し曖昧になっていて、そこにもう一人の妻が現れてしまったのです!京子は『どうなっているの?』と困惑してしまいますが、二人は次第にくっついていき合体していきました。

オーナーの江口は『やはり、あの場所が呪われているから、こんな事になっているのか』と頭を悩ませますが、解決する手段がなくて、また同じような事が起きる可能性が

あったのです。

東要は、韓国で滋と遭遇してしまって「なんで、韓国までついてきたの?」と口論してしまいますが、日本の会社に連絡してみたら、そこにも滋がいる事が分かり頭が混乱しそうになります。

山田輝夫たちは、最初はドッペルゲンガーではないかと思いましたが、京子の一件を知って『これはドッペルゲンガーではない。この場所である人に思いを込めていたら、もう一人の人間が生み出されて、体と記憶が分散されるんだ』と考えます。

しかし、分散された人間は、それぞれ生きていくと、情報の量がそれぞれ増えるので、もとの一人に合体したら、情報量があふれだして生命の危機にひんする恐れがありました。

京子の場合は、わずか2日ぐらいだったので、それほどの問題はありませんでしたが、滋はすでに6日も発生していたので、山田輝夫はある秘策を考え出します。

はたして、その秘策とは、どういったものでしょうか?

『星野(演:真木よう子)の無神経さが川口春奈を激怒』

引用:https://seichi-x.com/cast/

東要(演:川口春奈)は、星野(演:真木よう子)と滋が二人で来韓してくるので「もしかして、二人は恋人関係?」と疑ってしまいますが「いやいや、そんな事はないですよ。滋はハッキリ言ってタイプじゃないんで」と言われてしまいます。

浮気ばかりして、愛想をつかしていた夫とは言え、赤の他人にそこまでの事を言われて、さすがに「何でですか?」とムカッときたら「だって、滋は軽いじゃないですか」と笑われてしまうので、その怒りの全てが滋にそそぎこまれてしまいました。

まぁ、妻の親の遺産を勝手に使い込んでしまって、その使い道が夜の店で女の子と遊んでいるような男であれば、どのように批判されても仕方ないですけどね(苦笑)。

そんな星野役を演じた真木よう子さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:真木よう子
  • 星座:てんびん座
  • 趣味:映画鑑賞
  • 血液型:A型
  • 出身地:千葉県
  • 生年月日:1982年10月15日

『聖地X』と他の映画を比較

映画『聖地X』は、ドッペルゲンガーに近い現象が起きますが、厳密には少し違います。

しかし、実際にドッペルゲンガーを扱う映画もあって、それが『アス』です。

アスでは、もう一人の自分が襲いかかってきて、そのスリルや緊迫感は、聖地Xをはるかに超えるものです。もしも、聖地Xの怖さが物足りない場合には、アスを見ておく事をオススメします。

『聖地X』の見逃し配信を無料で見る方法

スマートパスプレミアムに初めて入会した場合には、映画『聖地X』を無料で見る事ができます。無料期間は30日間なので、その間に引き続き利用してみるか考えてみるのも悪くはないでしょう。

ただし、本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はスマートパス

プレミアムのサイトにてご確認ください。
30日間を過ぎたら、月額548円(税込価格)かかります。

映画『聖地X』のまとめ

引用:https://seichi-x.com/

聖地Xを見た感想について、詳しく解説します。

映画『聖地X』のオススメ層

日本における韓国の評価は複雑なものがあり、政治・経済では対立関係ですが、映画や文化では共に楽しみ合う関係にあります。

それは、韓国も同じであり、日本に対しては複雑な感情を抱いている方が多いので、韓国を舞台にした日本のホラー映画はあまり多くありません。

今まであったものとすれば『着信アリ』ぐらいのものであり、あまり多くありません。そういった事を考えたら、韓国に興味がある方であれば、今作を見ておく事をオススメします。

  • 韓国好きの方:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『聖地X』の残念な所

映画館で、散々宣伝されていたホラー映画だったので、かなり興味がありましたが、見てみたら、あまり怖いものではなくて『これは期待ハズレだな』と思ってしまいましたね。

まず、二人が一緒になったら、スライムのように少しずつ合体したり、体に穴が開いたりするので、ジャパニーズホラー映画のじっくりと迫ってくる怖さがありません。

極端に怖いものではないので、家族で一緒に見る作品としては良いかもしれませんが、刺激の強い作品を求める人には、物足りなく感じてしまうでしょう。

映画『聖地X』の見所

思った怖さではありませんが、今までにないホラー映画の演出がされているのは、高く評価されていいハズです。

さらに、岡田将生さん・川口春奈さん・真木よう子さんなど豪華なキャスト陣が集結しているのも、注目されて良いポイントです。

山田輝夫が、分散された者たちを安全に合体させようとするので、ホラー映画というよりは、スリラー映画として見る分には面白い所がありますね。