シーフー老師がデブパンダを変わった稽古法で鍛える?映画『カンフー・パンダ』

映画『カンフー・パンダ』では、シーフー老師がデブパンダを変わった稽古法で鍛えるので、詳しく紹介しましょう。

映画『カンフー・パンダ』のキャスト

アメリカ合衆国のドリームワークスのアニメ映画『カンフー・パンダ』は、日本では2008年7月26日に公開されました。

監督&脚本

  • 監督:ジョン・スティーブンソン&マーク・オズボーン
  • 脚本:ジョナサン・アイベル&グレン・バーガー

登場人物&俳優

映画『カンフー・パンダ』のストーリー

中国の翡翠城には、龍の巻物という物があり、それを読めば、史上最強の『龍の戦士』になれると言われていました。

ポーというパンダは、実家のラーメン屋で仕事をしながら、カンフーを趣味にしていましたが、太っていたのでカンフーを使えない有様でした。

翡翠城では、マスター5と言われるタイガー・カマキリ・ヘビ・ツル・モンキーたちが芸を競い合おうとしていたので、カンフー好きのポーはそれを見ようと覗きこみ「好きだ、カンフゥゥゥー!」と唇を突き出して叫んでしまいます。

そうしたら、事故に巻き込まれて空高く、翡翠城の中まで吹っ飛んでいき、偶然にもウーグウェイ導師から指刺された所に落ちてしまったので「君、龍の戦士です」と指名されてしまいました。

シーフー老師は「ただの偶然です、あれは導師が指差した所に落ちてきただけです」と抗議しますが「この世に偶然などないのです」と却下されてしまいます。

その頃、刑務所にいたタイ・ランは逃亡してしまい、静かに危機が迫っていました。実は、シーフー老師が赤ん坊だったタイ・ランを見つけて、我が子のように育てていき、立派なカンフーの使い手として鍛えていきました。

しかし、ウーグウェイ導師は『この者の心には、大きな闇がある』と見抜き、龍の巻物をさずけるのは辞めてしまいます。タイ・ランはこれに大いに怒り、龍の巻物を取ろうと再び動き出してしまいました。

シーフー老師は、乗り気ではありませんでしたが、ポーをタイ・ランに勝てるように鍛え始めますが、はたして間に合うのでしょうか?

『シーフー老師がデブパンダを変わった稽古法で鍛える?』

ポーは体型が太っていて、股割りもできないので、とてもタイ・ランに対抗できるとは思えませんでした。

シーフー老師も半ば諦めかけていましたが、ポーが高い所まで登ってお菓子を食べていたので『これは一体?どうやって、あんな高い所へ』と驚いてしまいます。

ポーは、運動神経が悪かったハズなのに、食欲だけは旺盛で、食べるためなら、信じられない力を発揮する事ができました。

そこで、シーフー老師は食べ物でつって、稽古する方法をみつけて、早く食べる方法や、腹筋しながら食べる稽古法をやらせました。この稽古法により、ポーはみるみる鍛えられて、立派なカンフーの使い手になっていきます。

カンフー・パンダ』と他の映画を比較

パンダがカンフーをする映画もあれば、普通の女の子がレッサーパンダになってしまう『私ときどきレッサーパンダ』という映画もあります。

今まで、普通の少女だったのに、いきなり、レッサーパンダになってしまい、頭が混乱しそうになりますが、あまりにも可愛いので、見ているだけで、心がほのぼのとする映画です。

カンフー・パンダ』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、映画『カンフー・パンダ』を31日間は無料で見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

映画『カンフー・パンダ』のまとめ

引用:https://www.amazon.co.jp/

カンフー・パンダを見た感想について、詳しく解説します。

映画『カンフー・パンダ』のオススメ層

可愛らしいパンダが、カンフーで強くなろうとするアニメ映画なので、キッズから、カンフーに興味がある方までオススメの映画です。

ただし、コミカルにカンフーを伝えていく映画なので、本格的なカンフー映画を期待している方は、要注意の作品ですね。

  • カンフー好きの方:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️

映画『カンフー・パンダ』の残念な所

全体的にコミカルで面白い映画ですが、カンフーで決闘するシーンは、あまり迫力のある感じがしないので、もう少し決闘シーンに力を入れて欲しい感じがありました。

少し変わった稽古法で強くなっていくのは、なかなか面白かったので、決闘シーンだけが少し残念な感じです。

映画『カンフー・パンダ』の見所

ポーが、変わった所で意外な力を発揮するので、そこは思わぬ展開だったので、面白かったですね。

日本で、カンフーといえば、中国のチームがサッカーでありえないファウル行為を働いて「カンフーサッカー」と批判される事もあり、あまり面白く感じない方もいるかもしれません。

しかし、アニメ映画としては、可愛い感じのキャラクターが多く登場して、ストーリーも意外性があるので、家族そろって見てみるのも悪くはないでしょう。