AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


小暮梢役の武田梨奈が口で小芝風花を翻弄?|ドラマ『妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪- 第7怪』

f:id:akira2013web:20220410123745p:plain

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/youkai_kaettekita/

ドラマ『妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪- 第7怪』では、小暮梢役の武田梨奈さんが口で、小芝風花を翻弄してしまうので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪- 第7怪』のキャスト

妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪-は、テレビ朝日で2022年4月9日から放送開始されました。

監督&脚本

登場人物

  • 目黒澪(演:小芝風花)貧乏暮らしに戻った人間の女性
  • 四谷伊和(演:松本まりか)目黒澪を助けようとする、お岩さん
  • 酒井涼(演:毎熊克哉)少し言い方がキツイ酒呑童子
  • 沼田飛世(演:大倉孝二)弁護士の振りをする、ぬらりひょん
  • 和良部詩子(演:池谷のぶえ)料理が得意な座敷わらし
  • 佐藤周(演:池田成志)閻魔寺の住職
  • 佐藤満(演:豊田裕大)佐藤周の息子で、近所の交番の巡査
  • 笹原小梅(演:井頭愛海)目黒澪のアルバイト仲間
  • 白鳥芽衣(演:尾碕真花)IT企業に勤めるお嬢様秘書
  • 小暮梢(武田梨奈)合同セミナー合宿を進める女性
  • 黒原光一(演:六角精児)目黒澪の執筆作品のドラマ化を目指す人物
  • 上竜樹(演:安井順平)スパルタ指導する上司
  • 小豆洗い/小豆沢琉(演:岩崎う大)配属先の出版部門の編集者

ドラマ『妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪- 第7怪』のストーリー

目黒澪は、出版社で正社員への道が開かれたかに見えましたが、自分が提案したものが映画化されず、落ち込んでしまいます。

ところが、小暮梢から「でも、合同合宿セミナーが行われるので、もし良かったら、目黒さん、どう?」と勧めてくるので『これはチャンスだ!』と思って、合同合宿セミナーに参加する事にしました。

その合同合宿セミナーでは、バズるタイトルをホワイトボードに書いていく事になり、そのタイトルの作品を部屋で執筆するように命じられます。

他の参加者たちも各部屋で、執筆していましたが、小暮梢は参加者たちに蜘蛛マークの箱に入っているお菓子を差し出して「良かったら、食べてみて」と勧めていました。

妖怪シェアハウスでは、妖怪たちが小豆洗いに「澪が参加していた合同合宿セミナーのホテルが見つからないんだけど、どういう事?」と詰め寄っていましたが「恐らく、黒原光一に才能を搾取されているんじゃないかと」

「なんで、そんな大事な事を言わなかったんだ!」と大騒ぎいなりますが、合宿先では多くの参加者たちの生気がなくなっていき、ゾンビのような顔になっていました。

目黒澪は、小暮梢から勧められたお菓子を食べたら「ギャアーー!」と悲鳴をあげてしまいます。

それでも、目黒澪が執筆した『半人半妖怪』が書籍となり、上竜樹の怪しい指の動きにより異世界に映されて、ほぼ妖怪化した小暮梢から「あなたの才能を伸ばしたいの、私と一緒に、この世界を思いのままに操ってみない」

小暮梢の口の中から出てきた怪しい煙が、目黒澪の口の中に移っていき、完全に妖怪に操られてしまいます。はたして、目黒澪はどうなってしまうのでしょうか?

『小暮梢役の武田梨奈が口で小芝風花を翻弄』

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/youkai_kaettekita/story/0007/

小暮梢(演:武田梨奈)が、口から怪しい煙を出して、目黒澪(演:小芝風花)を翻弄してしまいます。

完全に生気をとられてしまった目黒澪は、自分の作品が他の作家の物になっても、全く気にならず、妖怪たちの思うがままに動かされてしまい、妖怪シェアハウスの仲間たちから「まさに、ゴーストそのもの」と心配されてしまいます。

最初は、小暮梢は、目黒澪に目をかけて優しく接しているように見えましたが、鬼プロデューサーを手足のように動かして、目黒澪の命さえも取って良いと豪語してしまうのです。

ドラマ『妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪- 第7怪』の見所とまとめ

第7怪では、小暮梢(演:武田梨奈)が優しい女性のように見えていたのに、恐ろしい妖怪である事が判明して、少し驚かされましたね。

武田玲奈さんには見えないほど、恐ろしい妖怪になってしまったので、次回から目黒澪がどうなってしまうのか?見守りたい所です。