藤原泰衡(山本浩司)と小早川秀樹の驚くべき共通点!大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第20話』

f:id:akira2013web:20220115131322p:plain

引用:https://www.amazon.co.jp

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第20話』で登場する藤原泰衡山本浩司)は、小早川秀樹と驚くべき共通点があるので、詳しく紹介します。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第20話』のキャスト

鎌倉殿の13人の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

北条家

源氏勢力

伊東家

その他

平氏勢力

藤原家

朝廷

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第20話』のストーリー

北条義時は、源頼朝から「九郎(源義経)を連れて来るのは構わんが、生かしておくな。藤原の泰衡と国衡は仲が悪い。彼奴らを仲違いさせて、義経を討たせよ。勝手に義経を討たせたら、それを口実に平泉を滅ぼす」

その言葉を聞いた北条義時は、言葉を失いますが「悪どいか?」と言われるだけで、どうする事もできませんでした。

北条義時は、藤原兄弟に「あの者(義経)は、反逆者であり、勝手にかくまう事は許されませぬ」と脅しをかけると、兄弟はそれぞれ考えが違っており、早くも足並みがそろいませんでした。

その後に、源義経に会いに行きますが、まだ静の身に悲劇が起きていた事を知りませんでした。

実は、静は周りの反対に耳を貸さず、自分こそ静ですと言い放ち、皆の前で「しずやしず しずのおだまき 繰り返し むかしを今になすよしもがな」源義経を慕う言葉を歌って、踊ってしまいます。

大姫は『どうして、こんな無茶な事を?』と戸惑ってしまいますが、母の北条政子は「女の覚悟です」と言い切ってしまうのです。

哀れにも、静のお腹から生まれた赤子は男子だったので、始末させられてしまいます。北条義時は、その事をワザと源義経に吹き込み、鎌倉に対して憎しみを抱くようになってしまいました。

その事を知った藤原泰衡は、鎌倉と戦をしたくないと思ってしまい、ついに兵をさしむけて、源義経は自害!

源頼朝は、源義経の首を見て「九郎、許してくれ…九郎!」と涙を流してしまうのです。

藤原泰衡山本浩司)と小早川秀樹の驚くべき共通点』

藤原泰衡山本浩司)は、愚かにも鎌倉の策に溺れてしまい、父の『鎌倉が攻めてきたら、九郎を総大将にして平泉を守らせよ』という遺言を破ってしまいました。

源頼朝が、義経を討たせる策は一か八かの賭けでした。一歩間違えれば、奥州17万騎と言われるほどの大軍を源義経が指揮をして、鎌倉に攻め込む危険性があったのです。

実は、徳川家康関ヶ原で一か八かの賭けに出て、いつまでも東軍(徳川方)に寝返ってくれない小早川秀秋に鉄砲を打ち込んで、寝返らせました。

小早川秀秋藤原泰衡も、どちらとも敵方の総大将の思い切った脅しに負けてしまい、仲間を裏切ってしまいました。その結果、後に残ったのは裏切り者というレッテルが貼られた上に、悲しい最後を遂げていくので、色々と驚くべき共通点がありますね。

やはり、仲間を裏切った者には、ロクな人生が残っていないという事なのでしょう。

『鎌倉殿の13人』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、無料で1200ポイント(1200円分)を貰えて、このポイントを使えば、実質0円で『鎌倉殿の13人 第1〜19話』を31日間は無料で見られます。

ただし、本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第20話』の見所とまとめ

第20話では、歴史を知っていたので、驚く事はありませんが、この時代の大河ドラマを見たら、何回も思ってしまいますが『本当に藤原泰衡ってアホだよなぁ』と思ってしまいますね。

次回で、奥州に出兵する所を見られるのか?それとも省略されてしまうのか、気になる所なので、楽しみに待っていたいと思います。