えなこは母親を恨んでいない?映画『賭けグルイ』

映画『賭けグルイ』で出演していた、えなこさんはテレビ番組で、母親を恨んでいると言われていましたが、それが本当なのか詳しく解説します。

えなこが母親を恨んでいると言われた理由

えなこさんは、フジテレビ系『呼び出し先生タナカ』に出演して、国語のテストで「地獄で( )に会ったよう」という問題で「地獄で母に会ったよう」と書いてしまいます。

MCの芸人さんたちから「なんで、お母さん?」「お母さんに恨みでもあるんですか」と突っ込まれてしまうのです。

それに対して、えなこさんは「コスプレが趣味なんですけど、衣装がバレちゃって、気持ち悪いって言われちゃって。それトラウマになっているのかな」と答えてしまうので『メチャクチャ、恨んでるじゃん』と思われてしまいました。

心理学で考えたら母親を恨んでいない

引用:https://lineblog.me/enakorin/?p=4

えなこさんは、母親を恨んでいると言われてしまいましたが、心理学で考えると、地獄とは怖い所であり、そこで会う人間は怖い人間と思われている可能性があります。

参照元https://astrology.neoluxuk.com/dream/index.php/Cat1No/D120/Cat2No/218/

そのため、えなこさんは、自分の好きなコスプレについて「気持ち悪い」と言った母親に対して、恨んでいるというよりは少し怖いイメージを持ったのかもしれません。

多くの方たちは、親に対して反発する時期もあれば、怖いと感じてしまう時期もあるので、えなこさんが少しお母さんに怖く感じてしまった可能性があったとしても、不思議ではないかもしれません。

えなこと母親は仲良し?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by えなこ(Enako) (@enakorin)

www.instagram.comえなこさんは、現在ではお母さんと誕生日を祝っている事もあるので、やはり恨んではいなくて、少女時代の思い出があるので、少し怖く感じてしまった記憶が残っているだけでしょう。

えなこさんは、あれだけ可愛らしい方なので、きっとお母さんや妹さんも可愛らしい方なんでしょうね。

えなこが出演した映画

えなこさんは、浜辺美波さん主演の映画『賭けグルイ』に女子高生役に演じていて、票争奪ジャンケンで、歩火樹絵里(演:福原遥)に負けてしまい、犬八十夢(演:伊藤万理華)から「見たかぁ!」と言われて、悔しがる役を演じていました。

この賭けグルイでは、浜辺美波さんがギャンブルが好きでたまらない役を演じていて、圧倒的に強い人間と戦ってみたいと思ってしまうので、ギャンブルや浜辺美波さんが好きな方であれば、オススメの映画ですね。