AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


オーナーの次郎役の小市慢太郎がぱるるの体を求める?ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの? 第6話』

ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの? 第6話』で、オーナーの次郎役の小市慢太郎ぱるるに、映画の中で体を求めた事があるので詳しく紹介します。

ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの? 第6話』のキャスト

恋なんて、本気でやってどうするの?は、フジテレビ系列で2022年4月18日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 桜沢純(演:広瀬アリス)一人で生きていけると思う女性
  • 長峰柊磨(演:松村北斗)フレンチビストロ『サリュー』の見習い料理人
  • 岩橋要(演:藤木直人)サリューのシェフ
  • 清宮響子(演:西野七瀬)桜沢純の同級生で主婦
  • 清宮敏彦(演:味方良介)清宮響子の夫
  • 真山アリサ(演:飯豊まりえ)桜沢純と清宮響子の元同級生
  • 内村克巳(演:岡山天音)メガネをかけている不思議キャラ
  • 竹内ひな子(演:小野花梨)恋大き女で、桜沢純に立ちはだかる人物
  • 横井めぐみ(演:安藤ニコ)桜沢純の後輩で、女子力が高い
  • 青田課長(演:長田成哉)桜沢純の上司
  • 岡真奈美(演:牧野莉佳)桜沢純の後輩
  • 木下健吾(演:三浦獠太)桜沢純の後輩で、空気が読めない人物
  • 大津浩志(演:戸塚純貴)ラクロス部で、桜沢純と同期
  • 田辺良和(演:アキラ100%)真山アリサのパパ活相手
  • 坂入拓人(演:古川雄大)桜沢純のラクロス部時代の先輩
  • 中川岬希(演:香椎由宇)桜沢純が働く洋食器メーカーの元先輩
  • 竹内ひな子(演:小野花梨)桜沢純の恋敵
  • 次郎(小市慢太郎)サリューのオーナー

ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの? 第6話』のストーリー

サリューのオーナー長峰柊磨が、店のほうへやってきて、岩橋要の経歴に問題があるので店を閉店させようとします。何か反論があるかと思われましたが、岩橋要はアッサリと就活して、他のお店で働こうとしてしまいます。

桜沢純は、オーナーが長峰柊磨の父親である事を知って驚かされますが、その父親から「あいつは覚悟が足りない」と息子にはあまり満足していない事を聞かされてしまうのです。

『どうしたものか』と思って悩んでしまって、真山アリサに相談しようと思っても、逆に「内村克巳がまた、させてくれなくて」と悩みを打ち明けられてしまいます。

翌日、サリューでは団体の客たちが20名もやってくるのに、突然になって岩橋要がサリューへやってこれない事を知って、長峰柊磨だけではどうする事もできないほど忙しくなってしまいます。

長峰柊磨は、桜沢純に電話で「ねぇ、この前甘えても良いって言ったよね?」と事情を説明して、お店を手伝ってもらう事になりました。

桜沢純・真山アリサ・清宮響子たちがお店の手伝いをする事によって、何とか団体客たちを満足させる事ができたので、長峰柊磨はホッと胸をなでおろします。

そこへ岩橋要がお店へ戻ってきますが、就活は過去の経歴を問題視されてダメだったのです。実は、岩橋要は証券会社で働いていた時に、多くの顧客を騙して1年の実刑判決を受けた事があったのです。

はたして、このままサリューは閉店してしまうのでしょうか?

『オーナーの次郎役の小市慢太郎ぱるるに映画で迫る?』

サリューのオーナー 次郎役を演じていた小市慢太郎さんは、映画『劇場霊』で、劇場の監督役を務めていました。

錦野豪太(演:小市慢太郎)は、若い女優の水樹沙羅(演:島崎遥香)を抜擢しようとしますが、その見返りとして体を求めようとしたら、拒絶されてしまいます。

そこで、錦野豪太は違う女優の野村香織(演:足立梨花)にも、体を求めて、深い関係に堕ちていきました。しかし、劇場では恐ろしい心霊現象が起きていくので、水樹沙羅が止めようとして、それが原因で劇場が台無しにされてしまうのです。

野村香織から「ひどいよ、私がやっと掴んだチャンスなのに」と抗議されてしまって、小市慢太郎さんが少し悪どい役を見事に演じていて、なかなかスリルのあるホラー映画に仕上がっています。

ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの? 第6話』の見所とまとめ

引用:https://www.ktv.jp/koimaji/

第6話では、オーナーの次郎(演:小市慢太郎)が、店を閉めようとしますが、岩橋要の経歴を考えたら、仕方のない所がありますね。

しかも、息子が物足りないと感じてしまったら、閉店もやむを得ないと思いますが、恐らく息子に奮起して欲しくて、あえて店を閉めると通告したのかもしれません。

www.akira-movies-drama.com劇場霊は、なかなか迫力があるホラー映画でしたが、小市慢太郎さんは少し悪どい役を演じているイメージがありますね。しかし、今作はあまり、悪どい感じがしないので、今後はどんな事をしてくるのか?気になる所です。