富士宮あやか(貫地谷しほり)が女性総理大臣を救う方法があった!映画『総理の夫』

映画『総理の夫』では、広報官の富士宮あやか(貫地谷しほり)が女性総理大臣を退陣に追い込んでしまいますが、実は助ける方法があったので詳しく紹介します。

映画『総理の夫』のキャスト

日本のコメディ映画『総理の夫』は、2021年9月23日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • 相馬日和(演:田中圭)女性総理大臣の夫
  • 相馬凛子(演:中谷美紀)日本で初の女性総理大臣になった人物
  • 相馬多和(演:片岡愛之助)相馬日和の兄弟
  • 相馬崇子(演:余貴美子)相馬日和の母親
  • 富士宮あやか(演:貫地谷しほり)総理大臣を支える広報官
  • 小津智祐(演:嶋田久作)原久郎に睨みを効かせる女性総理大臣の部下
  • 島崎虎山(演:工藤阿須加)女性総理大臣を支える若手秘書
  • 伊藤るい(演:松井愛莉)相馬日和にアプローチする女性
  • 徳田実(演:木下ほうか)相馬日和と同じ職場の社員
  • 原久郎(演:岸部一徳)女性総理大臣を快く思わない政治家

主題歌

総理の夫の主題歌は、miwaさんの『アイヲトウ』です。

映画『総理の夫』のストーリー

相馬日和は、妻から「もし、私が日本の総理大臣になったら、どうする?」と聞かれてしまいますが、この言葉が全ての始まりでした。

それから北海道に向かって仕事をして、家に帰ろうとしたら携帯電話に多くの着信があり『何だ、これは?』と思っていたら、広報官の担当 富士宮あやかが現れて「これからは、私の知らない事をしようとするのは謹んで下さい」と注意されてしまいます。

「え?広報官」「もしかしてニュース見てないんですか」

何の話だと思っていたら、ニュースで妻が日本初の女性総理大臣になった事を知ってしまいます。つまり、日本では女性総理大臣の夫になるのも、初の事だったのです!

相馬日和は、広報官から、直接連絡を取り合う専用の携帯電話を渡されますが、それにはGPS機能が搭載されていて、少しでも無断で外出すると、富士宮あやかから「勝手に外出しないで下さい」と注意されてしまう始末でした。

相馬凛子の政党は議員数が少なかったのですが、民進党と連携しながら、ストレートに自分の考えを主張するので、多くの国民は絶賛されます。消費税を増税しようとしても、支持率は63%も記録して、何の問題もない船出となります。

しかし、原久郎は相馬日和にハニートラップをしかけたり、消費税を途中で反対して連立を離脱したりして、揺さぶりをかけてきました。相馬凛子は、総理大臣の伝家の宝刀『衆議院解散』をして対抗します。

増税と言っておきながら、はたして選挙で勝つ事ができるのでしょうか?

富士宮あやか(貫地谷しほり)が女性総理大臣を救う方法』

女性総理大臣が妊娠してしまって、世論では支持する割合が少なくて、最も多い割合が『分からない』というものでした。

そんな状況の中、女性総理大臣は体調を崩して公務を全うする事ができなくなり、富士宮あやか(演:貫地谷しほり)は広報官として見ていられなくなります。

富士宮あやかは、わざとマスコミにリークして、あっという間に報道されてしまって、退陣に追い込まれてしまうのです。

しかし、富士宮あやかが女性総理大臣を助ける方法があって、それは女性総理大臣として初の産休を取り、日本全体で産休を積極的に取れるように訴えて、少子化対策の改善に乗り出すという方法でした。

そのためには、産休に積極的に乗り出さない企業には特別に法人税を上げるなど方法はいくつでもあったはずです。それを考えたら、広報官として凄く残念な行動でしたね。

『総理の夫』と他の映画を比較

今作の他にも、映画『決戦は日曜日』でも日本の政治をテーマにしていました。この映画では親の跡を継いで、川上有美(演:宮沢りえ)が政治家になろうとして、選挙戦に挑みます。

しかし、川上有美はあまり頭が良いほうではなくて、YouTuberの挑発に乗ってしまい「このクソガキ」と蹴っ飛ばしてしまう人物でした。

今作と同じように、政治をテーマにしながら、コミカルな部分の所が多いので、政治に興味がない方でも楽しみながら見られる作品です。

www.akira-movies-drama.com

『総理の夫』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、ポイントが貰えるので、そのポイントを利用して、映画『総理の夫』を無料で見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

映画『総理の夫』のまとめ

引用:https://www.amazon.co.jp/

総理の夫を見た感想について、詳しく解説します。

映画『総理の夫』のオススメ層

一般企業に勤めていた平凡な男性が、女性総理大臣の夫になって右往左往するので、なかなか面白い映画です。

一応、政治をテーマにしていますが、本格的な政策の話は少ないので、政治に興味がある方より、コメディ映画が好きな方にオススメしたい映画ですね。

  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

映画『総理の夫』の残念な所

相馬日和は、色々と大変な目にあってしまうので、同情する所はありますが、広報官を困らせてしまって「私、シングルマザーなので、これから子供を迎えに行かなくてはいけないんです!」と文句を言わせてしまうのは、少し情けないと思ってしまいました。

総理大臣になったら、総理大臣公邸へ引っ越さなくてはいけないのに、それについて相馬日和が『しっかり話し合わないといけない』と考え初めてしまいますが、この辺りは政治家の夫になった者として覚悟が足りなくて残念な所でしたね。

映画『総理の夫』の見所

相馬日和が、いきなり日本人初の女性総理大臣の夫になり、環境がガラリと変わるので、本当に女性総理大臣ができたら、こういう目にある男性が出来てしまうんだろうなぁと思ってしまいましたね。

富士宮あやかが、シングルマザーとして大変だった時に、相馬凛子から「あなたの力が必要なの、もし良かったら、私の所で働いていみない」と声をかけてもらいました。

このようにしなければ、シングルマザーが子供を育てる事が難しいのは、日本の大きな問題点だなぁと思わされてしまいましたね。この辺りは、コメディ映画でも、日本の改善すべきテーマを取り上げていて、大きな見所の一つでしたね。