鶴丸(演:きづき)の名前に八重が激しく動揺した訳!!大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第21話』

f:id:akira2013web:20220115131322p:plain

引用:https://www.amazon.co.jp

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第21話』では、八重(演:新垣結衣)が鶴丸(演:きづき)の名前に激しく動揺してしまうので、その理由について解説します。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第話』のキャスト

鎌倉殿の13人の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

北条家

源氏勢力

伊東家

その他

平氏勢力

藤原家

朝廷

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第話』のストーリー

鎌倉周辺では、土を掘り起こしていましたが、それは源頼朝八田知家が命じていた事でした。

北条義時は『なぜ、そんな事を』と納得できないでいたら、八田知家が現れて「お前、子供を預かってくれないか?」と鶴丸を預かる事になります。

その頃、源頼朝は全国から兵を集めて、奥州に攻め寄せますが、源義経のいなくなった藤原家は源氏の敵ではありませんでした。

しかし源頼朝は、藤原の当主の首をあげた部下を見て「主君を討つ奴など信用ならん、こやつの首をはねよ」と命じてしまい、鎌倉の御家人は戸惑いながらも「はっ」と従い、首をはねられる事になった者は「頼朝〜!」叫びなら処刑されてしまいます。

御家人たちは「九郎殿(源義経)は強かった。その九郎殿を裏切った藤原泰衡が処刑されたのは神罰」「それにしても、梶原景時が余計な事を言わなければ、九郎殿は死ななくてもよかった」と、一部で梶原景時に対する恨みの声があがりつつありました。

八重は、鶴丸が川に流されそうになってしまったので、助けようとして、何とか鶴丸は助け出されました。しかし、途中で八重の姿が見えなくなってしまったので、御家人たちは『川に流されてしまったのではないか?』と懸命に探し出そうとします。

大勢の御家人たちの努力もあって、ようやく八重を見つけ出しましたが、哀れにも、生き絶えていました。

その時、北条義時は遠くにいて、その悲しい知らせが届いていませんでした。

『八重が鶴丸(演:きづき)の名前に理由』

八重は、北条義時から頼まれて、ある少年の面倒を任されますが、その名前が鶴丸と聞いて、激しく動揺してしまいます。

なぜなら、八重と源頼朝の間に生まれた子供の名前が、千鶴丸という名前だったからです。

しかし、その当時は源頼朝は人質同然ぐらいの存在であり、平家が大きな力を持っていたので、八重の父上の命令により、千鶴丸は川に沈められて殺害されてしまいました。

八重は、愛する子供も救えなかった負い目もあり、似た名前の鶴丸が川に溺れていた時に、自分の子供と同じ目にあわせてはいけないと思ったのでしょう。

その甲斐もあって、千鶴は助かりましたが、八重が命を落としてしまったのは、もしかしたら千鶴丸が寂しくて、冥土へ連れていったのかもしれません。

『鎌倉殿の13人』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、無料で1200ポイント(1200円分)を貰えて、このポイントを使えば、実質0円で『鎌倉殿の13人 第1〜8話』を31日間は無料で見られます。

ただし、本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第話』の見所とまとめ

第21話では、鶴丸を助けるために八重が命を落としてしまうので、何ともやるせない内容でした。

次回では、いよいよ源頼朝征夷大将軍を任じられますが、それまでは征夷大将軍は朝廷の敵を征伐するための要職とされていましたが、それが幕府を開ける要職になっていきます。

それを始めたのが源頼朝なので、性格は嫌な英雄ですが、日本の歴史において重要な人物だった事は間違いないでしょう。