家田仁子役の田辺桃子と松井愛莉が男を巡り火花を散らす?ドラマ『受付のジョー 第6話』

ドラマ『受付のジョー 第6話』では、家田仁子(演:田辺桃子)と春口光咲(演:松井愛莉)たちが男を巡り、火花を散らすので詳しく紹介します。

ドラマ『受付のジョー 第6話』のキャスト

受付のジョーは、日本テレビ系で2022年4月25日から放送開始されました。

脚本&演出

  • 脚本:いとう菜のは
  • 演出:中茎強&保母海里風&伊野部陽平

登場人物&俳優

  • 城拓海(演:神宮寺勇太)受付の改革を提案する男性
  • 春口光咲(演:松井愛莉)城拓海に同期
  • 花房カレン(演:トリンドル玲奈)受付嬢のルールを忠実に守る女性
  • 佐知山瞳(演:西原亜希)受付チーフで城の改革案に反発
  • 家田仁子(演:田辺桃子)最初だけ城に好感を抱いた受付嬢
  • 熊本淑子(演:美山加恋)冷静な性格をした受付嬢
  • 林姫乃(演:冨手麻妙)総務部の女性社員
  • 高木義彦(演:六角慎司)総務部の男性社員
  • 西大輔(演:田村健太郎)城の先輩社員
  • 藤堂武徳(演:橋本じゅん)城の上司

ドラマ『受付のジョー 第6話』のストーリー

城拓海は、高木義彦統括部長から「佐知山チーフが辞めたんだって、他の三人はどうなるんだ?」「はい、他の3人の方には、希望の部署を聞いて異動という事になります」

「つまり、受付は無人になるという事だな」「はい、それは当初の計画でしたので」

いよいよ、受付がなくなってしまうのかと緊張してしまいますが、今日から、同期の春口光咲が総務に配属される形で出社する事になりました。

城拓海は、可愛らしい同期の春口光咲と会社で会ったら、頬が緩んで嬉しそうになってしまうので、家田仁子から「デレデレじゃん」とムスッとしてしまいます。

花房カレンからは「彼女じゃないよ、城くんの同期だよ」と言われますが、今まで好意を抱いていた城拓海に、仲が良さそうな女性が現れたので、心中は穏やかなものではありませんでした。

休憩時間になり、林姫乃と春口光咲たちがやってきて、一緒にお茶を楽しむ事になります。家田仁子は、春口光咲に対抗心を燃やしてしまいますが、あまりにも可愛らしい笑顔を見せる春口光咲には叶わないと思ってしまうほどです。

花房カレンが、アイコンタクトをしてきて、林姫乃は二人の微妙な関係に気付いてしまって「そろそろ、他の所にも挨拶をしないといけない」と言って、二人は立ち去っていきました。

城拓海を巡って、春口光咲と家田仁子が複雑な三角関係に陥ってしまいますが、どうなってしまうのでしょうか?

『家田仁子役の田辺桃子松井愛莉が男を巡り火花を散らす』

家田仁子(演:田辺桃子)は、以前から城拓海(演:神宮寺勇太)の事が好きだっただけに、城拓海と仲良く喋る春口光咲(演:松井愛莉)に対抗心を燃やしてしまします。

春口光咲は笑顔で接してきますが、ぎこちない顔をしてしまい、男を巡って火花を散らしてしまいました。

しかし、家田仁子は『あの笑顔に負けてしまった。城くんがデレデレするのも分かった』と半ば降参の形に追い詰められてしまいますが、今後も男を巡って、二人が冷戦状態に陥るのは間違いないでしょう。

ドラマ『受付のジョー 第6話』を無料で見る方法

動画配信『Hulu』で初めて入会した場合には、ドラマ『受付のジョー 第1〜6話』を、14日間は無料で見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。
14日間を過ぎたら、月額1,026円(税別価格)かかるので、14日の間に今後もHuluを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

ドラマ『受付のジョー 第6話』の見所とまとめ

引用:https://www.ntv.co.jp/uketsukenojo/

第6話では、複雑な三角関係に陥ってしまいますが、次回は城拓海が同期の春口光咲(演:松井愛莉)を守ろうとするので、家田仁子(演:田辺桃子)が、どんな反応を示すのか、気になる所です。

松井愛莉さんと田辺桃子さんは、どちらとも凄く可愛らしい女優さんなので、二人が火花を散らすのは、なかなか迫力があります。

しかし、どちらかと言えば、家田仁子ばかりが対抗心を燃やして、春口光咲のほうがスルーしている感じですね。