AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


高見沢安奈役の瀧内公美が上野樹里と対立する理由とは?ドラマ『持続可能な恋ですか? 第7話』

ドラマ『持続可能な恋ですか? 第7話』で、高見沢安奈(演:瀧内公美)と沢田杏花(演:上野樹里)が対立する可能性があったので詳しく紹介します。

ドラマ『持続可能な恋ですか? 第7話』のキャスト

持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜は、TBS系列で2022年4月19日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 沢田杏花(演:上野樹里)父親と一緒に婚活するヨガインスタクター
  • 沢田林太郎(演:松重豊)沢田杏花の父親で、妻に先立たれた男性
  • 沢田陽子(演:八木亜希子)沢田杏花の母親で、林太郎の妻
  • 東村晴太(演:田中圭バツイチで息子がいるシングルファーザー
  • 東村虹朗(演:鈴木楽)東村晴太の息子
  • 不破颯(演:磯村勇斗)沢田杏花と18年ぶりに再開する幼馴染
  • 日向明里(演:井川遥)婚活で沢田林太郎と知り合う女性
  • ヴァネッサ・夏子・グラント(演:柚希礼音)ヨガスタジオのオーナー
  • 大石理歩(演:水崎綾女)沢田杏花の親友
  • 浅木鈴(演:清水くるみ)恋人との結婚に悩む女性
  • 児玉千尋(演:武田玲奈)沢田林太郎に優しくさとす担当編集者
  • 青山健心(演:鈴木康介)沢田杏花の職場の後輩
  • MIKAKO(演:ゆりやんレトリィバァ)ヨガのカリスマインストラクター
  • 高見沢安奈(演:瀧内公美)東村晴太の元妻

ドラマ『持続可能な恋ですか? 第7話』のストーリー

沢田杏花が東村晴太と親密な関係になってしまい、不破颯は少しショックを受けてしまい、旅に出かけていきます。MIKAKOは、詳しい事情は知らなくても、イケメンの動向を探り、自分にチャンスが来たとほくそ笑んでしまいます。

沢田杏花は、ヴァネッサ社長に「私、独立しようか悩んでいたんです」と打ち明けたら「そうだったのね、分かった。応援する。もし良かったら、今日は一緒に食事しない?」「良いんですか」「なに?独立を反対されると思っていた?」

少しイタズラっぽく笑ってしまう社長の表情を見て、沢田杏花は『やっぱり、話をして良かった』と安心しました。

沢田林太郎は、日向明里から『婚活の練習相手になって下さい』というトンデモない事を頼まれてしまいますが、それでも彼女と一緒にデートが出来るのは嬉しくて仕方ありません。

公園では、沢田杏花がシートの上に横になりながら「今の晴太さんと会えて良かったです。虹朗くんのいる晴太さんが好きです」と打ち明けますが、肝心の東村晴太は眠っていました。

その寝顔を見ると、思わず愛おしくなり、沢田杏花は、東村晴太の頬に『チュッ』とキスをしてしまいます。

東村晴太は、しばらくして目覚めると、元妻から連絡が来て、息子の虹朗の面倒を見る事になってしまいました。沢田杏花は「いいですよ、虹郎くんファーストで」と言ってくれるので「すいません」と謝って息子のもとへ走っていきました。

はたして、沢田杏花は、息子を最優先する男性と本当に上手く付き合っていけるのでしょうか?

『高見沢安奈役の瀧内公美上野樹里と対立していく?』

高見沢安奈(演:瀧内公美)は、東村晴太との間で生まれた息子よりも、優先したい事があって、途中で元夫に息子を預けてしまいます。

しかし、その元夫が、知り合ったばかりの沢田杏花と付き合っている事を知ってしまい『これは、ルール違反……かなぁ』と表情を歪めてしまいました。

高見沢安奈にとって、沢田杏花は大事なビジネスパートナーになる所であり、もう東村晴太とは離婚をしたので、元夫が誰と付き合っても問題がないように思えました。

しかし、もしも二人が付き合っていくと、自分が息子に会いづらくなってしまうので『このまま二人が恋人関係になれば、結婚しなかったとしても息子に会いづらくなってしまう』と考えたので「これはルール違反かなぁ」とつぶやいてしまったのでしょう。

そうなると、今後は高見沢安奈(演:瀧内公美)と沢田杏花(演:上野樹里)たちが、対立してく可能性があるので、目が離せなくなってきましたね。

ドラマ『持続可能な恋ですか? 第7話』の見所とまとめ

引用:https://www.tbs.co.jp/jizokoi_tbs/

第7話では、高見沢安奈(演:瀧内公美)と沢田杏花(演:上野樹里)が対立していきますが、東村晴太が二人の対立を回避させる事ができるのか?

そこが今後の注目ポイントになっていくかなという感じですね。しかし、このドラマは刺激の少ない恋愛ドラマになっているので、あくまでも続けるべき恋なのかどうか?そこが、このドラマの見所なのでしょう。