笹沼役のソニンが美女に早変わりするメイク術を披露!ドラマ『悪女 第9話』

ドラマ『悪女 第9話』で、笹沼役を演じていたソニンさんが、短時間で美女に早変わりするメイク術を披露していたので、詳しく紹介します。

ドラマ『悪女 第9話』のキャスト

悪女は、日本テレビ系で2022年4月13日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物

  • 田中麻理鈴(演:今田美桜)株式会社オウミでやる気だけがあるドジな社員
  • 峰岸雪(演:江口のりこ)田中麻理鈴に仕事を教える先輩社員
  • 大井美加(演:志田未来)少し引っ込み思案だった営業社員
  • 小野忠(演:鈴木伸之)峰岸雪に敬意を表すエリート社員
  • 山瀬修(演:高橋文哉)清掃社員から正社員になった男性社員
  • T・O(演:向井理)田中麻理鈴に好意を抱かれている男性
  • 夏目聡子(演:石田ひかり)人事部の課長
  • 森岡巧(演:和田雅成)人事部で小野忠と親しい同期
  • 白田哲士(演:荒牧慶彦)営業で、小野忠と同期
  • 三瓶花子(演:渡辺江里子)カスタマーセンター部の社員
  • 梨田友子(演:石橋静河マーケティング部の社員
  • 川端光(演:近藤春菜)エンジニア部の社員
  • 竹内(演:佐戸井けん太)備品管理課の課長
  • 山瀬修(演:高橋文哉)内定前に清掃の仕事をしていた男性
  • 笹沼(演:ソニンシリコンバレーで経験を積んだ女性
  • マミコ(演:桜井ユキ)育児と仕事の狭間で悩む人物

ドラマ『悪女 第9話』のストーリー

峰岸雪は、オウミの管理職の半数を女性にする計画『JK5』を推し進めていて「麻理鈴、あなたは上を目指さない女性を切っていくのよ」と命じてしまいます。

田中麻理鈴は『上を目指さない女性なんていないハズ』と思っていましたが、実際にシリコンバレーで経験を積んだ笹沼は、リーダーシップを発揮して商品のラベルを外すように指示していました。

マミコは、子供がいるのに、それをサポートしてくれると聞いて、管理職になろうと頑張ろうとします。しかし、その一方で、T・Oたちは女性たちを管理職にしようとして、多くの男性管理職を解雇しようと動き出してしまいます。

山瀬修は、その事実を知ってしまいますが、田中麻理鈴がT・Oに恋していたので、その事を上手く伝えられないでいました。

笹沼は、自分なりに仕事を推し進めようとしますが上手くいかず、部下たちは自分を無視して、仕事を自分よりも上のほうに伝えるようになって、お飾りの女性管理職になってしまいます。

マミコも、周りの社員に厳しく指導していたら、周りの社員たちから「いいですよねぇ、俺たちの稼ぎで、子供の面倒を見てもらっているくせに」「ちょっと、聞こえるって」と陰口を叩かれていました。

しかも、マミコは育児が少しおろそかになってきて、夫と離婚しそうになっている上に、管理職を辞めようとする女性社員も出てしまいます。

峰岸雪は、その知らせを聞いても「減った分は、外からヘッドハンティングして補充して、離婚した女性には手当を増やして」と冷たく指示をしてしまい、田中麻理鈴は「そんな、人をモノのように」と絶句してしまうのです!

『笹沼役のソニンが美女に早変わりするメイク術を披露』

笹沼役を演じていたソニンさんは、ミュージカル『オリバー!』に出演していて、短時間で美女に早変わりするメイク術を動画で披露していました。

そこでは、メイクで顔の立体感を出すようにしていて、目元も短時間で華やかになっていきます。

チークする時には、点を置くようにして、ナチュラルメイクにしていき、可愛らしさを演出していきます。

リップは、かなり赤く塗っていくので、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、大人の女性としての美しさを際立たせるメイク術が披露されているので、気になる方は参考にしてみるのも悪くはないでしょう。

ドラマ『悪女』を無料で見る方法

動画配信『Hulu』に初めて入会した場合には、ビジネスドラマ『悪女』シリーズの第1〜3話を見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年月4時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。
14日間を過ぎたら、月額1,026円(税込価格)かかるので、14日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

ドラマ『悪女 第9話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220413232614p:plain

引用:https://www.ntv.co.jp/waru2022/

第9話では、峰岸雪(演:江口のりこ)やT・O(演:向井理)たちが、冷淡に改革を推し進めようとするので、山瀬修(演:高橋文哉)が反発してしまいますが、改革を早めようとすると、どうしても歪(ひず)みが出てしまいます。

しかし、日本では保守的な人が多いので、簡単に改革ができないので、少し強引なやり方でないと、変えられないので、その辺りは難しい所だなと思ってしまう所です。

個人的には、ソニンさんがお飾りの女性管理職について苦悩する表情を浮かべてしまう所が、少し痛々しい感じがして辛く感じてしまいましたね。