新木優子と中川大志のドラマの主題歌!作ったのは大学生?

新木優子さんと中川大志さんが出演したドラマ『ボクの殺意が恋をした』の主題歌は、現役大学生が作ったという噂があるので、それが本当か詳しく紹介します。

新木優子中川大志のドラマの主題歌を作ったアーティスト

ドラマ『ボクの殺意が恋をした』の主題歌『花占い』を作ったのは、Vaundyという方で、2000年生まれの22歳。つまりは、この曲を作った時は、紛れもなく現役の大学生という事です。

大学生で、新木優子さんと中川大志さんたちがビック共演したドラマの主題歌を担当できるとは、恐ろしいとしか言いようがありません。

こんな凄い人がいるのに、自分は何をやっているのだろうか?と思ってしまいがちですが、こんな若い方でも、ここまでやれるなら、自分はブロガーとして頑張らなくてはと思ってしまうばかりです。

新木優子中川大志のドラマの主題歌に込められた想い

Vaundyが、ドラマの主題歌を担当するのは、花占いを初めての事でした。そういった事もあってでしょうか?この歌には『ドキドキして踊り出したくなるような曲にしたい」とコメントしていました。

参照元https://e-talentbank.co.jp/news/music/239823/?type=desc

テーマとしては、実る前の恋を意識して作られたようですね。

実際に、歌詞には『僕達は千年後もまだ、同じ様にまってんだ。笑っちゃうよね』とあり、なかなか恋が実らない事を嘆くような内容になっています。

あと一歩で、恋がスタートできそうなのにというもどかしさを歌っているような曲ですが、それを明るい曲調で完成されているので、そのギャップが人々を惹きつけるのかもしれません。

新木優子中川大志の共演ドラマを見られる動画配信

ドラマ『ボクの殺意が恋をした』では、鳴宮美月(演:新木優子)が漫画家をしていましたが、男虎柊(演:中川大志)の父親を殺害したという疑いをかけられます。

男虎柊は父親の仇を討とうと思って、鳴宮美月に近づきますが、途中で、思わぬ事が起きてしまって、二人の間が急速に近づいていきます。

一体、二人の間に何があったというのか?それは動画配信『Hulu』に入会して、このドラマを見れば分かります。

初入会の方であれば、14日間は、ドラマ『ボクの殺意が恋をした』を無料で見られます。

14日を過ぎても、月額料金1,026円を払えば、引き続き、このドラマを見られます。ただし、2022年6月時点の情報なので、注意して下さい。