AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


長澤俊哉が天沢雲海に再び寝返った理由を解説!ドラマ『競争の番人 第2話』

ドラマ『競争の番人 第2話』では、長澤俊哉が天沢雲海に再び寝返ってしまうので、その理由について紹介します。

ドラマ『競争の番人 第2話』のキャスト

フジテレビ系のドラマ『競争の番人』は、2022年7月11日から放送開始されました。

脚本&原作

  • 脚本 :丑尾健太郎神田優&穴吹一朗&蓼内健太
  • 原作:新川帆立

登場人物&俳優

  • 小勝負勉(演:坂口健太郎公取委ダイロクの男性審査官
  • 白熊楓(演:杏)犯人を逃してしまいダイロクに左遷される女性
  • 大森徹也(演:黒羽麻璃央)白熊楓の恋人
  • 桃園千代子(演:小池栄子)ダイロクの主査
  • 風見慎一(演:大倉孝二)ダイロクのキャップ
  • 六角洸介(演:加藤清史郎)審査官
  • 本庄聡子(演:寺島しのぶ)ダイロクを立ち上げた女性
  • 藤堂清正(演:小日向文世国土交通省事務次官
  • 緑川瑛子(演:大西礼芳)小勝負勉の同期
  • 紺野守里(演:石川萌香)デジタル解析チームに所属する女性
  • 天沢雲海(演:山本耕史)ホテル天沢のオーナー
  • 長澤俊哉(演:濱津隆之)ホテル天沢のホテル長
  • 石田正樹(演:武田航平)フラワーショップの店長
  • 石田七瀬(演:野村麻純)石田正樹の妻
  • 碓井健司(演:赤ペン瀧川)プライダル部門長

ドラマ『競争の番人 第2話』のストーリー

天沢雲海たちが、フラワーショップに不当な下請けイジメをしていたのは明白でしたが何も証拠をつかめずにいました。

ダイロクの小勝負勉たちは、ホテル天沢のウェディングにおけるカルテルを探し求めていましたが、天沢雲海は鉄壁なガードを敷いていたので、もどかしい日々が続きます。

それどころか、天沢雲海はダイロクの動きを封じようとして、逆にマスコミを利用して「花屋たちが結託して、我々に不当な圧力をかけているんです」と訴えてしまい、フラワーショップは下請けイジメされていたと訴えづらくなってしまいました。

しかも、ホテル天沢による納入業者イジメの調査は、年末までで終了という命令まで来てしまって、ダイロクはますます追い込まれていきます。

六角洸介は、ホテル長の長澤俊哉が退職したという情報を掴んで、ダイロクは詳しく事情を聞こうとしますが、長澤俊哉は何も喋ろうとしませんでした。

ダイロクは、ついに勝負に売って出て、天沢雲海がいないうちに、プライダル部門に乗り込んで、下請けイジメをしている証拠をつかむために調べ始めます。

天沢雲海は『マズイ事になった』と焦り始めますが、天沢雲海は嫌な予感がして、プライダル部門に戻ろうとしてしまい、監視役がそれに気づいて、電話で桃園千代子に「マズイです、天沢が戻ろうとしています」と連絡します。

「戻るって、何とかしなさいよ」と指示されますが「何とか……って、できる訳ないよなぁ』と思ってしまいました。

はたして、ダイロクは天沢雲海たちが戻る前に、下請けイジメをする証拠を見つける事ができるのでしょうか?

『長澤俊哉が天沢雲海に再び寝返った理由』

長澤俊哉は、ダイロクに協力して、プライダル部門を調べる事になりました。ところが、ラストシーンで、長澤俊哉が白熊楓たちを閉じ込めてしまい、再び天沢雲海に寝返ってしまいます。

なぜ、再び天沢雲海に寝返って、このような事をしたのでしょうか?

それはおそらく、再雇用をちらつかせながら「自分たちの不正がバレたら、お前も一緒に同罪になるぞ」と脅された可能性があるからでしょう。

これまでにも、不当な圧力をかけてきた男なので、長澤俊哉にそこまでの圧力をかけても不思議ではないハズです。

ドラマ『競争の番人 第2話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/

第2話では、いよいよ天沢雲海を追い詰めたかと思いましたが、長澤俊哉がなぜか裏切ってしまうので、次回はどうやって部屋から脱出するのか気になる所です。

それにしても、一時的にダイロクの白熊楓たちを閉じ込めておいて、その間に何をする気なのか?この後の展開がどうなるのか興味津々になってしまいます。