宮市亮が怪我が多い理由!韓国のラフプレーが原因?

サッカーの日韓戦で、宮市亮選手が大怪我をしてしまいますが、なぜか怪我を多くしてしまうので、その理由について解説します。

宮市亮が怪我が多い理由はラフプレー?

日韓戦では、韓国が闘志をむき出しになってプレイをするので、反韓の方たちは「韓国は、いつもラフプレーばかりする」と批判しがちです。

それでは、今回の試合で、韓国の選手がラフプレーをしたのでしょうか?自分は動画でじっくりと見たのですが、宮市亮が韓国の選手と接触した時がありますが、その時はボールを取り合って、競り負けて倒されてしまいました。

動画で見た限りでは、強引な倒し方をしている訳でもなければ、悪質なタックルをかけた訳でもありません。

そのため、ラフプレーによって怪我をした訳ではなくて、ここぞという時に競り負けてしまったのが今回の怪我の原因と言えます。

宮市亮は今までにも怪我を経験

宮市亮選手は、右膝前十字靭帯を断裂してしまいましたが、今までにも膝前十字靭帯の怪我が多かったです。

ドリブルをしていき、相手選手と激しく当たってしまう事があるので、怪我をしてしまうのは仕方のない所かもしれません。

膝前十字靭帯は、歩く・走る・ジャンプなどをする際に必要な箇所なので、サッカーをしていくには、よほどフィジカルが強くなければ怪我をしやすい箇所と言えます。

参照元https://entertaylor22.com/2012/

宮市亮選手は、183cmもあるので、それほど身長が低い訳ではありませんが、相手選手に倒されないほど、フィジカルが強くなっていけば、もう少し怪我をする回数が減っていくかもしれません。

ただし、何回も怪我をしていたので、あまり強引にプレイしようとしなくて、倒された可能性もあるので、このあたりはサッカーの難しい所ですね。

韓国よりもラフプレーが多かったチーム

韓国は、世界でも有数の反日国家なので、日本と試合をする時は、日章旗にケチをつけたり、猿のモノマネをしてバカにしてきたりしてきました。

そのため、思ったほどのラフプレーというのは少なくて、それよりも問題があったのは日中戦です。

中国はかつて、サッカーの試合で相手の首をしめたり、キックをかましたりして、とんでもない試合をして、世界から「カンフーサッカー」とさげすまされたほどです。

ただし、最近の中国は以前より変わってきていて、だいぶ紳士的なサッカーを行うようになり、大金を投入して、ヨーロッパから有力な選手を呼び寄せています。

そのため、今では日本・韓国・オーストラリアがアジアでは強豪と思われていますが、10年後ぐらいには中国も強豪になるかもしれません。