AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


後藤田健斗役の森田甘路が電車内で良からぬ事を妄想?ドラマ『赤いナースコール 第4話』

ドラマ『赤いナースコール 第4話』で、後藤田健斗役を演じていた森田甘路さんが、電車内で良からぬ事を妄想してしまうので詳しく紹介します。

ドラマ『赤いナースコール 第4話』のキャスト

赤いナースコールは、テレビ東京系列で2022年7月11日から放送開始されました。

企画&監督&脚本

  • 企画 :秋元康
  • 監督:本橋圭太&上田迅
  • 脚本:宮本武史&服部隆&吉﨑崇二

登場人物&俳優

  • 春野翔太朗(演:佐藤勝利)若手の脚本家
  • 三森アリサ(演:福本莉子)春野翔太朗の恋人
  • 榎木田誠(演:鹿賀丈史)病院の院長
  • 西垣小百合(演:浅田美代子)春野翔太朗を担当する新人看護師
  • 石原祐二(演:板尾創路)春野翔太朗を担当する医師
  • 山根ミク(演:ベッキー)トゲのある言い方をする看護師
  • 松井時雄(演:木村了)PVでお経をタイピングする患者
  • 津田八郎(演:山本浩司)競馬新聞が好きな患者
  • 滝中良一(演:橋本淳)トラックの運転手
  • 藤田健斗(演:森田甘路)計算やドリルに集中する患者
  • 下塚半太(演:大水洋介焼肉店の経営者
  • 工藤文世(演:池田鉄洋)春野翔太朗を疑う刑事
  • 加藤桜(演:堀口紗奈)工藤文世と一緒に行動する刑事

ドラマ『赤いナースコール 第4話』のストーリー

外で殺害された女性は、松井時雄が入れ込んでいた女性の可能性が高かったので、周りの患者たちは「犯人は松井なんじゃないのか」と騒ぎ始めます。

しかし、すでに刑事たちが松井時雄の自宅に迫っていて、ドアをノックしますが、何も反応がありませんでした。そこで、ゆっくりと部屋に入っていくと洗濯機が回っていて、その中には切断された手首が入っていたのです!

さらに、部屋の中では松井時雄が殺害された状態で見つかってしまい、その知らせは工藤文世の耳に届いてしまって「きっと、この病院の誰かが犯人だ」と疑ってしまいます。

春野翔太朗たちは『どうやって、入院している状態で、外まで行って人を殺害できるんだ』と憤ってしまいますが、工藤文世刑事は「きっと誰かが仮病を装って、体がピンピンしているに違いない」と睨んでしまうのです。

三森アリサは、自分の顔が何も傷がなかったのに、包帯をずっと巻かれている状態にされていた事に不信感を抱いていました。

そんな時に、認知症と思われていたおばあさんが、やってきて「この病院はおかしい、早く逃げるんだ」と教えてきたのです。

三森アリサは、顔に大きな傷があると嘘をつかれていた事を打ち明けて、彼氏にも合わせてもらえない事を相談したら、おばあさんは「私に良い考えがある」

それから、おばあさんは認知症を装いながら、春野翔太朗に「お前は何人、人を殺せば気がすむんだ!」と迫りつつ、密かに紙切れを渡します。

春野翔太朗は一人になった時に、その紙切れを見てみたら、三森アリサが深夜にある場所で待ち合わせしようと書かれていました。

それから夜になり、春野翔太朗は慎重に車椅子を動かして、待ち合わせの場所に向かいますが、今度こそ彼女と再会する事ができるのでしょうか?

『後藤田健斗役の森田甘路が電車内で良からぬ事を妄想』

藤田健斗役を演じていた森田甘路さんは、電車に乗っていたら、見事に誰もいなかったので『すげぇ……誰もいない。今なら全裸で走っても大丈夫だ』と思ってしまいますが、踏みとどまり『しないけど』と思ったようです。

自分は、そこまでは考えた事がなかったのですが、深夜に車が全くない状態で、赤信号で車を止めて待っていたのですが『こんなの待っていても意味ないなぁ』と思いながら、一応待っていた事がありました。

ところが、青信号になって車を発進させたら、草むらの近くでパトカーがライトをつけずに、おまわりさんが信号無視する車がないか監視していたのです!(苦笑)

あの時ばかりは、深夜とは言え、ルールを守っていて良かったなぁと思いましたね。

ドラマ『赤いナースコール 第4話』の見所とまとめ

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/akanasu/

第4話では、認知症と思われていたおばあさんが、実は病気を装っていましたが、明らかに怪しい感じがしましたから、あまり驚きがなかったです(苦笑)。

ラストシーンでは、チェンソーらしきものを持った人影が見えたので、この後どうなるのか?予断を許さない状況ですね。

主人公がいる病室では、次々に人が殺害されているので、今度は後藤田健斗(演:森田甘路)なのか?その辺りも気になる所です。