AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


映画『ダイナソー・ワールド』を無料で視聴する方法

VRゲームで恐竜と戦う映画『ダイナソー・ワールド』を無料で視聴できる方法について、紹介します(6つの動画配信サービスを比較して紹介しています)。

映画『ダイナソー・ワールド』を無料で視聴する方法

日本では、動画配信サービスがいくつもあって、6つの動画配信の中で、映画『ダイナソー・ワールド』を無料で見られるのはU-NEXTだけです(2022年8月時点の情報)。

動画配信サービス名 月額料金(税込) 無料期間 配信状況 レンタル料金
U-NEXT 2,189円 31日間 有り 0円
Hulu 1,026円 2週間 無し 無し
FODプレミアム 976円 2週間 無し 無し
TELASA 618円 2週間 無し 無し
ABEMAプレミアム 960円 2週間 有り 無し
Amazonプライム 500円 30日間 無し 440円

Amazonプレミアムでも、配信されていますが、レンタル料金が440円かかるので、できるだけお金をかけたくないのであれば、U-NEXTのほうがオススメです。

U-NEXTは、初めて入会した場合には、31日間は見放題の作品を無料で見られるので、31日過ぎる前に退会したら、お金をかけずにダイナソー・ワルードの他にも、多くの映画やドラマを無料で見られます。

ただし、2021年8月時点の情報なので、詳しい事はU-NEXTサイトで確認してみて下さい。

映画『ダイナソー・ワールド』のキャスト

中国のアクション系の恐竜映画『ダイナソー・ワールド』は、2020年に制作されました。

監督&脚本

  • 監督:ライアン・ベルガルト 
  • 製作:フェン・イー
  • 脚本:クリス・ホイト&シン・ハイシャン&ウー・チェングレイ

登場人物&俳優

  • アレックス(演:シン・ユー)
  • エリック(演:ツオ・イー)イーソンと協力する男性
  • イーソン(演:スティーヴン・ハ)恐竜のよだれをたらされる男性
  • ピーター(演:マイケル・プ)
  • ジェレミー(演:サミュエル・ワン)
  • リリー(演:フォン・クバキ)
  • ビビアン(演:トレイシー・ユー)エリックに治療してもらう女性

映画『ダイナソー・ワールド』のストーリー

メンタル・アビススタジオでは、多くのプレイヤーたちが集まり、リアルなVRゲームで、恐竜から逃げるゲームをして、その結果次第で、多くの賞金を貰える事になっていました。

参加者たちは、最初は『まぁ、リアルだがゲームだしな』と軽く考えていました。

ところが、イーソンは恐竜のよだれをたらされて、くさい匂いが離れなくて困ってしまい、エリックに「よだれがここまでリアルだと、食べられる時はどうなるんだ?」とつぶやいたら、仲間も『確かにそうだ』と顔が青ざめてしまいます。

エリックは、ビビアンが怪我していたので、手当てをしてあげると、イーソンから「出会い系か?」と茶化されてしまい「大きなお世話だ」と答えてしまうのです。

その頃、多くのプレイヤーたちはライバルを減らすために、色仕掛けをする女もいれば、子供に吹き矢で攻撃しようとする者まで現れてしまいました。

少年エリックは、汚い大人の手によって、命を落とてゲームオーバーになってしまい、現実世界に戻り「本当にリアルだったな」とつぶやいてしまいます。

エリックを守っていた男は『なんて汚い奴なんだ』と思って、復讐の機会をうかがっていたら、エリックやビビアンと出会い「あいつらに復讐したい、私と手を組まないか」と持ちかけますが、誰が賞金を獲得できるのでしょうか?

ダイナソー・ワールド』と他の映画を比較

ダイナソー・ワールドは、VRゲームで恐竜から逃げていきますが、映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』は小型の恐竜と市街地で熾烈な死闘を演じる事になります。

人気シリーズ『ジュラシック』の作品なので、今まで培われた恐竜の演出は見事なものがあり、今作よりも迫力があるので、刺激的な恐竜映画を見たい方には、ジュラシック・ワールド/新たなる支配者はオススメです。

www.akira-movies-drama.com

映画『ダイナソー・ワールド』のまとめ

ダイナソー・ワールドを見た感想について、詳しく解説します。

映画『ダイナソー・ワールド』のオススメ層

恐竜映画は、実際に襲われる映画ばかりでしたが、今回はゲームの中で恐竜に襲われる作品なので、今までにない恐竜映画を見たい方には、オススメですね。

恐竜は人間たちを襲っていきますが、それほどグロテスクな場面は出てこないので、子供でも見やすくなっています。

そのため、家族でそろって見るのも悪くはないでしょう。

  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『ダイナソー・ワールド』の残念な所

恐竜が出てきますが、かなり合成のような感じがして、そこは少し興ざめする所でしたね。

もう少しリアルに演出できていれば、もっと違う映画になっていたので、そこだけが残念な所です。

映画『ダイナソー・ワールド』の見所

恐竜から、どのようにして逃げていくか?ではなくて、人間たちの間で駆け引きが行われていき、誰が賞金を獲得できるのか?その人間模様が大きな見所になっています。

中国が作られた恐竜映画なので、どうかなと思っていましたが、思ったよりも迫力があったので、なかなか面白みがありましたね。

ゲームだったので、武器に手に入れる事ができたり、恐竜を操るオプションを手に入れたりする事ができて、恐竜映画というよりは少し変わったサバイバル映画という感じがしましたね。