AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


天川文哉役の栗原類が鈴木奈々に損害賠償を請求?ドラマ『運命警察 第6話』

ドラマ『運命警察 第6話』で、天川文哉役を演じていた栗原類さんが、鈴木奈々さんに損害賠償を請求しようとするので、その理由について紹介します。

ドラマ『運命警察 第話』のキャスト

運命警察は、テレビ東京系列で、2022年7月13日から放送開始されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • 福山七瀬-福田七男(演:片寄涼太)飛び降り自殺に巻き込まれる男性
  • 長野命(演:江藤萌生)女優になる事を夢見る少女
  • ゼロ(演:水野美紀)運命警察『エリア7777』のリーダー
  • 村西徹(演:後藤剛範)運命のイタズラで亡くなってしまう男性
  • 幹夫(演:平井亜門)生きながらえた男性
  • 影山健太(演:若林元太)ゼロが送り込んだエージェント
  • 天川文哉(演:栗原類)非運命分子のリーダー

ドラマ『運命警察 第6話』のストーリー

福田七男は、ビルの屋上で、幹夫に「僕は、あなたを助けた事を後悔しています」と語りかけてしまい「ですよね、僕はあれから、自分のせいで死んでしまった方の両親に会ってきました」

思いがけない言葉に動揺しながらも「それで……どうでした?」と聞くと「息子の分まで生きて下さいと、僕を許してくれました」「あなたは、その人の分まで生きなくてはいけません」

エリア7777に戻り、ゼロから「運命を変えるのは、我々の仕事ではありません。何があっても、長野命がオーディションに合格しないようにしなさい」「で、でも」

命令に従おうとしない福山七瀬に、うっとうしく感じてしまい「しっ!しっし!」と虫を追っ払うかのように、手で行くようにジェスチャーをするので、しぶしぶ下の世界へ戻っていきます。

そこに、新しい清掃員の影山健太が入ってきて、一緒に仕事をする事になり、福田七男は違う所を掃除しようとしたら、何者かに腕を引っ張られてしまいました。

「な、なにをするんですか?」と憤ると「しっ!ここは運命分子のカメラに映りません。僕は非運命分子のリーダー天川です」と教えられます。

天川文哉は「自分は運命警察で、泥棒の運命を見守っていましたが、運命警察の仕事を忠実に守っていたら、姉はその泥棒に殺されてしまいました。運命を書き換える事こそ、運命ではありませんか?」と勧められます。

はたして、福田七男も運命警察を裏切ってしまうのでしょうか?

『天川文哉役の栗原類鈴木奈々に損害賠償を請求』

天川文哉役を演じていた栗原類さんは、鈴木奈々さんと一緒に『第9回 日本シューズベストドレッサー賞』の会見に臨んだ事がありました。

その時に、栗原類さんは蛇の頭がついた靴を披露したら、鈴木奈々さんが「触りたぁい」と指でツンツンしようとしたら「ダメです!損害賠償を請求しますよ」と警告してしまいます。

鈴木奈々さんは「なんで、触らせてくれないのぉ?」と納得できませんでしたが、栗原類さんにとっては、それほど大事な靴だったのでしょう。

ドラマ『運命警察 第6話』の見所とまとめ

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/unmeikeisatsu/

第6話では、ついに非運命分子のリーダー天川文哉(演:栗原類)が登場しますが、どう考えても、非運命分子のほうが正しい事を行おうとしていますね。

今後は、福田七男と天川文哉が連携をして、運命分子と戦っていき、無情な運命を変えていって欲しいものです。