AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


眉子役の吉本多香美が驚愕の治療に快楽を覚える?映画『Jam Films Pandora -Hong Kong Leg-』

引用:https://www.amazon.co.jp

映画『Jam Films Pandora -Hong Kong Leg-』では、眉子役の吉本多香美さんが、驚愕の治療に快楽を覚えるので、詳しく紹介します。

映画『Jam Films コールドスリープ』のキャスト

日本のオムニバス形式のドラマ映画『Jam Films Pandora -Hong Kong Leg-』は、2002年12月28日に公開されました。

監督

登場人物&俳優

  • 眉子(演:吉本多香美)水虫に悩む女性
  • 青年(演:篠原さとし)山中で重労働する男性
  • 周(演:麿赤兒)眉子をある場所へ案内する中国人
  • 小僧(演:小柳正貴)周に従う男性
  • 女性(演:飛岡さや)眉子に声をかけられる女性

映画『Jam Films Pandora -Hong Kong Leg-』のストーリー

眉子は、急いで自宅にかけこみ「ハァ、ハァ、ハァ」と息を切らしながら、シャワー室で足の指を丹念に洗っていきました。

それから、眉子は「ここかな」とある場所を探しながら歩いていると、そこに中国人の周が「秘密ですか?」と聞いてきたので「え?」

「中国4000年、みんな悩んでいました。だから、神様。漢方薬をくれました。はい、はいはい。秘密の薬、よく聴く。あなたの秘密、教えてくれますね」

眉子は、正直に秘密を打ち明けて、足の指を見せると「あいや〜、これは見事な水虫、滅多にないね」と言われて、ある場所へ案内されます。

そこで、素足になって、赤い台座の中に足を入れるように指示されるので「薬って生き物を使うんですか?」と聞いてみると「生き物と薬を少し使います。足入れるね。」

恐る恐る、足を入れていくと、中から「ぴちゃ、ぴちゃ、ぴちゃ」と音がして、足はべったりと濡れてしまって「舌?それとも唾液」

「うん、舌、唾液。すごい万能ね」「誰が入っているの?」

周は「制限時間は15分ね」と言って立ち去っていき、眉子は再び足を入れると、そのあまりの快感に「はぁ……あっ、あぁ」と目をつむり、思わず天をあおいでしまいました。

眉子は、街中で水虫に悩む女性に「水虫ね?私もそうだから、でも、もう治るの」と語りかけて、笑顔で立ち去って行きます。

再び、眉子は屋敷に入り、台座に潜んでいた男に顔を近づけて、一緒に舌をからませて苦い薬を吐き出して「これで話せるはずよ」と話しかけても、青年は何も答えませんでした。

眉子は「もう帰っていいの?」と立ち去ろうとすると「待って!またいつものように」と言うので、再び足を入れて、青年は眉子の足の指を夢中にしゃぶりつきます。

はたして、青年は、なぜ、このような事をするのでしょうか?

『眉子役の吉本多香美が驚愕の治療に快楽を覚える?』

引用:https://thetv.jp/person/0000097343/

眉子(演:吉本多香美)は、水虫に悩まされて、足が痒くて仕方ありませんでした。しかし、周に案内されて、赤い台座の上に座るようにうながされて、台座の穴に足を入れるように指示されます。

『なんだろう?』と思いながら、足を入れてみると、そこに潜んでいた青年男性に足をピチャピチャと舐められて、その快楽に、思わず「はぁ……あっ、あぁ」と吐息をもらしてしまいました。

舐められるほうは良いかもしれませんが、水虫を舐めるのは、かなりハードな話で唖然とするシーンでしたね。

Jam Films』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、映画『Jam Films コールドスリープ』を無料で見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

映画『Jam Films Pandora -Hong Kong Leg-』のまとめ

Jam Films Pandora -Hong Kong Leg-を見た感想について、詳しく解説します。

映画『Jam Films Pandora -Hong Kong Leg-』のオススメ層

水虫に悩む眉子が、思わぬ治療に快楽を覚えるので、人にあまり言えない秘密を持っている方には、オススメしたい映画ですね。

  • 人に言えない秘密を持っている方:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『Jam Films Pandora -Hong Kong Leg-』の残念な所

水虫を舐めてもらうので、そのシーンに嫌気をさしてしまう方もいるかもしれないので、そこは要注意の映画ですね。

ただし、足の指を舐めてもらっても、実際に水虫になっている箇所が映し出される訳ではないので、普通の指を舐めてもらうので、そこはあまり気持ち悪くない感じはします。

映画『Jam Films Pandora -Hong Kong Leg-』の見所

若い頃の吉本多香美さんが出演していましたが、美術で登場する彫刻のように美しい顔立ちですね。

当時は、本当にあれほど美しい女性が実在するのかと思ってしまいましたが、今見ても、やはり凄く美しいです。

この映画では、吉本多香美さんが快楽を感じてしまうシーンが見られるので、ファンにとっては貴重な作品と言えますね。