AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


大庭蒼生(演:赤楚衛二)が放火してしまった理由を解説!ドラマ『石子と羽男 第8話』

ドラマ『石子と羽男 第8話』では、次回予告で大庭蒼生(演:赤楚衛二)が放火の疑いで逮捕されるので、その理由について解説します。

ドラマ『石子と羽男 第8話』のキャスト

石子と羽男-そんなコトで訴えます?-は、2022年7月15日から放送開始されました。

企画&脚本&演出

登場人物&俳優

  • 羽根岡佳男(演:中村倫也)高卒の弁護士
  • 石田硝子(演:有村架純)東大卒のパラリーガル
  • 潮綿郎(演:さだまさし)潮法律事務所の所長
  • 大庭蒼生(演:赤楚衛二)羽根岡佳男たちのもとで働く男性
  • 塩崎啓介(演:おいでやす小田)そば処 塩崎で働く人物
  • 香山信彦(演:梶原善)隠れ家をウリにしていた店主
  • 丹澤(演:宮野真守)羽根岡佳男と因縁のある弁護士
  • 香山洋(演:堀井新太)香山信彦の息子
  • 蘭(演:小池里奈)香山洋の妻

主題歌

ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』の主題歌は、RADWIMPSの『人間ごっこ』です。

ドラマ『石子と羽男 第8話』のストーリー

香山信彦は、隠れ家をウリにしていたのに、おかわり名人という匿名の者がネットに掲載してしまい「せっかく、隠れ家として上手くやっていけたのに」と憤ってしまいます。

羽根岡佳男たちは、香山信彦の要望を聞き入れて、その記事を掲載していたHP元の企業に対して、記事の削除と損害賠償を出すように要求しようとしました。しかし、向こうには、因縁の丹澤が担当弁護士となって、法廷で戦う事も辞さない構えでした。

店主には、息子夫婦が東京にいた事を知って、なんとか協力してもらおうと思っても

、息子の香山洋は「うちの親父は、採算を度外視していたので、お店の情報が知られるのは良いと思っています」と拒絶されてしまいます。

しかし、よく調べていくうちに、おかわり名人の正体が、お店でアルバイトとして働いていた女性と、香山洋の妻の蘭である事が判明しました。

二人は、情報を拡散する事により、お店の売り上げが良くなれば、理解してもらえると思っていましたが、次第に悪い口コミもあがるようになったので、記事を削除する事に同意します。

しかし、丹澤から「記事が投稿された以上は、その権利は企業側にあるので、あとは法廷で争いましょう」と宣告されてしまいました。

法廷では、丹澤は「香山信彦さんは以前に、お店の情報を公開した事があります。それなのに、今となって情報を拡散された事を訴えるのは無理があります」と主張しますが、羽根岡佳男たちは勝つ事ができるのでしょうか?

『大庭蒼生(演:赤楚衛二)が放火してしまった理由』

大庭蒼生(演:赤楚衛二)が、次回予告で、放火して疑いで逮捕されてしまいますが、否定しようともしませんでした。

なぜ、このような事になったのか?まずは、大庭蒼生はお店で携帯電話を充電していたら訴えられた事があり、少し相手に訴えられやすい事があげられます。

この時は、店主がお金に困っていたので、ほぼ難癖をつけて、大庭蒼生からお金を巻き上げようとしていました。

大庭蒼生は、転職するのが難しい時代に、なぜか転職をすぐに決めて、さらにボーナスまでもらって、羽根岡佳男たちをおごります。

思うに、転職先の企業が怪しい所であり、そこに世話をしてもらったので、会社の悪事を隠すために、自分がその罪を背負った可能性がありますね。

ドラマ『石子と羽男 第8話』の見所とまとめ

引用:https://www.tbs.co.jp/ishikotohaneo_tbs/

第8話では、因縁の弁護士を相手に、ほぼ勝利した形で終わりましたが、大庭蒼生(演:赤楚衛二)が放火してしまうとは意外でした。

恐らく無実だとは思いますが、転職先をかばったのか?もしくは好きな女性を相手に見栄を張るために、汚い事に手を染めたのか?その真相が気になる所です。