AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


石原祐二が榎木田誠院長から信頼されていた理由!ドラマ『赤いナースコール 第11話』

ドラマ『赤いナースコール 第11話』では、石原祐二が榎木田誠院長から信頼されていた理由について紹介するので、参考にしてみて下さい。

ドラマ『赤いナースコール 第11話』のキャスト

赤いナースコールは、テレビ東京系列で2022年7月11日から放送開始されました。

企画&監督&脚本

  • 企画 :秋元康
  • 監督:本橋圭太&上田迅
  • 脚本:宮本武史&服部隆&吉﨑崇二

登場人物&俳優

  • 春野翔太朗(演:佐藤勝利)若手の脚本家
  • 三森アリサ(演:福本莉子)春野翔太朗の恋人
  • 榎木田誠(演:鹿賀丈史)病院の院長
  • 西垣小百合(演:浅田美代子)春野翔太朗を担当する新人看護師
  • 石原祐二(演:板尾創路)春野翔太朗を担当する医師
  • 山根ミク(演:ベッキー)トゲのある言い方をする看護師
  • 松井時雄(演:木村了)PVでお経をタイピングする患者
  • 津田八郎(演:山本浩司)競馬新聞が好きな患者
  • 滝中良一(演:橋本淳)トラックの運転手
  • 藤田健斗(演:森田甘路)計算やドリルに集中する患者
  • 下塚半太(演:大水洋介焼肉店の経営者
  • 工藤文世(演:池田鉄洋)春野翔太朗を疑う刑事
  • 加藤桜(演:堀口紗奈)殉職した女刑事

ドラマ『赤いナースコール 第11話』のストーリー

夜中に、後藤田健斗は、三森アリサに「こんな事になるのは、春野くんのせい……」と言いかけた所で、後ろから電動ノコギリで切断されて、殺害されてしまいました。

三森アリサは、周囲から「なんで、そんな時間に後藤田と会っていたの」と言われるので「後藤田さんは、翔ちゃんを疑っていたみたいで」と打ち明けます。

春野翔太朗は「僕と院長先生が喋っていたのを見られたんですけど、院長先生が何で僕の脚本のドラマを知っていたんだろうと、僕も気になっていたんです」

そのドラマは、数年前に町田で起きた事件を題材にしたものでしたが、刑事も昔の事件と何か関連があったのか調べ始めていました。

工藤文世は、電話で連絡を取り合って「津田八郎が、町田で起きた事件の情報を売って、面白おかしく報道されて、遺族から訴えられたらしい」と患者たちに教えます。

病室には、津田八郎がいなくて廊下に出て行った後なので、春野翔太朗は「津田さんが危ない」と訴えるので、工藤文世は刑事たちに「津田八郎を早く探せ」

廊下の壁に塗られていた口紅の調査結果がようやく出て、そこには第三者の唾液が含まれていましたが、それは石原祐二の唾液でした。

工藤文世は、その調査結果を知って「ぶっ殺す」と殺意を抱きますが、体が不自由な状態だったので、三森アリサが車椅子を押してあげて、二人で石原祐二の所へ向かいます。

しかし、エレベーターに乗り込んだ所で、津田八郎が上半身と下半身が、真っ二つに切断された状態で殺害されていました。

刑事たちは、すぐに石原を探そうとしますが、そこに石原祐二が現れて「加藤さんの口紅の色がセクシーだったので、キスしておきましよ」と不敵な笑みを浮かべます。

工藤文世は、近くにいた刑事からピストルを奪い「石原ぁ!」と叫び、石原祐二を撃とうとしますが、どうなってしまうのでしょうか?

『石原祐二が榎木田誠院長から信頼されていた理由』

石原祐二は医師なのに、猟奇的な殺人を続けているほど冷酷な男でしたが、なぜか榎木田誠院長から信頼されていました。

その理由は、町田の事件の復讐を遂げるためには、冷酷に邪魔者を始末できる者が必要だったのでしょう。

今まで、石原祐二は極秘情報を保存されたデータも、榎木田誠院長に渡していたので、その信頼に見事に応えていました。

しかし、病院に残されたのは、あと院長ぐらいなので、これからも連続殺人が続くのかどうか?そのあたりが大きな注目点になりそうです。

ドラマ『赤いナースコール 第11話』の見所とまとめ

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/akanasu/

石原祐二と榎木田誠院長たちが手をくんで、連続殺人を続けていた事が分かりますが、それは数年前に起きた町田の事件が関係していたようです。

次は最終回なので、その町田の事件のエピソードが、もう少し詳しく出てくるのかなという感じなので、期待したい所ですね。