AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


魔村役の林田岬優が母親を恥ずかしがらせた事とは?ドラマ『新・信長公記 第10話(最終話)』

ドラマ『新・信長公記 第10話(最終話)』で、理事長の秘書 魔村役を演じていた林田岬優さんは、母親を恥ずかしがらせ事があったので詳しく紹介します。

ドラマ『新・信長公記 第10話』のキャスト

新・信長公記〜クラスメートは戦国武将〜は、2022年7月24日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

登場人物&俳優

主題歌

ドラマ新・信長公記〜クラスメートは戦国武将〜』の主題歌は、King & Princeの『TraceTrace』です。

ドラマ『新・信長公記 第10話』のストーリー

徳川家康は大きな深傷を負いますが、織田信長は、理事長に戦いを挑もうとします。そこに多くの大名たちもかけつけて、織田信長に加勢しようとしました。

理事長は「お前たちは、18歳まで生きられぬのに、ここで勝ったとしても、お前は長く生きられん」と言い放ちますが、大名たちは「長く生きる事が問題ではない。どう生きるかだ」と叫び、理事長と最後の戦いを挑もうとします。

理事長は、黒木甲冑を付けた部下を従えて、最後の戦が起きます。大名たちが斬りつけて、黒き甲冑を付けた部下が倒されても、すぐに起き上がってしまうのです。

『これは一体?』と驚くと、理事長は「こやつらは、戦うために生きておる者たちじゃ」と勝ち誇ります。

大名たちは苦戦をしいられてしまい、明智光秀が斬り殺されようとした時に、徳川家康が体を張って守ろうとして、斬りつけられてしまいました。

徳川家康は「人を守ってみるのも悪くはないなぁ」と静かに語り、命を落としてしまいます。

日下部みやびも、懸命になって戦いますが、黒き甲冑を付けた武士たちに包囲されてしまうので、織田信長は急いで助けようとしたら、血が『ドックン!ドックン!』と激しく反応してしまいました。

織田信長の目は赤く光り、昔の記憶が蘇り、昔の織田信長のDNAに完全に支配されようとします。

しかし、日下部みやびが何度も「信長くん、信長くん」と呼び続けていたら、織田信長の意識が再び戻り、理事長と戦おうとしますが、どちらが勝つのでしょうか?

『魔村役の林田岬優が母親を恥ずかしがらせた事』

引用:https://www.ytv.co.jp/shinchokoki/story/10.html

魔村役を演じていた林田岬優さんは、少女の頃から好奇心旺盛の方だったようで、幼稚園児の時は、将来はサーカスでピエロをしてみたいという夢を持っていました。

しかし、他の友達は、花屋で働く事を夢みている子供が多かったので、林田岬優さんのお母さんは少し恥ずかしい想いをしたようです。

参照元https://ashita.biglobe.co.jp/entry/2022/05/18/110000

そんな林田岬優さんでしたが、大人になるとスカウトをされて、ついに芸能界デビューを果たして、ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』や『真犯人フラグ』にも出演を果たして、現在も女優として活躍を続けています。

ドラマ『新・信長公記』を無料で見られる動画配信

動画配信『Hulu』に初めて入会した場合には、ドラマ『新・信長公記 第1〜9話』を見られるので、現代に蘇った戦国大名の白熱した戦(いくさ)を見る事ができます。

月額料金は1,026円(税込価格)かかりますが、初めてHuluを入会する場合には、入会してから14日過ぎないうちに、退会した場合は料金を負担しないで済みます。

そのため、面白いかどうか不安に思う必要もなく、気軽に入会できます。

ドラマ『新・信長公記 第10話』の見所とまとめ

引用:https://www.ytv.co.jp/shinchokoki/

新・信長公記も終わりましたが、もう少し面白いのかなぁと期待してしまいました。

やはり、歴史好きの自分としては、歴史にちなんだ戦いを増やして欲しい想いでしたが、それなりに歴史に関わる言葉も出てきたので、良かったかなという所もあります。

次からは、史実の歴史ドラマも出てこないかなと期待したい所です。