AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


田辺桃子がバレーボール選手で苦悩した3つのポイント!

田辺桃子さんは、ドラマ『オールドルーキー 』でバレーボール選手役を演じていましたが、意外なものに悩む所が3つもあったので詳しく紹介します。

田辺桃子が悩むポイントは好きな大谷亮平と別れる所?

ドラマ『オールドルーキー 』では、古川舞(演:田辺桃子)がバレーボール選手として周りから認められていて、海外移籍の声がかかっていました。

しかし、古川舞は、海外移籍を進めるビクトリーの社長たちに向かって「私は行きません」と言ってしまいます。

なぜ、海外移籍へ行かないと言ってしまったのか?それは日本国内でコーチをしてくれている宮野紘也(演:大谷亮平)と別れるのが嫌だったからです。

ビクトリーの深沢塔子(演:芳根京子)は、その事にあとから気づいてしまって「まさか、そういう理由だったなんて」と驚いてしまいました。

古川舞(田辺桃子)のバレーボールの選手生命

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 田辺桃子 (@momoko__tanabe)

www.instagram.com(引用)いくら好きなコーチと別れたくはないと言っても、海外の強豪チームに移籍できるのは、魅力的な話です。

しかし、いつまでも移籍をしぶっていたら、貴重なチャンスを逃してしまう事になり、こんなチャンスは二度と巡ってこないかもしれません。

スポーツ選手は、活躍できる期間が限られていて、それはバレーボールの選手も同じです。

そのため、古川舞(田辺桃子)は、残り少ない選手生命の中で、海外へ移籍するべきか悩んでいた訳ですね。

古川舞(田辺桃子)が期待の声を跳ね返す罪悪感

周りの人たちが「海外へ移籍できるんですよ?」と期待してくれているのに、好きなコーチと一緒にいるために、古川舞(田辺桃子)は、その声をハネのけなければいけませんでした。

『せっかく、自分に期待してくれているのに』と思ったハズで、それを田辺桃子さんが見事に演じきっていて、目の焦点が合わない感じで、うつむく事により、その罪悪感を現したのは見事でしたね。

田辺桃子の映画を見られる動画配信

田辺桃子さんは、映画『とんび』にも出演していて、この作品ではシングルファザーが、息子に母親が死んだ理由を隠しながら育てていました。

なぜなら、母親は息子を守るために命を落としたからです。そうとも知らず、市川旭(演:北村匠海)は、父親(演:阿部寛)に反発してしまいます。

少し、男くさい映画ですが、家族の強い絆を見たい映画を見たい方には、オススメの作品ですね。

www.akira-movies-drama.com動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、600ポイントをもらえるので、そのポイントを使って映画『とんび』を無料で見られます。

ただし、2022年10月時点の情報なので、詳しい事はU-NEXTサイトで確認してみて下さい。