AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


綿貫りさ(木村文乃)が志子田武四郎を敵視する理由!ドラマ『PICU 第1話』

ドラマ『PICU 第1話』では、綿貫りさ(木村文乃)が志子田武四郎を敵視するので、その理由について解説します。

ドラマ『PICU 第1話』のキャスト

PICU 小児集中治療室は、フジテレビ系で、2022年10月10日から放送開始されました。

脚本&演出&監修

登場人物&俳優

  • 志子田武四郎(演:吉沢亮)半人前の小児科医でも、PICUに配属される男性
  • 植野元(演:安田顕)北海道でPICUを立ち上げる科長
  • 綿貫りさ(演:木村文乃)訳ありの救急救命医で、PICUに配属される女性
  • 涌井桃子(演:生田絵梨花)志子田武四郎の幼馴染で、バスガイド
  • 矢野悠太(演:高杉真宙)志子田武四郎のほぼ兄弟同然の男性
  • 河本舞(演:菅野莉央)志子田武四郎と幼馴染で、小児外科医
  • 羽生仁子(演:高梨臨)PICUに配属された口の悪い女性医師
  • 今成良平(演:甲本雅裕)ベテラン麻酔科医
  • 東上宗介(演:中尾明慶)救命救急医
  • 浮田彰(演:正名僕蔵)河本舞の上司
  • 鈴木修(演:松尾諭)小児科科長で、武四郎の元上司
  • 鮫島立希(演:菊地凛子)北海道知事で、PICUを立ち上げる事に尽力
  • 渡辺純(演:野間口徹)PICUへの人材派遣を阻止しようとする救急科科長
  • 志子田南(演:大竹しのぶ)志子田武四郎の母親

ドラマ『PICU 第1話』のストーリー

志子田武四郎は、幼馴染たちと一緒にキャンプを楽しんでいましたが、これから医師として働く事を考えたら『みんなで、キャンプできるのは、これで最後かなぁ』という不安がよぎります。

楽しいキャンプも終わり、医師として働いていたら、鈴木修から「喜べ、栄転だよ。お前は、これからはPICUに異動だ」と言われて、志子田武四郎は一人になった所で『俺は認められたんだ』と喜びを噛み締めます。

ところが、PICUに集まった医師は、たったの4人で、河本舞は「どうするんですか?たったの4人って!1人は右も左も分からない医師で、もう1人は訳ありの医師なんですよ」

植野元は「まぁ、これから集まるでしょう」と、なだめようとしますが、そこに綿貫りさが二人のいる部屋に入ってきて「私は、どうしてもと乞われたので、来たのですけど、なんでしたら、帰りましょうか?」

それを聞いた羽生仁子は『これ以上、人員が減るのは困る』と焦ってしまい「いやいやいや」と必死に止めようとすると、綿貫りさは「いつまでも隠れていないで、出てきな」

志子田武四郎は、入りづらかったのですが、その言葉で、仕方なく、そろぉりと入って、北海道で24時間体制で子供の命を助けるためのPICUが立ち上がりました。

しかし、急に少女が搬送されてきて、助けようとするも、患者は口から血を吐いてしまい、その血が志子田武四郎の顔いっぱいに付いてしまい呆然と立ち尽くしてしまうのです。

医師たちは懸命に少女を助けようとしますが、命を落としてしまいました。

植野元は、すぐに医師たちを集めて、どうやったら少女を助けられるのか?議論する事になります。

しかし、志子田武四郎は「どうして、そんなに冷静に議論できるんですか?ついさっき、女の子が死んだんですよ」と涙ぐんでしまいます。

植野元は「記憶が薄れないうちに議論するんです、次の患者を救うために」と、さとしますが、はたしてPICUは北海道の子供たちの命を救えるようになるのでしょうか?

『綿貫りさ(木村文乃)が志子田武四郎を敵視する理由』

引用:https://www.fujitv.co.jp/PICU/story/index01.html

綿貫りさ(木村文乃)が、志子田武四郎を敵視しますが、それは半人前の医師を見下すという理由だけでは説明がつかないほどの迫力がありました。

綿貫りさは、訳ありの医師と言われていて、過去の経験で心に傷を負っていました。

恐らく、過去に医師として助けられなかった命があり、それが半人前の医師が原因だった可能性があり、それで志子田武四郎を必要以上に罵倒しているのでしょう。

半人前だった医師が、同僚だったのか?それとも過去の自分だったのか?それは、今後のストーリーで解明されていくハズです。

ドラマ『PICU 第1話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/PICU/

志子田武四郎は、キャンプをする前に、車が通りかかりますが、そこに乗っていたのはTVに出演する有名な小役でした。

ふと子役の顔に目をやりますが、その子役はPICUが無かった為に、直ぐ近くの病院でも車で1時間かかる所だったので、命を落としてしまいます。

志子田武四郎は、助けられなかった事を悔しく感じて手紙を送ってしまいますが、植野元は、その手紙を見て『今時の研修医でも、これだけ熱い気持ちを持っている者がいるのか』と思って、PICUに呼ぶ事になりました。

しかし、志子田武四郎は、綿貫りさから、凄く見下されているので、今後は、彼女を見返せる医師になって欲しいですね。