AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


洞口依子の言葉に寺脇康文が振り回される?ドラマ『相棒 season1 第2話』

ドラマ『相棒 season1 第2話』では、神林淳子(演:洞口依子)の言葉に、亀山薫(演:寺脇康文)が振り回されるので詳しく紹介します。

ドラマ『相棒 season1 第2話』のキャスト

相棒 season1は、テレビ朝日系で2002年10月9日〜12月25日の間に放送開始されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • 杉下右京(演:水谷豊)特命係の警部
  • 亀山薫(演:寺脇康文)相棒シリーズで、杉下右京の初の相棒
  • 宮部たまき(演:益戸育江杉下右京の元妻で『花の里』の初代女将
  • 奥寺美和子(演:鈴木砂羽亀山薫の恋人
  • 内村完爾(演:片桐竜次)特命係を毛嫌いする警視長
  • 中園照生(演:小野了)内村完爾の側近で、警視正
  • 伊丹憲一(演:川原和久)亀山薫とは犬猿の仲の刑事
  • 三浦信輔(演:大谷亮介)伊丹憲一の相棒にしてタカ派の刑事
  • 米沢守(演:六角精児)鑑識課で働く人物
  • 角田六郎(演:山西惇)暇か?というのが口癖の犯罪対策五課課長
  • 神林寿一朗(演:山本圭)国家公安委
  • 神林淳子(演:洞口依子)神林寿一朗の妻
  • 猪口達也(演:林京介)行方不明になった人物
  • 松井真由美(演:永井めぐみ)神林寿一朗の愛人

ドラマ『相棒 season1 第2話』のストーリー

亀山薫は、恋人と待ち合わせをしていたのに、いつまでも相手がこなくてイライラして、窓から外の景色をふと見てみたら、近くのビルの屋上から女性が飛び降りようとしていたのです!

急いで、亀山薫は警察に救援を求めながら、ビルの屋上まで駆け上がっていったら、神林淳子は飛び降りるのを辞めて座り込んでいました。

『やれやれ、人騒がせな』と思っていたら、神林淳子から「私、人を殺しました」といわれるので「そう、人をねぇ……って、えぇ!」と驚いてしまいます。

杉下右京や、伊丹憲一たちも集まる中で、神林淳子が殺したという現場まで行きますが、車の中にいたハズの猪口達也はいませんでした。

伊丹憲一は『なんだよ、どこにも遺体なんて、ねぇじゃねぇか』と思っていたら、自首してきた女性が、国家公安員の神林寿一朗の妻である事が分かって『大変な事になったぞ』と危機感を抱きます。

亀山薫は、警視庁に戻ると、神林寿一朗から「今回は、うちの妻の妄言に振り回してしまって、申し訳なかったですね」と言われて「殺人は妄言だったんですか?」と引き下がる事にしました。

しかし、杉下右京は『神林寿一朗が何か仕掛けて、妻が殺害した男性を一瞬のうちに消してしまったのではないか?』と疑いますが、そんな事が本当に可能なのでしょうか?

洞口依子の言葉に寺脇康文が振り回される?』

神林淳子(演:洞口依子)は「人を殺しました」と言い出すので、亀山薫(演:寺脇康文)は「えぇ?」と驚いて、多くの刑事が集まっていきます。

しかし、車の中で殺害したハズの男性がいなかったので『どういう事なんだ?』と頭を悩ませてしまうのです。

しかも、神林淳子の夫は、凄い権力者で、その人物から「妻の妄言に振り回して悪かったね」と言われてしまいますが、相棒の杉下右京からは妄言に懐疑的でした。

そのため、亀山薫は、ますます神林淳子の言葉に振り回されてしまう事になります。

ドラマ『相棒 season1 第2話』の見所とまとめ

引用:https://www.telasa.jp

第2話では、神林淳子(演:洞口依子)の言葉に、亀山薫(演:寺脇康文)が振り回されてしまいますが、相変わらずの熱血漢で難局を切り抜けていきました。

やはり、熱血漢の亀山薫と、冷静な杉下右京のコンビは、相棒シリーズで最高のタッグという感じがしますね。

season21でも、亀山薫が活躍しそうなので、今後も、どのような活躍をしていくのか注目したい所です。