AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


倉持結花(田辺桃子)が気持ち悪いと発言した理由!ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠 第1話』

ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠 第1話』で、倉持結花(田辺桃子)が、なぜ気持ち悪いと発言したのか考察してみたので、参考にしてみて下さい。

ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠 第1話』のキャスト

霊媒探偵・城塚翡翠は、2022年10月16日から放送開始されました。

脚本&演出&原作

登場人物&俳優

ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠 第1話』のストーリー

黒くて長い髪の毛の女性ばかり殺害される事件が続いてしまって、鐘場正和刑事は「明らかな性癖だな」とゲンナリしますが、近くに来ていた推理作家の香月史郎にアドバイスを貰おうとします。

香月史郎は「何か儀式を行うために、残酷な方法で殺害したのかもしれません」とつぶやきます。

倉持結花は、最近になって泣いている女に見られている事が心配になって、香月史郎の紹介で、霊媒探偵の城塚翡翠に見てもらう事になりました。

城塚翡翠は、彼女の過去を何も知らないハズなのに、どのような職業に就いているのか当てた上に「最近、水の音が聞こえませんか」と聞いていたのです。

『なぜ、そんな事が分かるのだるか?本当に霊とか見えるのか』と驚いてしまいます。

香月史郎は、城塚翡翠と一緒に待ち合わせて、倉持結花を待っていましたが、いつまでも来ないので、自宅へ向かうと、何と!彼女は室内で殺害されていました。

城塚翡翠は霊視で「犯人は女性です」と言いますが、鐘場正和刑事の調べによれば、犯人は男性によるものと言って、犯人像は二人に別れてしまい、香月史郎は頭を悩ませてしまいます。

香月史郎は、城塚翡翠に警視庁へ来てもらって、容疑者候補の数枚の写真を見てもらう事になりました。

城塚翡翠は、数枚ある写真から、小林舞衣が気になりますが、雨野天子は何の根拠もないのに、何となくという理由で小林舞衣を選ぶやり方に『捜査が混乱するだけ』と憤慨してしまいます。

はたして、このような状況で、犯人を見つける事ができるのでしょうか?

『倉持結花(田辺桃子)が気持ち悪いと発言した理由』

(上の画像は清原果耶さんです)

倉持結花(田辺桃子)が殺害されてしまったのは、仲の良い女友達が密かに恋心を抱いていた男性の事を「気持ち悪い」と言ってしまったからでした。

なぜ、このようなヒドイ事を発言してしまったのか?それは、顔が可愛い女性は自意識過剰な所があるので、タイプでもない男性から少しチラッチラと見られたら、気持ち悪く感じてしまったからでしょう。

実際に、仲の良い女性は少し地味な感じの格好をしていて、それに比べて倉持結花は可愛い感じだったので、そういう所で、自意識過剰になった可能性があります。

しかし、ハッキリ言って、男性は少し可愛いと思ったら、チラッと見るだけであり、他意はない場合が多いです。

こういう自意識過剰な女性は、敵を作りすぎるので、気をつけたい所です。

『倉持結花役の田辺桃子さんの豆知識情報』

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクを見たら、田辺桃子さん関連の情報を10記事まで見る事ができます。

田辺桃子さんに似てる女優さんや、他のドラマに出演した情報などが掲載されています。

ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠 第1話』の見所とまとめ

引用:https://www.ntv.co.jp/hisui/

第1話で、倉持結花(田辺桃子)が気持ち悪いと発言してしまいましたが、可愛い顔をして、可愛い女性って、影でこういう事を言うんだなぁと思ってしまいましたね。

たまに、自意識過剰な方っていますけど、どこまで自分が可愛いと思って、男を見下しているんだよと思ってしまうケースがあります。

さすがに気持ち悪いは言い過ぎです。

しかし、こういう性格や言動は、思わぬトラブルや敵を作るので、気をつけたほうが良いですよね。

私は、清原果耶さん目当てで、このドラマを身始めましたが、できれば、もっと強い立場でビシバシと言う霊媒師役のほうが良かったなぁと、少しだけ思ってしまいましたね。