AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


相原メイ(多部未華子)が大森南朋に下着を取られて発狂?|ドラマ『私の家政夫ナギサさん 第1話』

引用:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/

ドラマ『私の家政夫ナギサさん 第1話』では、相原メイ(多部未華子)が鴫野ナギサ(演:大森南朋)に下着を取られて発狂するので詳しく紹介します。

ドラマ『私の家政夫ナギサさん 第1話』のキャスト

私の家政夫ナギサさんは、2020年7月7日〜9月1日の間に放送されました。

原作&脚本&原作

登場人物&俳優

  • 相原メイ(演:多部未華子天保山製薬で活躍するMRでも、家事は苦手
  • 田所優太(演:瀬戸康史)アーノルド製薬横浜営業所のMR
  • 瀬川遙人(演:眞栄田郷敦)天保山製薬横浜支店の新人MR
  • 陶山薫(演:高橋メアリージュン)相原メイの親友で婚活に力を入れる女性
  • 肥後菊之助(演:宮尾俊太郎)肥後すこやかクリニックの医師
  • 松平慎也(演:平山祐介)天保山製薬横浜支店の副支店長
  • 馬場穣二(演:水澤紳吾)天保山製薬横浜支店のMR
  • 堀江耕介(演:岡部大)天保山製薬横浜支店のMR
  • 天馬あかり(演:若月佑美天保山製薬横浜支店のMR
  • 駒木坂春夫(演:飯尾和樹しろくまメディカルの横浜支店の営業課長
  • 吉川かりん(演:夏子)薬膳居酒屋『万薬の長』の店員
  • 古藤深雪(演:富田靖子天保山製薬の横浜支店長
  • 相原美登里(演:草刈民代)相原メイの母親
  • 福田唯(演:趣里)相原メイの妹
  • 鴫野ナギサ(演:大森南朋NTSクリーンハウスに所属する家政夫

ドラマ『私の家政夫ナギサさん 第1話』のストーリー

相原メイは、天保山製薬で活躍するMR(医薬情報担当者)として、医薬品の営業を行っていました。

会議では「私、こう見えても負けず嫌いなので」と堂々と宣言しますが、後輩から「それ、見た目どおりですよ」と突っ込まれるほど、仕事ばかりに全力投球するキャリアウーマンでした。

そんな彼女には、子供の時に夢があって、それはお母さんのようになる事でした。しかし、専業主婦の母親は「私なんかになってどうするの、二度と言わないで」と迫られて、それは呪いの言葉のように残ったのです。

相原メイは、会社で新たなリーダーを任されて『出世したなぁ』と感慨深くなり、自宅に着くと『あれ?電気がつけっぱなしだ』と思って、部屋に入ると見知らぬ中年男性が、自分の下着を手に持っていました。

「キャアアーーー!」と悲鳴をあげると「いや、これは違うんです」「それ以上、近寄らないで」と押し問答を続けていたら、妹の福田唯が現れて「私が頼んだんだよ、ナギサさんはスーパー家政婦なんだよ」

4日間だけのお試しとして、家政婦を頼む事になりますが、仕事ではライバル企業の田所優太に、先を越されてしまい、悔しくなり家で酒を浴びるほど飲んでしまいます。

家政婦のナギサはベッドまで運んであげて帰ろうとすると「行かないで、お母さん」と手を掴まれるので、朝まで待ち続ける事になりますが、家政婦の契約を延長する事になるのでしょうか?

『相原メイ(多部未華子)が大森南朋に下着を取られて発狂』

引用:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/story/

相原メイ(多部未華子)は、家に帰ると、電気が付けっ放しになっていたので『あれ?消してなかったかな』と扉の鍵をあけようとすると、最初から空いていたので、恐る恐る部屋に入っていきます。

部屋の中には、見知らぬ中年男性の鴫野ナギサ(演:大森南朋)が、自分の下着を手に持っていて「キャアアアー!」と悲鳴をあげて発狂してしまいました。

実は、妹の福田唯(演:趣里)が、忙しい姉のために、スーパー家政婦と言われた鴫野ナギサを4日間だけのお試し期間として、姉の家事をしてくれるように頼んでいたのです。

最初から、事情を知っていれば、何て事は無かったのでしょうけど、年頃の女性が部屋に帰った時に、見知らぬ中年男性が自分の下着を手に持っていたら、発狂するのも無理はないですね。

ドラマ『私の家政夫ナギサさん 第1話』の見所とまとめ

第1話では、相原メイ(多部未華子)が発狂してしまいましたが、その展開がなかなか面白かったですね。

仕事で、チームのリーダーを任せられたり、新人の教育をしたりして、しかも強力なライバルまで現れてしまっては、家事をおろそかになってしまうのも無理はありません。

女性の家事を男性がするのは、抵抗を感じる方が多いとは思いますが、それを実現するのもドラマの魅力と言えますね。