AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


苦しい時こそ詩を書いたほうが良い理由を解説!朝ドラマ『舞いあがれ! 第23話』

引用:https://www.nhk.or.jp/maiagare/

朝ドラマ『舞いあがれ! 第23話』では、苦しい時こそ詩を書いたほうが良いというシーンがありましたが、その理由について解説します。

ドラマ『舞いあがれ! 第23話』のキャスト

舞いあがれ!は、2022年10月3日から放送開始されました。

演出

  • 演出:田中正&野田雄介&小谷高義&松木健祐 

登場人物&俳優

  • 岩倉舞(演:福原遥パイロットを目指す女性
  • 岩倉舞-幼少期(演:浅田芭路)幼い頃の岩倉舞
  • 岩倉浩太(演:高橋克典)岩倉舞の父親で、町工場の経営者
  • 岩倉めぐみ(演:永作博美)岩倉舞の母親
  • 岩倉悠人(演:横山裕)岩倉舞の兄
  • 岩倉悠人-幼少期(演:海老塚幸穏)幼い頃の岩倉悠人
  • 才津祥子(演:高畑淳子)岩倉舞の祖母
  • 梅津貴司(演:赤楚衛二お好み焼き屋『うめづ』の息子
  • 梅津貴司-幼少期(演:齋藤絢永)幼い頃の梅津貴司
  • 梅津勝(演:山口智充お好み焼き屋『うめづ』の主人
  • 梅津雪乃(演:くわばたりえお好み焼き屋『うめづ』の女将
  • 望月久留美(演:山下美月)岩倉舞の同級生
  • 望月久留美-幼少期(演:大野さき)幼い頃の望月久留美
  • 笠巻久之(演:古舘寛治)岩倉浩太の工場の職人
  • 八木巌(演:又吉直樹)古本屋『デラシネ』の主人
  • 望月佳晴(演:松尾諭)望月久留美の父親
  • 津田道子(演:たくませいこ)岩倉舞と望月久留美のバイト先の女主人
  • 木戸豪(演:哀川翔)船大工
  • 浦信吾(演:鈴木浩介)役場職員で、岩倉めぐみの同級生
  • 山中さくら(演:長濱ねる)ジャムを店で売る女性
  • 刈谷博文(演:高杉真宙人力飛行機『スワン号』の設計担当者
  • 由良冬子(演:吉谷彩子)人力飛行機『スワン号』のパイロット
  • 鶴田葵(演:足立英)大学のサークルの代表
  • 柏木弘明(演:目黒蓮)航空一家で育ったエリート
  • 矢野倫子(演:山崎紘菜)商社で働いていた帰国子女
  • 中澤真一(演:濱正悟パイロットを夢見て仕事を辞める人物
  • 吉田大誠(演:醍醐虎汰朗)奨学金で学校に通う男性
  • 水島祐樹(演:佐野弘樹)水島ストアの社長の息子
  • 大河内守(演:吉川晃司)航空学校 帯広校の教官
  • 由良冬子(演:吉谷彩子)スワン号のパイロット
  • 刈谷博文(演:高杉真宙)スワン号の設計担当
  • 八木巌(演:又吉直樹)古本屋『デラシネ』の主人

ドラマ『舞いあがれ! 第23話』のストーリー

岩倉舞は、テスト飛行の日までに、体重5kgを減らして、今よりも体力がつくように、低カロリーで高タンパク質な食事をとって、学校に行くまではロードバイクを使ってトレーニンをしていました。

しかし、そのような食事だと、お昼ご飯のお弁当は一瞬で食べ終わってしまうので、自分自身でも唖然としてしまうばかりです。

岩倉舞は、そこで久しぶりに、祖母に電話をかけてみると「舞が人力飛行機に?凄かねぇ」と喜んでもらいました。

五島列島では、木戸豪が才津祥子の所へ行くと「舞がパイロットになるたい」と教えられて「パイロット?」「人力飛行機パイロットたい」

その話を聞いて、山中さくらも「凄かねぇ」と驚いてしまいます。

しかし、岩倉舞は、両親からパンにジャムを付けて食べてみたら?と勧められてしまい、高カロリーだとは思いつつ、ついつい食べてしまいました。

岩倉舞は、あまりにも無理がたたってしまい、授業中にコックリコックリと寝てしまいます。

教師から怒られそうになりますが、周りの生徒にサポートされて、なんとか怒られずに済みますが、チャイムが鳴って「寝てしもうた」と落ち込んでしまうのです。

岩倉舞は、望月久留美と一緒にアルバイトをしようとしたら、梅津貴司がやってきますが、何か元気がなさそうだったので心配になってしまいます。

お好み焼き屋で、3人で食事をする事になりますが、梅津貴司が「僕だけ営業のノルマを達成できなくて、めっちゃ怒られるねん。もがきながら詩を書いてみようと思うねん」

岩倉舞は、その言葉を聞いて、自分もダイエットを頑張ろうと思いますが、目標の体重まで、あと2.3kg減らす必要がありました。

『苦しい時こそ詩を書いたほうが良い理由』

梅津貴司は、八木巌の勧めもあって『苦しい時こそ、詩を書こう』と思い立ちます。

なぜ、苦しい時こそ詩を書いたほうが良いのか?それは、苦しい時に詩を読んで、気分を紛らわしたい方がいるからです。

私が好きな詩で『国破れて山河あり』というものがあります。これは、唐の詩人・杜甫が詠んだものでです。

祖国の日本が敗戦国になり、米国の属国に落ちぶれてしまって、日本人としてプライドなんて持てないよなぁと思っていた時に、この詩を知ってから、だいぶ救われた思いでした。

きっと、私のように、辛い時や苦しい時に、詩に出会う事によって、気分を紛らわす人もいるので、そのような苦しい人の気持ちを知るには、苦しい時こそ詩を書く事が重要です。

そのような事を考えたら、苦しい時こそ、詩を書いたほうが良いと言えます。

ドラマ『舞いあがれ! 第23話』の見所とまとめ

第23話では、梅津貴司が営業の仕事が思うようにいかず、苦しんでいたようですが、そういう時こそ、詩を書いたほうが良いのでしょう。

最近は、映画やドラマの映像や、漫画などがあるので、活字離れの日本人が増えていますが、たまには詩を詠んで見るのも悪くはありません。