AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


門脇麦の演技はうまいのか下手なのか解説!ドラマ別に紹介

門脇麦さんの演技はうまいのか下手なのか?映画やドラマ別に紹介していくので、参考にしてみて下さい。

門脇麦は『麒麟がくる』で批判されても演技がうまい

引用:麒麟がくる 前編 NHK大河ドラマ・ガイド(26〜27ページ)

門脇麦さんは、大河ドラマ麒麟がくる』で、駒という女性を演じて、身分の低い者から見た戦国時代とは、いかなるものか?視聴者に伝わるように熱演していました。

明智光秀を案じる所や、医者に喝を入れる演技は、リアルなものがあり、視聴者から「門脇麦さんの演技がうまい」と支持されました。

しかし、その一方で、駒に批判の声が殺到した事もあったのです。なぜなら、駒はオリジナルの架空の人物だったので「駒を出すぐらいなら、合戦のシーンや、英雄のシーンをもっと出すべきだ」という声があがったからです。

このあたりは、門脇麦さんのせいではなく、大河ドラマならではの意見という感じがしますね。

門脇麦は『ミステリと言う勿れ』のミステリアスな演技がうまい

ミステリードラマ『ミステリと言う勿れ』で、門脇麦さんはライカ役となり、炎のマークを調べる久能整(演:菅田将暉)に、暗号を送り続けて、ミステリアスな雰囲気を演じていました。

何を考えているのか分からない少女という感じがして、その演技は凄くうまいものがありました。

www.akira-movies-drama.com

麒麟がくる』とは、イメージが全く違うものであり、作品別によって、見事に役を演じ分けられる女優さんです。

門脇麦は『親愛なる僕へ殺意をこめて』では演技が下手?

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』では、雪村京花(演:門脇麦)は、恋人の浦島エイジ(演:山田涼介)を支える優しい彼女という感じがしました。

ところが、小さい頃に、母親から虐待をされていて、姉ばかり大事にされていて悔しい思いをしていたのです。

そんなある日、LLという殺人鬼が、自分の姉を殺害してくれたお陰で、虐待していた母親はショックを受けて自殺をして、地獄の家から脱走する事ができたのです。

www.akira-movies-drama.com

やがて施設に保護されて、心優しい里親のもとで育てられる事になり、LLに感謝をしていたので、そのLLの息子の浦島エイジに近づいて恋人になった訳です。

浦島エイジは、そうとも知らず、彼女が『エイジ君も、父親のLLのような殺人鬼になって、私のような人間を救って、白馬の王子まさになって欲しい』と企んでいました。

そのためには、父親に過去の事で脅迫して、無関係な女性を拷問で殺害させて、エイジにも殺害するように迫るほどのサイコキラーでした。

門脇麦さんは、そんなサイコキラーを見事に演じている所はありましたが、少し迫力不足に感じてしまう所もあります。これは、演技が下手と思った方はいたかもしれませんが、それだけ難しい役だったという事でしょう。