AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


陳和卿(テイ龍進)は源頼朝に罵声を浴びせた事がある!大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第42話』

f:id:akira2013web:20220115131322p:plain

引用:https://www.amazon.co.jp

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第42話』で登場した、陳和卿(テイ龍進)は、かつて源頼朝に罵声を浴びせた事があったので、詳しく紹介しましょう。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第42話』のキャスト

鎌倉殿の13人の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

北条家

源氏勢力

その他

朝廷

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第42話』のストーリー

源実朝は『実権を北条から取り戻す』と決意を新たにしますが、側近の北条頼時から「私も北条の者ですが」と言われてしまいます。

しかし、源実朝は「お前が頼りなのだ」と声をかけてしまい、北条頼期は鎌倉殿と北条家の板挟みに合う事になり、苦しむ事になってしまうのです。

源実朝は、ある日、陳和卿(ちんなけい)と出会う事になって、その者の影響を受けて、宋へ旅立つために、大きな船を作る事を決断します。

その知らせは、すぐに北条義時のもとまで届いて「船だと?余計な事を」と苛立ってしまいました。

北条義時は、姉の政子に「鎌倉殿(源実朝)は、西のお方(後鳥羽上皇)に影響を受けすぎております、それは頼朝様の意に反します。私には、鎌倉殿には頼家様のようになって欲しくないのです」

北条政子は「それは、あなた(義時)の意に従わなければ、頼家のようになるという事ですか?」「どうとらえてもらっても、結構です」

船は出来上がり、動かそうとしますが、大きく作りすぎてしまい、全くビクともしませんでした。

北条義時や、北条実衣たちは、それを見て呆れ果ててしまい、源実朝は肩をガックリと落として、意気消沈してしまいます。しかし、母の北条政子から「こんな事で、くじけてはいけません。私にいい考えがあります」

翌日、源実朝は「自分は鎌倉殿を辞めて大御所となる。新たな鎌倉殿は、朝廷から高貴なお方を招いて、私が支える事にする」と言い始めて、北条義時は「そのような事は、鎌倉殿、一人で決めてはいけません!」

しかし、北条政子や北条頼時は、鎌倉殿に従おうとするので、北条義時は「このままでは済まさん」と殺気をみなぎらせますが、どうなっていくのでしょうか?

『陳和卿(テイ龍進)が源頼朝に浴びせた罵声』

陳和卿(テイ龍進)は、源実朝に拝謁しに来ましたが、実は源頼朝との面会を拒絶した事がありました。

源頼朝は天下を取っている時だったにも関わらず、陳和卿は「頼朝は多くの血を流した人物」と言い放って、会おうとしなかったのです。

御家人たちにしてみれば、傲慢無礼な男と思ったに違いなかったのですが、源頼朝は感涙を抑えて、陳和卿に甲冑・鞍・馬・金銀などを送りました。

陳和卿は、それらの一部を寺に寄進するために使いましたが、いらないものは全て返上したと伝えられています。

陳和卿は、東大寺大仏の鋳造と大仏殿を再建した人物として、今も日本の歴史に、その名前が刻み込まれています。

『鎌倉殿の13人』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に入会した場合には『鎌倉殿の13人 第1〜41話』を見られます。

ただし、本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第42話』の見所とまとめ

第42話では、陳和卿(テイ龍進)が登場しますが、北条政子や北条頼時が源実朝に近づき槌てしまい、北条義時と対立していきました。

やがて、源実朝に大きな災いが降りかかってきますが、その暗殺を手引きした黒幕が、誰になっていくのか?期待して見守りたい所です。