AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


ユリスやヴァイオレットたちが手紙にこだわる理由!映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』で、ユリスやヴァイオレットたちが手紙にこだわる理由について紹介します(2022年11月25日に金曜ロードショーで放送予定)。

映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のキャスト

日本の2Dアニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、2020年9月18日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン:自動手記人形の仕事をする少女
  • ギルベルト・ブーゲンビリア:ヴァイオレットに人として接した優しい軍人
  • クラウディア・ホッジンズ:C.H郵便社の社長
  • ディートフリート・ブーゲンビリア:ギルベルトの兄
  • アイリス・カナリー:人気ドールを目指す少女
  • ベネディクト・ブルー:バイクで多くの人々に手紙を届ける配達員
  • カトレア・ボードレール:C.H郵便社の人間で、面倒見の良い女性
  • エリカ・ブラウン:小説家を目指す女性
  • ユリス:ヴァイオレットに手紙を託す少年
  • リュカ:ユリスの親友
  • デイジーマグノリア:ヴァイオレットの攻撃を辿る女性

映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のストーリー

ヴァイオレットは、自動手記人形の仕事が休みの時に、ユリスから電話がかかってきたので「今日は休みの日なので」と断ろうとしても「いつでも来るって言ってたじゃん」

しぶしぶ「分かりました」と返事をして、彼のもとへ行くと、病弱な少年で、親や弟に正直な事を伝えられないで、もんもんとしていたのです。

今まで、多くの手紙を書いて来たので、なぜ弟に素直な気持ちを伝えられなくて、手紙に託そうとするのか?それがよく分かっていまいた。

ところが、手紙を書こうとしたら、ユリスの容体が悪くなり、すぐに人を呼んであげる事にしました。

ヴァイオレットは、仕事を済ませて戻ろうとすると、自分に人としての感情を教えてくれたギルベルトの居場所が分かったのです。

すぐに、ギルベルトに会おうとしますが、まずはクラウディア・ホッジンズ社長が会いに行く事になりました。

クラウディア・ホッジンズは、ギルベルトに「お前は、無事に生きていたのなら、なぜヴァイオレットちゃんに会ってやらなかったんだ?ずっと君に会いたがっていたんだぞ!」

「会える訳がないだろう!私が、彼女を不幸にしたんだぞ」

仕方なく、外へ戻りヴァイオレットに「今は会えない、また明日、俺が話しをつけてくる」と言うと「それは、私に会いたくないという事なのですか?」とショックを受けてしまいます。

はたして、ヴァイオレットは、愛しのギルベルトに再会する事はできないのでしょうか?

『ユリスやヴァイオレットたちが手紙にこだわる理由』

私たち現代人は、SNSで簡単にメッセージを相手に送る事ができますが、なぜユリスやヴァイオレットたちは、面倒な手紙にこだわるのでしょうか?

まず、ユリアは、面と向かって、親や弟たちに、日頃の本音を伝える事ができないので、面倒であっても手紙によって本音を伝えたいと思っていたのでしょう。

普段は、弟に親を取られた感じで嫌になっていても、最初に弟が出来た時の嬉しさを、手紙であれば伝えられると思って、どうしてもヴァイオレットに来て欲しかったハズです。

ヴァイオレットは、人としての感情が欠落していましたが、それを愛しのギルベルトによって、多くの感情を学んできました。

しかし、そのギルベルトに会えない日々が続いてしまったので、人々の想いを手紙に書く事により、その感情を吸収して、その成果をいつかギルベルトに見せたかった可能性は高いです。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と他の映画を比較

ヴァイオレット・エヴァーガーデンと同じように、少し感情が欠落しているヒロインが登場するのが、ジブリ映画『思い出のマーニーです。

思い出のマーニーでは、杏奈(声:高月彩良)が、海辺の屋敷で、マーニー(声:有村架純)という不思議な少女に出会い、なぜか心惹かれていきます。

少しホラーのような怖さもありますが、ノスタルジーな雰囲気もあって、見る者も惹きつける魅力があります。

www.akira-movies-drama.com

映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のまとめ

引用:http://violet-evergarden.jp/

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンを見た感想について、詳しく解説します。

映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のオススメ層

アニメ映画ですが、かなりリアルに描かれていて、手紙によって、多くの人々の心をつないでいくので、安易にSNSばかりを利用している人には、見て欲しい作品です。

  • SNS依存症の人:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年僧:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の残念な所

ギルベルトが、なかなかヴァイオレットに会おうとしないので、そこは少し残念な所でした。

しかも、過去に戦争が起きて、ヴァイオレットやギルベルトが傷ついていきますが、それをあまり丁寧に描かれていなかったので、少し物足りなく感じてしまう所がありましたね。

そのため、原作をあまり知らない方には、ストーリーにおいつくのがやっとという感じがするでしょう。

映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の見所

今作の見所は、何と言っても、その美しいヴィジュアルでしょう。ここまで美しいキャラクターや背景が登場するのに、多くの人々の複雑な感情がからみあうのは、惹きつけられるものがありました。

ただし、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの想いがなかなか実らなくて、少し可哀想に見えてしまうアニメ映画でもありましたね。