AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


藤原さくらは声が低いのがコンプレックス?大物女優も声も悩みのタネ

藤原さくらさんは、声が低いのがコンプレックスですが途中で治すのも辞めましたが、大物女優も似た事で悩んでいたので詳しく紹介します。

藤原さくらは声が低いのがコンプレックス

女優の藤原さくらさんは、シンガーソングライターとしても活躍していますが、声が低い事にコンプレックスを抱いていました。

そこで、ボーカルスクールに通っていた時に、先生に「高い声が出したいんです!」とお願いをしたら「あなたは別に高い声を出せるように頑張るんじゃなくて、今あるものを伸ばしていった方が絶対良いよ」

参照元https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202202090001155.html

今まで、考えた事もない言葉だったので、驚きましたが、それからは考え方を変えて、低い声がコンプレックスではなくて、自分の持ち味となり、シンガーソングライターとして活躍するようになったのです。

広瀬すずも声がコンプレックスだった?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 藤原さくら (@mammothsakura)

www.instagram.com(引用)若手女優であり、大物女優でもある広瀬すずさんも、声にコンプレックスがあって、それは藤原さくらさんとは逆で、高い声な事が嫌だったのです。

そこで、広瀬すずさんは、一人カラオケを4時間もして、あえて喉をつぶして、低い声にした事をTVで打ち明けていました。

多くの女性たちは、低い声である事を嫌がる人がいますが、広瀬すずさんは自分が出演していた映像を見たら、自分の声を聞いて、逆に嫌になったとコメントしていたのです。

あれほどの大物女優でも、意外なコンプレックスがあったので、驚きですね。

藤原さくらが声が低いのを直さなかったのは正解?

1990年〜2000年代まで、日本のミュージックシーンは、高い声を歌える歌手が、もてはやされる時期が続いていました。

しかし、最近では必ずしも、高い声で歌えたら注目される時代ではなくなってきたので、藤原さくらさんが声が低いのを直さなかったのは、意外と正解だったのかもしれません。

そのような事があったからこそ、ボーカルスクールの先生も、あえて高い声を目指そうとするのを止めたのかもしれません。