AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


千田原一枝役の富田靖子と高橋克典の意外な関係性!ドラマ『束の間の一花 第6話』

ドラマ『束の間の一花 第6話』では、千田原一枝役の富田靖子さんと高橋克典さんは、意外な関係性があるので、詳しく紹介します。

ドラマ『束の間の一花 第6話』のキャスト

束の間の一花は、2022年10月17日(深夜)から放送開始されました。

企画&脚本&演出&原作

  • 企画:安島隆&鈴木淳一&藤澤季世子&明石広人
  • 脚本:今井雅子&富安美尋
  • 演出:林雅貴&丸谷俊平
  • 原作:タダノなつ

登場人物&俳優

  • 萬木昭史(演:京本大我)不思議な雰囲気がある講師
  • 千田原一花(演:藤原さくら)萬木昭史先生に恋をする女子
  • 千田原大樹(演:佐々木大光)千田原一花の弟
  • 千田原一枝(演:富田靖子)千田原兄弟の母
  • 土橋じゅん(演:駒井蓮)千田原一花の親友
  • 清水かおり(演:山之内すず)千田原一花の親友
  • 山根恵子(演:朝加真由美)萬木昭史からミニトマトを託される人物
  • 渋川哲治(演:きたろう)萬木昭史の恩師

ドラマ『束の間の一花 第6話』のストーリー

千田原一花は、病室で目覚めると、そこに、弟の千田原大樹がいたので「ずっと、いてくれたの?」と聞くと「別にずっとじゃないけど」

「先生には、来れなくなった事を伝えてきた」「そう、先生。何か言っていた」「…別に」「そうか、大樹の言う通り、諦めるべきだったのかも。みんなに迷惑かけすぎだ、私」

その後、弟は病室から出て行きますが、千田原一花は萬木昭史からメッセージが届いて『弟さんから、病気を聞いた』とあり、頭に血が上って、すぐに病室から出ていきます。

「大樹!病気の事を先生に言ったの」「うん、もう会うなって」「大樹は、私に長生きして欲しいの?幸せになってほしいの?私の人生なのに」

しかし、千田原大樹は「お前一人の体じゃねぇんだよ」と吐き捨てて、立ち去って行きました。

翌日、母親が見舞いに訪れますが、千田原一花はすっかりと生きる気力も失い、抜け殻のようになってしまっていて、千田原大樹は、その姿を見て心を痛めてしまうのです。

萬木昭史は、やるせない気持ちになり、廊下を歩いていくと、萬木昭史が来ている事に気づいて、二人で話し合う事になりますが「俺、姉ちゃんの幸せを奪っちゃったかもしれない」と、むせび泣いてしまいます。

その姿を見て、萬木昭史は何も言葉をかけてあげられなかったのですが「本当に自分勝手だと思いますけど、もう一度、姉ちゃんに会ってくれませんか?」と頭を下げるのです。

萬木昭史は、すぐに千田原一花のもとへかけつけて、屋上へたどり着きますが、二人は再び恋人のように付き合えるのでしょうか?

『千田原一枝役の富田靖子高橋克典の意外な関係性』

引用:https://www.ntv.co.jp/tukanomanoitika/story/06.html

千田原一枝役を演じている富田靖子さんは、映画『向田理髪店』で共演をして、夫婦役を演じていました。

参照元https://news.yahoo.co.jp/articles/d9a919b2138590a116c21e431dc379b9ef820e95

この時、高橋克典さんは「1番いい時間を過ごさせていただきました」とコメントするほど、充実した仕事を共有できたのです。

あの大俳優の高橋克典さんをここまで言わしめるとは、さすが富田靖子さんですね。

ドラマ『束の間の一花 第6話』の見所とまとめ

引用:https://www.ntv.co.jp/tukanomanoitika/

第6話では、千田原一枝(演:富田靖子)が、凄く優しい母親という感じで、癒される内容でしたね。

富田靖子さんは、他のドラマでは毒親のような役を演じていたので、今作で、だいぶイメージが変わりました。

今後も、娘も優しく見守っていくのか?期待したいですね。