AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


白菱凜(工藤美桜)を助けてもチンピラと言われた理由!ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第8話』

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第8話』では、八野衣真が白菱凜(工藤美桜)を助けてもチンピラと言われた理由について解説します。

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第8話』のキャスト

親愛なる僕へ殺意をこめては、2022年10月5日から放送開始されました。

脚本&原作

  • 脚本:岡田道尚
  • 原作:井龍一&伊藤翔

登場人物&俳優

  • 浦島エイジ(演:山田涼介)殺人鬼LLの息子で、一部の記憶を無くす
  • ビーイチ(演:山田涼介)浦島エイジの別人格者
  • 八野衣真(演:早乙女太一)浦島エイジの父親で、LLとして恐れられた殺人鬼
  • ナミ(演:川栄李奈)デートクラブ『アリス』で働く女性
  • 雪村京花(演:門脇麦)浦島エイジの恋人
  • 佐井社(演:尾上松也)半グレ集団『スカル』のリーダー
  • 桃井薫(演:桜井ユキ)浦島エイジを疑う女刑事
  • 猿渡敬三(演:髙嶋政宏)桃井薫の上司
  • 白菱正人(演:佐野史郎)帝東大学の教
  • 浦島亀一(演:遠藤憲一)浦島エイジの義父
  • サトル(演:はじめしゃちょー)浦島エイジの親友
  • 柏木(演:岩本晟夢)浦島エイジの親友
  • 畑葉子(演:浅川梨奈)ナミの友人で、殺害されてしまった女性
  • 白菱凜(演:工藤美桜)LL事件の被害者
  • 浦島乙(演:夏子)浦島エイジの義姉

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第8話』のストーリー

ビーイチは、雪村京花が移送されようとしている事が分かったので、ナミは気になり病院へ行くと、再び雪村京花が何者かに襲われてしまったのです。

ビーイチは、スナック『路』を訪れて「この女が来なかったか?」と雪村京花の写真を見せると「彼女の姉が、LLによる犠牲者だったらしいの」

そこで、ナミから電話がかかってきて「雪村京花が、また襲われたらしいの。今、怪しい奴がいるから、追いかけている」「分かった、そのまま尾行してくれ。俺は監視カメラを確認する」

雪村京花を襲った人物は、何と浦島乙だったのです。警察は、すぐに浦島乙を逮捕してしまうので、父親の浦島亀一は面会しようとしますが、会う事ができず、仕方なく帰宅していきました。

家にはビーイチがいたので、浦島亀一は「どうしたんだ?」と聞くと「ごめん、父さん。実は、俺、二重人格なんだ。そのせいで、乙姉さんが、ああなってしまったんだ」

浦島乙は、今まで一人娘として大事に育てられていたのに、両親がエイジを引き取ってから、愛情を奪われた気分になり、エイジの大事な彼女を襲って、憎たらしい弟を絶望させたかったのです。

浦島エイジは、今まで調べ上げた証拠をもとに、浦島亀一に「LLはお前だ、お前は父さんに女たちを助けさせておいて、お前が女を拷問して殺したんだ」と迫ります。

しかし、浦島亀一は「それでは満点をあげられないな」と意味深な事を言いますが、この言葉には、どんな意味が込められているのでしょうか?

『白菱凜(工藤美桜)を助けてもチンピラと言われた理由』

引用:https://www.fujitv.co.jp/shinainarubokue/story/story08.html

八野衣真(演:早乙女太一)は、白菱凜(演:工藤美桜)を裏社会から逃してあげたのに、浦島亀一(演:遠藤憲一)は、その逃してあげた女たちを拷問して、殺害してしまいます。

それなのに、浦島亀一は、ビーイチに「あいつが女を食い物にしている事に代わりはない、チンピラは、どこまでいってもチンピラなんだ」と侮辱してしまいます。

なぜ、女性を助ける事が食い物なのか?それは知らない事とは言え、結果的に女性が拷問される事に手助けしていたからでしょう。

かなり、悪質な男ですが、まだまだ、事件には深い闇があるようなので、このドラマから目が離せませんね。

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第8話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/shinainarubokue/

第8話では、白菱凜(工藤美桜)を助けてもチンピラ呼ばわりされてしまい、八野衣真が少し可哀想でしたね。

雪村京花は自作自演だと考察しましたが、今まで登場しなかった人物が犯人では、考察の立てようがありません。

www.akira-movies-drama.com

それでも、LLが浦島亀一だと考察したのは当たったので、まぁ良かったかなという感じですね。次で、最終回ですが、どんな結末が待っているのか、期待したい所です。