AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


サトル役のはじめしゃちょーには1000万人のファンがいる?ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第9話』

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第9話』では、サトル役のはじめしゃちょーには1000万人のファンがいるので詳しく紹介します。

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第9話』のキャスト

親愛なる僕へ殺意をこめては、2022年10月5日から放送開始されました。

脚本&原作

  • 脚本:岡田道尚
  • 原作:井龍一&伊藤翔

登場人物&俳優

  • 浦島エイジ(演:山田涼介)殺人鬼LLの息子で、一部の記憶を無くす
  • ビーイチ(演:山田涼介)浦島エイジの別人格者
  • 八野衣真(演:早乙女太一)浦島エイジの父親で、LLとして恐れられた殺人鬼
  • ナミ(演:川栄李奈)デートクラブ『アリス』で働く女性
  • 雪村京花(演:門脇麦)浦島エイジの恋人
  • 佐井社(演:尾上松也)半グレ集団『スカル』のリーダー
  • 桃井薫(演:桜井ユキ)浦島エイジを疑う女刑事
  • 猿渡敬三(演:髙嶋政宏)桃井薫の上司
  • 白菱正人(演:佐野史郎)帝東大学の教
  • 浦島亀一(演:遠藤憲一)浦島エイジの義父
  • サトル(演:はじめしゃちょー)浦島エイジの親友
  • 柏木(演:岩本晟夢)浦島エイジの親友
  • 畑葉子(演:浅川梨奈)ナミの友人で、殺害されてしまった女性
  • 白菱凜(演:工藤美桜)LL事件の被害者
  • 浦島乙(演:夏子)浦島エイジの義姉

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第9話』のストーリー

浦島亀一は「俺は、罪を犯した八野衣真が更生した後に、死んだ姿を見れたら、自分に痛みを与えられると思った。しかし、それだけではダメだった。だから、お前が私に痛みを与えてくれ」

「自分が腹を痛めて産んだと思えるほどの息子にやられるなら、この上のない痛みを味わえる」と打ち明けてしまい、ビーイチは「うおぉぉ」と叫びピストルを向けます。

『バーーン!バン!バン!バン!』と、何度も発砲音が聞こえてきたので、ナミは急いで部屋に入りますが、ビーイチは復讐できないで、義父を殺害する事ができず「うわぁぁぁ」と泣きわめいていたのです。

浦島亀一は「なぜ、俺を殺さない、なんだ、この結末は」と呆然としてしまいますが、ビーイチは警察に逮捕され、パトカーで連行されていきました。

ついに法廷が開かれますが、そこでビーイチが、浦島エイジとの人格が統合されて、今まで何があったのか?詳しく話し始めます。

実は、雪村京花は、浦島エイジとビーイチの人格を統合させて、新しい人格を誕生させれば、今度こそLLの後継者にふさわしい人間ができあがると企んでいたのです。

そのために、必要以上に、浦島エイジを追い詰めて、その人格を殺害しようとしたのですが、法廷でビーイチから「お前は、本当は浦島エイジに会いたいんだろう?」

雪村京花は「あっはっははは」と笑い出しますが、途中で泣き出してしまい、ビーイチから「それが大事な人間を失った痛みだ。あいつが、それを取り戻させてくれたんだ」

はたして、このまま浦島エイジは、生き返る事はできないで、終わってしまうのでしょうか?

『サトル役のはじめしゃちょーには1000万人のファンがいる?』

サトル役を演じていた、はじめしゃちょーは、有名なYouTuberであり、1030万人ものチャンネル登録者数がいるのです。

超電導リニアを、一人で貸切にして、動画配信するほどの方であり、その影響力は、相当なものがあります。

参照元https://news.yahoo.co.jp/articles/5805faab86c34459b850024dcd89f2406d7bc368

3億円もの豪邸に住んでいたのですが、ストーカーされた事もあったのです。

YouTubeでも、十分な収入がありますが、今後は、もしかしてドラマにも精力的に出演していくのかもしれませんね。

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて 第9話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/shinainarubokue/

第9話では、サトル(演:はじめしゃちょー)の出番があまりなかったのですが、ビーイチの中で、大きな変化があったようですね。

やはり、人格が統合した事によって、ビーイチの体の中に、浦島エイジの人格が生きているのかもしれません。

このドラマは刺激なシーンがあり、予想するのが難しいストーリーが展開されていくので、なかなか面白かったですね。